就学前や小学校低学年の間は、教育費がかさむ時期に向けて「お金をためる時期」とされていますが、それでも、入学時にはいろいろとお金はかかります。

入学準備と入学後にどれくらい費用がかかるのか?

その対策について、我が家の出費例を交えてお伝えしてみようと思います。

小学校入学時と入学後にかかるお金

こまごまとした出費に注意

入学時に必要なものと言えば、ランドセルや机がぱっと思い浮かびますが、そういった大きな出費以外にも購入するものはたくさんあります

たとえば、我が家の家計簿を眺めてみると…このように細々とした出費が並んでいました。

・ 文房具(筆箱・鉛筆・下敷き・鉛筆削りなど) 約5,000円
・ お道具箱の中身(のり・はさみ・色鉛筆・クレパスなど) 約2,000円
・ 体操服上下と赤白帽 約5,000円
・ 上履き 約1,000円
・ ハンカチ・移動ポケット 約1,500円
・ 上履き入れなど袋もの 約1,500円
・ 給食用セット(箸・マスク・ナフキンなど)約2,000円
・ 雨具(傘・カッパ・長靴)約6,000円
・ 通学用黄帽子 約1,500円

合計2万5,500円

加えて、入学式用の子供服や大人用のスーツなども必要です。

我が家の子供は従妹からのお下がり、私は母の着物を着たので出費はありませんでした。

小学校に入ると自分でやらなくてはいけないことが多くなるので、子どもが扱いやすい雨具に買い替えたり、学校から指定されたキャラクターなしの文房具類を選んだりしたので出費がかさみました。

公立の授業料はタダだけど…毎月あれやこれやとお金はかかる

公立小学校の場合、授業料は無料で費用は掛かりません。

しかし、給食費や実習材料費などは別途徴収されます

文部科学省が隔年で実施している「子供の学習費調査」を見ると、年間約10万円の費用が平均でかかっていることが分かります。

※費用総額(学校外活動費除く)合計:10万4,484円

内訳

学校教育費:合計:6万43円

・ 授業料 0円
・ 修学旅行・遠足・見学費  6,738円
・ 学校納付金等(PTA会費などを含む) 1万135円
・ 図書・学用品・実習材料費等 1万9,049円
・ 教科外活動費 2,714円
・ 通学関係費 1万7,574円
・ その他 3,833円

学校給食費:4万4,441円

「子供の学習費調査(平成28年度)」(文部科学省)より

我が家の家計簿を見ると、毎月のように「教材費」として袋に入れて学校に持って行ったという記述がありました。

ぐんぐん背が伸びる時期で活動も活発になることから、衣服費の出費も…。

上記はあくまで学校活動費です。

塾や習い事などを始めるのであれば、さらに出費はかさんでいきます

公立の小学校でも年間10万ほどかかる

費用のやりくりはどうする?

入学に必要な費用は高額になので、コツコツと計画的にためていくことをおススメします。

児童手当を受け取れる場合は、毎月貯金していくことで入学時に必要な金額はためることができるはず。

ためる以外にも、お下がりなどをもらえないか検討して「いかに使わないで済ませられるか?」を考えてやりくりすることも大切です。

小学生時代の子どもの成長は早いので、買ってもすぐに小さくなってしまった、という人もいます。

私は親類や知人から、まだ使えるキレイな状態の体操服や長靴を譲り受けました

他にも、我が家では手提げ袋や体操服入れは保育園で使っていたものを使いまわしました。

愛着のあるものを持って登校できるので、「新品じゃない!」と機嫌を悪くすることはありませんでした。

入学式用のスーツなどもフリマアプリなどを駆使すれば、思いのほか掘り出し物が見つかるかもしれません。

まずは出費額の把握を そこから計画を立てるべし

公立の小学校に入学しても、あれこれ出費はつきものです。

何が必要でいくら必要なのか? 

どのように準備してくのか? 

このへんを、しっかりと把握して、計画を立てることが大切です。

直前になって慌てないためにも、ぜひ早いうちから準備していきましょう。(執筆者:橋 正子)