10/18の最得決済

1位:JCB 2位:三井住友カード / 4コマ漫画(3回目)

「Origami Pay」はその場で割引 Pay払い初心者や、クレカが苦手な方におすすめです

つい最近、大手コンビニチェーンが自社のPayサービスを開始しました。

新規のPayサービスが続々と開始され、Pay払いは、ますますにぎやかな様相を呈しています。

Pay決済の特徴として、支払った金額の数%が自社のポイントとして還元されるというのが現在の主流です。

楽天Payを例に挙げます。

楽天Payは、楽天Payを通して支払った金額の0.5%(200円で1ポイント)が、楽天ポイントとして連携している楽天アカウントに付与されます。

これに対してOrigami Payは、

支払った金額の数%がポイントとして付与されるという物ではなく、支払金額の数%がその場で割引される

という珍しいタイプです。

ここでは、そのOrigami Payについてご紹介します。

Origami pay こんにちは、キャッシュレス

≪画像元:Origami Pay

Origami Payの利点と相性のよい支払元

Origami Payは、支払金額の数%がポイントとして付与されるものではなく、数%がその場で割引されるタイプのPay決済です。

「ポイント管理めんどくさい!とにかくシンプルに使いたい!」

という方には、Origami Payの支払元として、銀行口座もしくはデビットカードを登録するという最もシンプルな方法をおすすめします。

銀行口座から直接引き落とされるため、お金の状況を把握しやすいのが利点です。

基本的にどのPayアプリでもポイントの高還元を目的にすると、間にいろいろサービスを挟まなければなりませんので複雑化を避けられません

ポイント管理が面倒でとにかくシンプルに使いたいという方にはOrigami Payは最適です。

Origami Payの欠点

Origami Payの欠点は、導入しているお店がまだあまり多くないという点です。

2016年5月19日のサービス開始以来、導入店舗は徐々に増えつつありますが、地方ではあまり普及していない様子です。

また、Origami Payに登録できるネット銀行が多くないのも欠点です。

これら2つは、これからのサービスの規模拡大で充実するのを待ちましょう。

Origami Payの半額祭り

「オリガミで半額」キャンペーン

≪画像元:Origami Pay

「オリガミで、半額」というキャンペーンを期間限定で開催していることがあります。(※2019年7月3日時点では開催していません。)

これまで、「吉野家」、「ケンタッキーフライドチキン」、「セイコーマート」、「松屋」などでキャンペーンが行われています。

割引額上限・条件があるものの、半額割引はかなり大きいです。

クーポンなども頻繁に配っていてユーザーに優しいです。

クレカやPay払いに苦手意識がある方におすすめのOrigami Pay

Origami Payは支払金額から直接値引きされるので、ポイント管理を考える必要がなく、面倒くさがりな人もとっつきやすい、使いやすいPay払いです。

銀行口座もしくはそれに付随するデビットカードに紐づければ、口座の残高から支払いが行われるため、使いすぎる心配もありません

クレジットカードを使うのはちょっと抵抗があるという人にもおすすめできるPay払いの1つです。

面倒くさがりな人も、Pay払いデビューがまだの人も、シンプルに使えるOrigami payからキャッシュレスをはじめてみませんか。(執筆者:蔵島 紅)

この記事を書いた人

蔵島 紅 蔵島 紅(くらしま こう)»筆者の記事一覧 (16)

プログラマーを辞めフリーライターへ転職。お金とガジェットが好物で、お得な事が大好き。キャッシュレスを生活に取り入れ、キャンペーンとお得な情報を求めて日夜彷徨う。発見したお得や裏技についてシェアしていきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう