日常の連絡手段としてすっかり定着しLINEですが、投資サービスも扱っています。

今回は、LINE Financialが2019年4月25日に発表した、「500円から積立投資ができるワンコイン投資」についてご紹介します。

LINEワンコイン投資運用手数料無料キャンペーン中

主なポイント

・ 週1回500円から運用できる

・ ロボアドバイザーが自動で国際分散投資を行う

・ 「LINE Pay」残高で積立投資ができる

・ 2019年4月25日から2020年4月24日までの1年間、運用手数料が無料

といった点があり、初めて投資をする方や、ロボアドバイザーを試してみたい方に適したサービスとなっています。

LINEワンコイン投資とは?

ラインワンコイン投資

≪掲載元:LINE Financial

LINEワンコイン投資は、2019年4月25日に始まったばかりの、新しい積立投資サービスです。

1日500円から3,000円まで積立金額を自由に設定でき、積立頻度も「週1回」、「週5回」、「週7回」の3種類から選べます

「LINE Pay」の残高で積立投資ができる

LINEワンコイン投資の特徴の1つとして、「LINE Pay」アカウントにチャージした「LINE Pay」残高で積立投資ができる点があげられます。

LINE Payに銀行口座を登録するだけで積立投資ができ、証券口座にあらためて入金処理をする必要もありません

一度積立設定さえしておけば、あとは自動で、月初めに設定した金額が引き落とされて投資に回されるので、運用の手間もほとんどかかりません。

ロボアドバイザーが自動で運用

LINEワンコイン投資では、ロボアドバイザーが使われます。

ロボアドバイザーとは、投資商品の選定から売買まで、ロボット(コンピューター)が代わりに行ってくれるサービスです。

LINEワンコイン投資のロボアドバイザーは、海外ETFを中心とした国際分散投資を行います。

ロボアドバイザーを利用するための運用報酬料(手数料)としては、以下の1または2のどちらか高い方が徴収されます。

1. 最低運用報酬料:月額100円(税別)

2. 運用報酬料:運用資産の時価評価額の年率1.00%(税別)
※運用資産の時価評価額の3,000万円を超える部分は年率0.50%(税別)

ただし、2019年4月25日から2020年4月24日までの1年間は、リリースキャンペーンとして運用手数料は無料です。

LINEスマート投資は投資初心者も始めやすい

投資デビュー

LINEワンコイン投資が、特に初めて投資をする方に適している理由は3つあります。

1. 銘柄の選定やメンテナンスが不要

LINEワンコイン投資を始める際に自分で考えなければならないのは、積立の頻度と金額だけです。

投資先の銘柄を選んだり、運用中に資産の入れ替えでメンテナンスをしたりする必要はありません。

すべて自動でロボアドバイザーがやってくれます。

「投資先としてどこを選べば良いかわからない」という方にも、スタートしやすい投資といえます。

採用されているロボアドバイザーは、「世界中のさまざまな資産にバランス良く投資する」という投資の王道的な手法を採用しているため、リスクも比較的抑えられているといえそうです。

2. 1年間運用手数料が無料=投資の成功体験を得やすい

特に少額投資の場合、手数料が高いと投資効率が著しく悪くなってしまいます。

その点、LINEスマート投資は最大1年間運用手数料が無料というキャンペーンを実施しているため、手数料で赤字になるという不安がありません

手数料が無料なのは最初の1年間だけですが、その間に「投資がうまくいっている」という成功体験を得られれば、次の投資へのステップアップにも弾みがつきそうです。

3. 最低投資金額が週1回500円からと安い

500円だけ

ロボアドバイザーを利用できる投資サービスは複数ありますが、最低投資金額(運用を始めるのに最低必要な金額)は1万円~10万円というものが多いようです。

その点、LINEワンコイン投資なら、週1回500円から投資ができ、金額のハードルがとても低くなっています。

「初めて投資をするのでまずは少額で試してみたい」という方にも、適しているサービスといえるでしょう。

LINEワンコイン投資のデメリット

1. 元本割れのリスクがある

LINEワンコイン投資は、国際分散投資によりリスクを抑えているとはいえ、元本保証の商品ではありません。

そのため当然元本割れのおそれがあります。

2. キャンペーン終了後は手数料が割高になる場合がある

再度LINEワンコイン投資の手数料を確認してみましょう。

運用報酬料(手数料)は、以下の1または2のどちらか高い方が徴収されます。

1. 最低運用報酬料:月額100円(税別)

2. 運用報酬料:運用資産の時価評価額の年率1.00%(税別)
※運用資産の時価評価額の3,000万円を超える部分は年率0.50%(税別)

LINEワンコイン投資は、週1回500円、つまり月額約2,000円から投資が可能です。

ただし、手数料無料のキャンペーン期間が終了すると、最低でも月額100円の運用手数料がかかります。

毎月の積立額約2,000円に対し100円の手数料がかかるわけですから、手数料の割合は約5%と非常に高額になってしまいます。

運用資産の時価評価額が12万円を超えれば、上記の「2」が適用されて、手数料はロボアドバイザーでは一般的な1%になります。

LINEワンコイン投資を継続する場合は、キャンペーン終了までには資産の時価評価額が12万円を超えるように、投資の金額や頻度を調整しておくと良いでしょう。

NISA(つみたてNISA)には非対応

LINEワンコイン投資は、NISA(つみたてNISA)には非対応です。

そのため税制上の優遇はなく、利益に対して約20%の税金がかかります。

キャンペーン期間中をねらってお得に投資を始めよう

以上、LINEワンコイン投資をご紹介しました。

デメリットを理解しておくことは大切ですが、その上で、「どんな投資商品を選んだら良いのかわからない」「つみたて投資を気軽に体験してみたい」という方には、相性の良いサービスといえそうです。

なお、6月28日23時59分まで、LINEワンコイン投資で初めて投資をしたユーザーの中から、抽選で10万名に500円、100名に3万円をプレゼントするキャンペーンが実施されています。

3万円あたる
3万円あたる②

≪掲載元:LINE Financial

また、手数料が無料なのは2020年4月24日までなので、早く始めるほどお得といえます。

投資を始めてみたいと考えている方は、LINEワンコイン投資のキャンペーンの利用を検討してみてはいかがでしょうか。(執筆者:AFP、2級FP技能士 青海 光)