企業の決算月で最も多いのが3月

そのため株主優待を実施する企業が最も多い月でもあり、その数は800社以上にものぼります。

ジャンルも

・ クオカード・ギフト券などの金券類

・ 自社店舗で利用できる優待券

・ 自社商品

・ カタログギフト

…と多岐にわたりますが、今回は筆者の取得経験もご紹介しつつ、おすすめの3月優待5選をご紹介します。

おすすめの3月優待

株価他数値は、1/11(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスの株価より算出しております。

なお、株式購入の際は、最低購入金額の他に証券会社の手数料が別途かかります。

1. 全国各地の逸品が選べる! オリックス

オリックス

≪画像元:オリックス

オリックス(8591)は、総合リース国内首位の企業です。

リースのほか、グループ内での事業は不動産、信託銀行、保険など多岐にわたっており、プロ野球「オリックス・バファローズ」の親会社でもあります。

・株価 1,668円
・最低購入金額 16万6,800円(100株)
・PER 6.57  PBR 0.76   
・権利確定月 3月末
・配当 76.00円/年
・配当利回り 4.56%

株主優待 100株以上

(1) 株主カードの発行(3月末・9月末)

・京都水族館、すみだ水族館、新江の島水族館の入場料金10%オフ

・オリックスレンタカー基本料金割引、中古車販売割引など

・ふく料理「春帆楼」1ドリンクサービス

・全国40か所以上のゴルフ場でドリンク1杯無料

・オリックス・バファローズ公式戦ホームゲーム優待    

など

(2) ふるさと優待(3月末)

各地域の取引先企業が販売する食品などが記載された、Aコース、Bコースのカタログの中から1品

Aコース…3年以上継続保有

Bコース…3年未満保有

オリックスの株主になると、水族館・ゴルフ場などの施設や野球観戦などで割引を受けることもできますが、優待族の心をガッチリと掴んでいるのがカタログギフトです。

ラインナップには全国各地のさまざまなグルメなどの名産品が連ねており、毎年同じ商品を選ぶのか、新たな逸品を探すのか、選ぶ楽しみがあります。

筆者が直近で選んだ商品は、シャモロック鍋(2018年)、ソーセージとハムのセット(2017年)、すみだ水族館パスポート(2016年)で、各地のグルメもレジャーも満喫させていただきました。


≪2018年はシャモロック鍋≫


≪2017年はソーセージとハムのセット≫

2. 長期優待でサロン品質のスキンケアセット! シーボン

シーボン

≪画像元:シーボン

シーボン(4926)は、自社で研究開発、製造した化粧品を、全国100店舗を超える直営店「フェイシャリストサロン」を中心に販売する化粧品メーカーです。

直営店のサロンでは、フェイシャルマッサージなどの施術を受けることができます。

・株価 2,624円
・最低購入金額 26万2,400円(100株)
・PER 51.95  PBR 1.16  
・権利確定月 3月末
・配当 40.00円/年
・配当利回り 1.52%

株主優待

保有期間×保有株式数に応じて、カタログより好きな自社製品を選択

100株以上 

・ 1年未満:5,000円分 
・ 1年以上:1万円分   
・ 3年以上:1万2,000円分

500株以上 

・ 1年未満:1万円分   
・ 1年以上:2万円分
・ 3年以上:2万4,000円分