【海外旅行】FX会社でも「外貨両替」がお得にできる! 筆者おすすめの「FX口座4選」

FXは、為替取引で儲けたい人や外国株を買う資金を調達したいごく一部の人以外は口座を開く必要はない

と考えている方も多いのではないでしょうか。

しかしFXの会社によっては外貨両替をお得な手数料でしてくれるところもあります。

よく海外旅行にいく人にとって両替手数料は負担になります。

為替取引で利益を稼いだりレバレッジをかけて大きく儲けることには興味がなくても外貨両替をお得にできることに興味がある人もいるはずです。

そこで外貨両替をお得にできるFX会社をご紹介します。

外貨両替をお得にできるFX会社

海外旅行では外貨両替の手数料が高い

海外旅行では外貨両替する際に手数料がかかります。

一般的には日本の空港の両替手数料は高いです。

海外旅行に何度も行く人が毎回、高い両替手数料を払うのももったいないです。

実はFX会社の口座を利用すればお得に外貨両替ができます。

FXの会社によっては外貨両替ができる

FX会社といえばドル円などのロングやショートで利益をあげたりスワップ金利を受けとってお金を儲けるために活用する口座だとイメージする人も多いのではないでしょうか。

しかしFX会社の中には外貨両替をお得にしてくれる会社があります。

外貨両替できるおすすめのFX会社4選

FX会社でも全ての会社が外貨両替に対応している訳ではありません。

そこで、外貨両替をお得にできるFXの口座を4つご紹介します。

1. マネーパートナーズ

マネーパートナーズ

≪画像元:マネーパートナーズ

一番、使いやすいのがマネーパートナーズです。

マネーパートナーズはただ両替できるだけではなく羽田空港・成田空港・中部国際空港、関西国際空港で両替した外貨を受け取れるのが特徴です。

またマネパカードというプリペイドカードも発行しており、両替した外貨をカードにチャージできます。

マネパカードを1枚持っておくと、海外旅行で使えます。

マネーパートナーズは両替の最低単位も特にないため小口の両替にも適しています。

海外旅行の外貨両替をメインにFX口座を開きたい方はマネーパートナーズを開設しておけば十分です。

2. YJFX!

YJFX!

≪画像元:YJFX!

YJFX!では外貨両替はできませんが「現受」という取引のみできます。

例えば米ドルを1,000USD買って、そのまま反対決済をせずに1,000USDを米ドル現金で受け取れます。

その代わり両替の最低単位が1,000通貨からとなっています。

1,000USDといえば日本円で最低10万円以上です。

そのため大金を動かす人なら良いのですが、海外旅行で一般的に利用するには初心者には使いづらいのが現状です。

3. セントラル短資FX

セントラル短資FX

≪画像元:セントラル短資FX

セントラル短資FXでも通貨両替・現受けが可能です。

セントラル短資FXも両替の下限がないため、小口の一般旅行者の両替にも適しています。

またセントラル短資FX口座の保有者は、トラべレックスジャパンの両替所で一定の条件を満たしていると、最大10万円までの優遇レートの外貨両替サービスを受けられます

ただし、セントラル短資FXの口座で申込日の月・またはその前月に一度でも為替取引をしなければならないため、FX初心者にはハードルが高いかもしれません。

4. マネースクエア

マネースクエア

≪画像元:マネースクエア

マネースクエアでも「両替」取引ができます。

その代わり出勤にかかる手数料が高めで、両替の最低単位も1,000通貨からなので、海外旅行のためだけに開設するのはハードルが高いでしょう。

マネースクエアでFXトレードをする人向けの両替サービスと考えた方が良さそうです。

初心者はマネーパートナーズがおすすめ

FX会社の中には外貨両替をお得にできる口座もあります。

海外旅行だけでFXのトレードには興味がないという方でしたら、マネーパートナーズの口座が空港での外貨受取やプリペイドカードへのチャージができるため一番、使い勝手が良いでしょう。

他のFX会社ですとFX取引を申込までにしている必要があったり、最低1,000通貨からしか両替ができないなど一般的な海外旅行をする人にはハードルが高いからです。

ただしFX取引にも挑戦したいと考える人は総合的なサービスで口座を選んでも良いでしょう。(執筆者:田守 正彦)

この記事を書いた人

田守 正彦 田守 正彦»筆者の記事一覧 (53)

フリーランスのWEBライター。教育機関やバンコクの大学で働く傍、海外投資に興味をもち20代の頃から香港やアメリカの証券口座に直接行き、口座を開いて実際に取引をしていました。得意分野は投資・教育・旅行・新しい働き方です。新しい分野にも積極的に挑戦しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう