【小学生におすすめ】「無料勉強アプリ」を活用して日本地図もプログラミングもバッチリ

なにかとかかる教育費。少しでも安くしたいです。

今回は、筆者の子供も利用してとても役立ったアプリをご紹介します。

ローマ字、日本地図、そして今話題のプログラミングの学べるアプリです。

また、多忙なママにもおすすめの、お知らせプリント管理アプリも紹介します。

小学生に おすすめ! 無料勉強アプリ

ゲーム感覚で日本地図が覚えることのできるアプリ

4年生:都道府県名や県庁所在地

4年生になると都道府県名や県庁所在地を覚えます。

県名だけでなく、どこにあるかまで覚えるとなると、根気がいります。

筆者の子どもの頃はプリントとにらめっこで覚えましたが、今はアプリで覚えられます。

あそんでまなべる 日本地図パズル

あそんでまなべる日本地図パズル

ジグゾーパズルのような感覚で、指で都道府県のピースを移動させてはめていきます。都道府県の位置と名前を覚えることができます。

ストップウォッチがあり、自己ベストやランキングに挑戦するのも楽しみの1つです。

日本地名パズル

日本地名パズル

≪画像元:日本地名パズル

都道府県の位置と名前だけでなく、県庁所在地の地名問題なども選べます。難易度、地域別にテストする設定あり。

くもんの日本地図パズル

公文の日本地図パズル

≪画像元:Amazon

実際の教材パズルとしては、くもんの日本地図もありますが、2,000円くらいします。

アプリだと持ち運びを気にせずに、移動中などにできるのが利点ですが、実際に手に取ってはめ込んでいくタイプも人気です。

ローマ字

ロボットと対決しながらローマ字を覚える「ローマ字ロボ」です。

ローマ字ロボ

≪画像元:ローマ字ロボ

問題の種類は、文字か単語か選べ、難易度も設定できます

初級ではカードが出てきて、4択で選びます。

子どもはロボットに負けたくないので、必死にやっているうちに、覚えていきました。

プログラミング

今、大人気のプログラミング。

教室に通うとなると、月に1万円ほどかかります。

プログラミング教室でもよく使われる、「Scratch」はその仕組になれるアプリです。

ブロックをつなげていくだけで、プログラムが完成します

楽しく遊んでいるうちに仕組みを覚えられました。

スィッチプログラミング

≪画像元:Switch-Programming≫

もっと本格的にやってみたい方は、無料のパソコンソフト「Scratch」がおすすめです。

ゲームを作ったり、アニメを作ったりできます。

スクラッチパソコン版

≪画像元:Scratch

お知らせプリント管理アプリ「おたよりBOX」月500円

学校からのお知らせプリントは、いつの間にか何枚もたまっていき、必要な時に「あれ、どこだったっけ?!」ということはありませんか

このアプリは、学校からもらってきたプリントなどを写真に撮り、付属のカレンダーに記載できます

おたよりBOX

≪画像元:おたよりBOX

また、こども一人ひとりの情報を登録し、色分けする機能もあります


≪画像元:おたよりBOX

カレンダーに登録すれば、行事のある日が一目でわかります。カレンダーの写真をタップすると、拡大されます。

お知らせ機能もあるので、通知が来るようにセットしておけば、忘れることもありません。

クラウドにバックアップすれば、家族で共有も可能です。

こちらは無料ではなく、月額利用料が500円かかりますが、活用できる点は多いです。

2か月間は無料なので、お試ししてみるのもいいかもしれません。

※紹介したアプリは、ios用のものですが、アンドロイド用のものもあります。

無料ならできるだけ活用したい

教育費は、大きくなるにつれて、どんどんかかっていきます。

無料なら、できるだけ活用したいです。

お勉強アプリを、子どもが一人でするのもいいですが、親が隣で一緒にするのも良い経験です。

楽しみながら覚えると記憶力もアップします。お子さんにあったものを選んであげてください。(執筆者:桐谷 春音)

この記事を書いた人

桐谷 春音 桐谷 春音(きりたに はるね)»筆者の記事一覧 (56)

二児の母。経理の仕事の傍ら、ライターのお仕事をしています。趣味は読書、洋裁、手芸。お得情報を求めてのネットサーフィンが大好きです。FX歴5年。かなりのおっちょこちょいでおおざっぱですが、こんな私でもできた節約やお得情報をご紹介していきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう