乾燥は大敵

冬になると空気が乾燥しやすくなり、健康にも悪影響を与えます。

お部屋の空気が乾燥すると気管支の防御機能が低下します。

その結果、インフルエンザウイルスによる感染が起こりやすくなるので注意が必要です。

インフルエンザ

特に受験生や休みの取りにくい職業の方は、お部屋の湿度をしっかりチェックして適正な湿度を保ちましょう。

洗濯物を部屋干しするのもひとつの方法です。

しかし、常に洗濯物を干してもいられないので、加湿器で常にお部屋の湿度を適正に保つことが重要です。

今回は、加湿器の種類とそのメリット・デメリットについてご紹介します。

さらに、現在カインズホームで販売されている中でおすすめの加湿器についてもピックアップしてみました。

加湿器の4タイプ

加湿器には4つのタイプ

加湿器とひとくちに言っても、

1. スチーム式
2. 気化式
3. 超音波式
4. ハイブリッド式

と4種類のタイプのものがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので自分のニーズに合うものを選ぶことが重要です。

1. スチーム式

スチーム式の加湿器の特徴は、ヒーターで水を加熱し加湿器内でお湯を沸かして加湿します。

加熱するので加湿するパワーも強いです。

スチーム式の加湿器

≪画像元:カインズ

メリット

・ スチームの力で強力なパワーを使って加湿できる

・ お湯で加湿するので部屋を暖かく保てる

・ 加熱するので煮沸消毒できるから細菌などの繁殖を抑えられる

デメリット

・ 加湿を始めるまでに時間がかかる

・ 電気代が最も高い

・ 吹き出し口が熱くなりやけどの危険性がある

2. 超音波式

超音波式

≪画像元:カインズ

超音波式は、超音波の振動によって水を細かい粒子にし、噴出させることによって加湿していきます。

加熱しないので、スイッチを入れるとすぐに加湿します。

メリット

・ 加熱するタイプのスチーム式に比べて加熱しない分電気代が安い

・ すぐに加湿を始められる

・ 音が静かである

デメリット

・ 加熱しないので加湿器内で雑菌が繁殖しやすい

3. 気化式

気化式

≪画像元:Amazon

気化式は最も自然な形でお部屋を加湿する加湿器です。

水の蒸発作用を利用し、フィルターに水を透過させて、そこにファンの風を当て水を気化して加湿します。

電気代はファンを回すだけなので最も安いです。

加湿力の面では最も劣る加湿器なのでピンポイントで加湿したいときなどに向いています。

メリット

・ 電気代がすべての加湿器の中で最も安い

・ 最も自然な形で加湿するので安全である

デメリット

・ 加湿する力が最も弱い

・ ファンを使うので部屋が少し寒く感じられる

・ 雑菌が繁殖しやすいのでフィルターをこまめに交換するなどお手入れが必要

4. ハイブリッド式

ハイブリッド式の加湿器とは、いままでご紹介してきた3タイプの加湿器のうち2タイプを組み合わせて作られた加湿器のことを言います。

「スチーム式 × 気化式」や「スチーム式 × 超音波式」などがあります。

「スチーム式 × 気化式」のハイブリッド式

このタイプの加湿器は最初はスチーム式で急速に加湿温風を送って加湿します。

そして、適正な湿度になったら加熱をやめて気化式のみで加湿します。

スチーム式の加湿力の高さと気化式の消費電力の低さというメリットを合わせた加湿器です。

メリット

・ スチーム式の加湿力の高さを保ちつつ、電気代をより安くできる

デメリット

・ 気化式を兼ねているのでフィルター交換が必要である

「スチーム式 × 超音波式」のハイブリッド式

スチーム式のヒーターで加熱した水を超音波の振動で微細な粒子にして暖かいミストで加湿します。

加熱されたミストなので、暖かくお部屋を加湿できます。

メリット

・ 加熱したミストですぐに部屋全体をパワフルに暖かく加湿できる

・ 加熱してあるので雑菌が繁殖しにくい

デメリット

・ 超音波式だけのものに比べると電気代が高くなる

カインズホームでおうちのニーズに合う加湿器を見つけよう

おうちのニーズに合う加湿器にはどのようなものがあるのか、カインズホームで販売している加湿器を例に挙げて紹介していきましょう。

山善 スチーム加湿器 KS-D254W

スチーム式の加湿器

≪画像元:カインズ

「パワフルに加湿できて雑菌が繁殖しにくく安心して清潔に使える加湿器が欲しい。」

電気代は気にしないから、雑菌などが繁殖しない安心して清潔な状態で使える加湿器が欲しい人には「スチーム式」の加湿器がおすすめです。

山善のスチーム式の加湿器は¥3,980という格安さが魅力です。

デザインや使い勝手もシンプルで、かなりおすすめの加湿器です。

電気代は1時間あたり約7.3円と高めですが、清潔に使用できることを重視する人には魅力があるでしょう。

ラクラク給水加湿器80ホワイト

超音波式

≪画像元:カインズ

「給水がラクでコンパクトな加湿器が欲しい。」

加湿器を使うのはいいけれど、タンクを持って移動し給水するのが面倒だという人も少なくありません。

そんな人には上から水を入れて給水できるタイプの超音波式の「ラクラク給水加湿器80ホワイト」がおすすめです。

タンクを持ち歩く必要がなく、ペットボトルの水をこまめに入れて使うこともできます。

コンパクトなので場所を取らないのもいいですね。

2,980円という気軽に購入できるお値段も魅力です。

ただし、超音波式なので雑菌が繁殖しないようこまめな清掃が必要です。

ぜひ、自分のおうちのニーズに合った加湿器を選んでいきましょう。(執筆者:桜田 園子)