「買わない暮らし」は意外と快適! 毎日が心地よくなる5つのメリット

近ごろ筆者が意識していることは、「買わない」ことです。

きっかけは必然的で、お金が教育費に必要だから、他には使えないということでした。

けれども続けてみると、不思議と不自由を感じることは少なく快適で、思いもしないメリットが数多くありました。

「買わない暮らし」の5つのメリットをご紹介します。

わたし買いません

1. 節約になる

何といってもお金が残る

「買わない」ことの一番のメリットは、何といってもお金が残ることです。

いくらまでしか使えないと考えると気持ちはうつむきますが、買わなければ丸々残り安心感につながります。

例えば食材は、買わないことは、食べないことではありません。

買ったものを食べきることに、専念するのです。

せっかく苦労して買ったお買い得品でも、食べずに捨てればお金を捨てるのと同じです。

習慣化しない

買い物は何曜日とか週何回と決めている方は多いと思いますが、

「〇曜日がくればスーパーに出かける」

ということがルーティンになっていませんか?

習慣は無意識ですから、本当に食材がないか疑問視することが少なく、出かけるとついつい不要なものまで買うことに繋がります。

買い物に出かける前は冷蔵庫をチェックすることこそ習慣化し、新鮮なうちに食べきる努力をしましょう。

洋服の購入も習慣化しやすいものの1つです。

「季節が変わったから」「今年の流行は違う」と理由づけはいくらでもあります。

1つ買うなら1つ処分する、在庫はいくつまでなど、まずはマイルールを決めましょう。

2. 大好きな物だけに囲まれるシンプルな暮らしになる

日々暮らしていると買いたいと思うタイミングは数多くやってきます。

そんなとき思い出してほしいのが、それは

「欲しいのか」、「必要なのか」

という問いかけです。

筆者は、バブル世代です。

かつては節約などという言葉を聞くこともなく、ブランド物も大好きで自分の収入以上の出費はしないものの、「これ好き!」とインスピレーションで欲しいものを買うことが多かったように思います。

そのころと比べると、今は購入している価格帯が全く異なり、「必要な物を低価格で」がモットーです。

しかしその満足感も価格とともに下落しているか、というとそうでもありません。

品質は昔より各段よくなっていますから、低価格で納得できる商品を見つけたときのお得感は、なかなかうれしいものです。

また、十分に考えて必需品を購入しているから、商品に思い入れが生まれ大切に使います。

ただ多少高くても、自分の気持ちが高まり変化が持続するような商品は欲しいというより、必要な物としてとらえます。

価格というより自分の暮らしという大切な空間に新たに入れる物は、大好きになったものと決めました。

だからこそ、即決だけはNGを心がけています。

3. モノを大切にする

買わないことを意識するようになると、よくよく考えるようになります。

本当にその商品は必要なのか。

手持ちのもので工夫する方法はないのかと。

今ある物を見直し、場合によっては、修理やリメイクなどで新たな気持ちで使用することだってできます。

例えば筆者は、昔頑張って買ったコートやスカートの品質は申し分ありませんでしたから、プロに相談し、リメイクしました。

見事蘇り、1軍復帰です。

洋服ならば、アクセサリーで変化をつける、家族で着まわす、いっそ自分で作ってみるなど、考えてみてはいかがでしょうか。

4. 部屋が片付く

部屋が片付く

買わないことを意識して、今ある物を見直していけば自然と使えないものは捨てるという行動に移行していきます。

おかげで、自宅を片づける手間が減りました。

物がたくさんある暮らしは一見豊かで幸せそうに見えますが、実際毎日暮らしていると、数多くのモノをキレイに維持していくのはなかなか大変です。

使わないものが雑多に収納してあると、やがてそれはみるたびに罪悪感すら与える嫌な存在になってしまいます。

5. 捨てるときの苦労が減る

家具の購入を考えたときは、要注意です。

引越し見積もり比較サイト「SUUMO(スーモ)引越し見積もり」を運営する(株)リクルート住まいカンパニーによると「引越しで処分に困るものは?」は、こんなに身近なところにあるんです。

1位:ベッド 12.5%
2位:ラグ・カーペット 11.0%
3位:エアコン 10.3%
4位:パソコン 10.0%
5位:ソファ 9.8%
6位:洗濯機 9.0%
7位:冷蔵庫 8.8%
7位:タンス 8.8%
9位:衣類 8.5%
10位:食器棚 6.8%

参考記事:SUUMO、「引越しで処分に困るものランキング」売れない&有料処分が上位を独占 

捨てるにもお金がかかります。

また、小さく解体して燃えるごみとして出したり、処分場へ直接持ち込んだりと手間も少なくありません。

買わない暮らしで物を大切に

買わない暮らしで物を大切に

確かに新しいものはキレイで、手に入れたらウキウキと幸せな気分にしてくれます。

けれども、いっそ買わないと決めたら、大事な休日にショッピングセンターをうろつくことも、ネットをさまようこともなくなります。

さらに支払いのストレスが減るばかりか、〇円ゲットと考えればゲーム感覚で楽しくなります。

買わない暮らしは、物を大切にすることにつながります。

できることから、はじめてみませんか? (執筆者:吉田 りょう)

【サマポケ】月額250円~の収納サービス 箱につめておくるだけ!
TVCMで噂の「サマリーポケット」

この記事を書いた人

吉田 りょう 吉田 りょう»筆者の記事一覧 (123)

働くシングルマザーです。息子二人を大学卒業させるため、さまざまに工夫をこらし勉強しました。節約は勉強したものだけに与えられるご褒美です。リアルな情報、実際に使える情報にこだわってお届けしたいと思います。
<保有資格>
「登録販売者」、日文コンサルタント協会 着付1級講師
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう