兼業投資家7年目の筆者が見つけた 投資で稼ぐポイントは突き詰めると3つに絞られる

「投資はむずかしい」

投資経験の有無に関わらず、このように考えている方が多いと思います。

確かに、投資は簡単ではありません。

しかし一方で、「投資で稼ぐためのポイント」は、突き詰めていくと「3つ」に絞ることができます。

実は、投資の本質は「非常にシンプル」なのです。(6年間、ボク自身が投資を続けてきた上での結論です)

すでに投資をしている方は、「どのポイントでつまずいているのか」。

気になっているけど「投資はむずかしそう」と感じている方は、「どんなポイントに気をつければ良いのか」。

この記事を読むことで、ご理解いただけると思います。

投資で稼ぐたった3つのポイント

1. ひたすら有利な投資をする
2. 資金の配分を正確に
3. ライフスタイルに合った投資をする

1. ひたすら有利な投資をする

ひたすら有利な投資をする

「当たり前だろう」

こう思われた方も多いのではないでしょうか。

では、投資における「有利」とは何でしょうか? ボクは次のように考えています。

投資の有利とは
たくさん勝てる(勝率と回数)
大きく勝てる(金額)

色々な投資家のお話を聞いていると、実は「不利な投資」をしてしまっている方が非常に多いです。

たとえば、「たくさん勝てる」投資をするのなら、FXが向いています

理由は、「24時間やっている(18時以降がよく動く)」、「参加者が多い」などがあげられます。

一方で、「大きく勝てる」投資をするのなら、圧倒的に株式投資です。

FXは通貨のレートですから、5倍10倍という値動きが出づらいという特徴があります。たとえば1ドル100円のレートが500円や1,000円になってしまったら困りますよね。

それに対して、株式投資は「一度出たトレンドが続きやすい」という特徴があります。

2倍3倍になることはザラにありますし、ときには5倍10倍になることもあります。米国の株式投資やNYダウなども似た特徴を持っています。

よく仕事のかたわら「デイトレードのような株式投資」をされている方がいますが、「たくさん勝てる」投資をしたいのなら「18時以降が主戦場であるFX投資の方が有利」ということがあります。

「有利な投資なんて当たり前」と思いながら、実は、「不利な投資」をしてしまっている方が非常に多いです

2. 資金の配分を正確に

資金の配分を正確に

これは、投資をする上で、他の何よりも重要なポイントです。

言われてみれば「なるほど」と思うことですが、知らずに投資をしている方が多いです。

すこし極端なたとえ話をすると、

・資金:100万円で
・負けたら50万円失うような投資

毎回こんなことをしていたら、間違いなくお金がなくなってしまいますよね?

「負けたら__万円失う」

この点をまったく考えずに投資をしている方が多いです。

・取引量
・__円 逆に動いたら決済

この2つで負けたときの損失額が決まります。

「損失額を “資金の数%” 程度に抑える」ということが重要です

「たった1回の掛け算」で計算できることですが、これだけで大負けすることがなくなります。

投資をする上で、他の何よりも重要なポイントです。ぜひ、資金の配分を意識してみてください。

3. ライフスタイルに合った投資をする

ライフスタイルに合った投資をする

この点も軽視されがちです。

前述の「仕事のかたわら “デイトレードのような株式投資” をされている方」が典型例です。もし、そんな方が読まれていたらすみません。でも本当なんです。

株式投資の市場が動くのは日中です。そこでデイトレードをするということは、「1日に何度も価格を確認しなければいけない」ということです。

ボクは、こういう投資はライフスタイルに則していないと考えています。

仕事をしながら投資をするのなら、

・就業後がちょうど主戦場になるFXをやる
・1日に1度の確認で済む「大きく勝てる」投資をする
・常日頃ではなくチャンスのときだけ(デイトレードを)やる

などといった工夫が必要です。

でなければ、仕事か投資のどちらかに悪影響が及ぶと思います。そうやって失敗している人をたくさん見てきました。

ライフスタイルへの負担も、投資における一種のリスクだと考えています。

さまざまな選択肢があるのが投資のメリットですから、ムリのない方法で実践していきたいものです。(執筆者:高橋 雄也)

この記事を書いた人

高橋 雄也 高橋 雄也(たかはしゆうや)»筆者の記事一覧 (1) https://investment.abbamboo.com

1987年愛知県生まれ。宮城県で育つ。高校卒業後、ミシェラン二つ星や三つ星、現代の名工などの日本料理店を巡り、板前として腕を磨く。6年間の修行の後、宮城県沖地震を機に金融関連会社に転身。営業やウェブマーケティングに従事する傍らで自らもトレードを行う。兼業トレーダー歴は7年。
<保有資格>:証券外務員1種、認定テクニカルアナリスト

【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう