ダイソーで「おうちでヘアカラー」お助けアイテムが全部そろう! 筆者絶賛使用中の7アイテムをご紹介します。

「生活に必要なものは何でもそろう!」と言ってもさしつかえないほど、商品が充実しているダイソー。

自宅でできるヘアカラーアイテムも例外ではありません。

ヘアカラーを含め、必要なものは全てそろっています。

筆者は、ヘアカラー以外のアイテムをすべてダイソーでそろえています。

その中から、おすすめの7アイテムをご紹介します。

ダイソーでそろえるヘアカラー商品

ケープ類

最初に用意したいのが、汚れ防止のケープです。

ここでは2種類のケープをご紹介します。

1.カラーリングケープ

一般的に用いられるのは、カラーリングケープです。

この製品は、化粧品コーナーに置いてあります。

直径は約40cm。後ろは背中の半分以上、後ろは胸のあたりまでカバーします。

ヘアカラーの汚れ防止としては問題なく使えます。

しかし、コスパ重視の筆者は、丈夫で繰り返し使えるケープが欲しいと思いました。

そこで試してみたのが、次にご紹介する「散髪ケープ(大人用)」です。

2.散髪ケープ(大人用)

散髪ケープの一番のおすすめポイントは、繰り返し使えるコスパの良さです。

エンボス加工の厚手のポリエチレン製で、非常に丈夫です。

少なくとも5、6回は使えます。

もう1つのおすすめポイントは、丈が長いことです。

パッケージには丈84cmと書いてありますが、実際に測ると、前身頃の丈は89cmあります。

また、後身頃は45cmあります。

散髪ケープをヘアカラーで使う場合は、前身頃を後ろにして着用します。

そうすれば、腰までくるロングヘアの人でも、ヘアカラーの液だれなどで服を汚す心配がなくなります。

使い捨て手袋

使い捨て手袋もまた、ヘアカラーの必需品です。

3.使いきり厚手タイプポリエチレン手袋(40枚入り)

ダイソーにはさまざまな使い捨て手袋がありますが、筆者が使用しているのは「使い切り厚手タイプポリエチレン手袋(40枚入り)」です。

お掃除コーナーに置いてあります。


この手袋は、厚手で丈夫です。

エンボス加工で表面がデコボコしているので、手にまとわりつく不快感もありません。

また、サイズが大きめで着脱しやすい点でもおすすめできます。

ヘアキャップ・イヤーキャップ

4.カラーリングキャップ(10枚入り)

カラーリング中の放置時間に使うヘアキャップは、化粧品コーナーにある「カラーリングキャップ(10枚入り)」が断然おすすめです。

頭部にしっかりフィットし、ビニール特有の音もあまり気にならず快適に使えます。

また、使い捨てタイプなのに意外と丈夫なので、シャワーキャップとして使った後、ヘアカラーをする際に再利用できます。

5.シャワーキャップ(12枚入り)

浴室用品コーナーの「シャワーキャップ(12枚入り)」もヘアカラーに適しています。

耳元で鳴るビニール音が多少気になりますが、比較的丈夫で使いやすく、コスパの面でも満足できます。

第2の選択肢としておすすめです。

6.イヤーキャップ16枚入り

ヘアカラーが耳につくのを防ぐイヤーキャップもおすすめです。

こちらは化粧品コーナーに置いてあります。

使い捨てでもいいのですが、数回の使用に耐える程度の強度があるため、繰り返し使ってもいいでしょう。

便利なセット商品も

7.カラーリング5点セット

筆者の近所のダイソーには、セット商品も販売されています。

今回は、最近化粧品コーナーで見つけた「カラーリング5点セット」をご紹介します。

このセット商品には、自宅でできるヘアカラーに必要なアイテムがそろっています。

・カラーリングキャップ
・カラーリングケープ
・手袋(薄手のエンボス加工ポリエチレン製)
・イヤーキャップ
・カラーリングブラシ

実際に使ってみると、手袋が薄くて使いにくいです。

しかし、他のアイテムはすでにご紹介したものと同じなので、問題なく使えます。

なお、ブラシはふだんヘアカラー付属のものを使っていましたが、こちらのブラシも使い勝手は悪くありません。

自宅でヘアカラーをはじめてやってみる人には、最適なセット商品だと思います。

種類豊富なダイソーのヘアカラー製品を試してみよう

いろいろな商品がありますが、まずは使ってみて、その使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。

数ある100均の中でも、ダイソーは家でできるヘアカラー製品が大変充実しています。

安価で購入でき、しかも品質的にも満足が行くものが多いので、ぜひダイソーをチェックしてみてください。(執筆者:大岩 楓)

この記事を書いた人

大岩 楓 大岩 楓»筆者の記事一覧 (118)

元銀行員にしてベテラン主婦のフリーライターです。クレジットカードや節約記事などの執筆のほか、既成記事の校閲も行っています。50代になった現在、最大の関心事はずばり「老後のお金」今後のマネープランについて真剣に考え始めました。そこで自らの勉強も兼ね、銀行員時代に培った金融知識と25年以上の家計管理経験をベースにお金に関するさまざまな事柄について深堀りしていきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう