引っ越しは何かとお金がかかるので、できるだけ費用を抑えたいです。

筆者も来週引越しをするのですが、初期費用を抑えるために不動産屋で思いっきり値切ってみたところ、見積額よりだいぶ安い金額で契約できました。

引越しにかかる費用の値切り方をお伝えします。

引越しにかかる初期費用は、契約する不動産屋によって違う

引っ越しで不動産屋に支払うお金

一昔前、引っ越しにかかる費用は

・ 敷金2か月
・ 礼金2か月
・ 前家賃1か月
・ 不動産屋に支払う手数料1ヶ月

「合計6か月分の家賃が必要」だと言われていました。

家賃6万円の物件なら、不動産屋に支払う初期費用だけで36万円にもなるのでかなりの金額です。

しかし最近ではこれらの項目も変わり、敷金1か月、礼金はなしという物件も珍しくありません。

不動産屋に支払う手数料も家賃の半額、女性や学生は割引ありなど、バラエティに富んできました。

しかしその変わりに、消毒費用や24時間サポートサービスなどに加入しなければいけないなど、よく分からない項目も増えてきました。

初期費用にかかる費用は、契約する不動産屋によって大きく異なるため、たとえば同じ物件でも、Aの不動産屋で契約すれば初期費用40万円、Bの不動産屋で契約すれば初期費用30万円と大きく変動することもあるのです。

どの不動産屋でも値切れる、保険と消毒費

筆者もできるだけ初期費用は抑えたかったので、物件を内見したあと、不動産屋に戻って見積書を前に、担当者に聞いてみました。

「火災保険ですが、今の物件で加入している火災保険があり、まだ契約期間中です。住所変更して今の保険をそのまま引き継ぎたいのですが、大丈夫ですか?」

不動産屋の答えはOKでした。

実はこの質問、過去の引っ越しでもしているのですが、だめだと言われたのは1回だけです。

不動産屋がおすすめする保険は2年で2万円が普通ですが、県民共済の火災保険なら1年3,200円(筆者の場合)です。

2年でも6,400円で、毎年共済からの払戻金もあるため実際に負担している金額はもっと少額です。

最近の賃貸契約で見かけることの多い「消毒費」

この内容を聞くと

「お部屋のにおいを消臭します。前に住んでいた方のにおいが残っていることがあるので」

ということ。

けれど内見した際に気になるにおいはなかったので、「これは不要です」と伝えたところ、消毒費も支払わなくて良くなりました。

消毒費だけで2万円もしたので、支払わずにすんでラッキーです。

結果は、消毒費2万円と、不動産屋が提示する火災保険2万円が不要となり、初期費用が4万円安くなりました。

聞くだけ聞いても、損はない

不動産屋でも値切ってみる

敷金や手数料など、必ず支払わなければならない項目もありますが、

「これって何?」という項目

「これは自分で加入先を探せば、もっと安く契約できるのは?(例・保険)」という項目

があれば、言われるままに支払うのではなく「私はこうしたいのですが、大丈夫ですか?」と聞いてみると、払わなくても良くなる項目もあります。

お金がかかる引越しの初期費用、少しでも安くするために、見積書をもらったらその場で交渉してみましょう。(執筆者:草間 綾子)