スマホで簡単「保管依頼」箱に入れて送るだけ 月250円からの「サマリーポケット」を紹介

「クローゼットがパンパン…売るのも面倒だし、捨てるしかない?」

「トランクルームに預けるのは高いし…もっと安い保管サービスないの?」

クローゼットに詰め込まれた冬物のコートにセーター、増え続けるバッグ類、かさばる布団に季節家電…一体どうやって収納すれば良いのでしょうか。

そんなあなたのお悩みをスッキリ解決してくれる、神コスパの収納サービスがあるんです。

ここでは、破格の値段で衣類や布団を保管できるサービス「サマリーポケット」について、紹介します。

スマホで簡単「保管依頼」

1. 荷物はぜんぶスマホで管理「サマリーポケット」がアツい

最近ではさまざまなメディアでも取り上げられていますので、耳にした方もいるはず。

「サマリーポケット」とは、箱に詰めて送るだけのスマホ収納サービスのことです。

使い方はとっても簡単

スマホで保管用の専用ボックスを取り寄せし、ボックスが届いたら後は好きなものを詰めて送るだけです。

送った荷物の内容はスマホで確認することができ、必要になったらいつでも1点から取り出すことが可能です。

サマリーポケット

≪画像元:サマリーポケット

しかも、保管サービス料は月額なんと250円からです。

この金額なら、日々のジュースやお菓子代を節約するだけですぐに捻出できますね。

2. 季節家電や布団はエコノミープランでの保管がおすすめ

「サマリーポケット」には、スタンダートプラン・エコノミープラン・ブックスプランの3つがあります。

それぞれの特徴を簡単にみてみましょう。

スタンダートプラン

スタンダードプラン

≪画像元:サマリーポケット

荷物を写真撮影し、1点ずつスマホで管理できるプランです。

面倒な撮影はすべてサマリーポケット側がしてくれます

衣類やバッグなど1点ずつ取り出ししたいものにおすすめです

(レギュラーボックス:月300円 / アパレルボックス:月300円 / ラージボックス:月500円※)

エコノミープラン

エコノミープラン

≪画像元:サマリーポケット

写真撮影なしでボックスごと管理する、一番お得なプランです。

季節衣類や家電、布団におすすめです。

(レギュラーボックス:月250円 / ラージボックス:月400円※)

ブックスプラン

ブックスプラン

≪画像元:サマリーポケット

かさばる本を保管・管理するプランです。

本のタイトルや作者などの登録はすべてサマリーポケット側にお任せできます。

(ブックスボックス:月400円※)

※価格はすべて税抜です。

ミニヒーターや布団、コートなど、季節ごとにしか取り出さないものはエコノミープランがおすすめです。

ボックスに品名を記入してスマホで管理するので、中身の写真がなくてもしっかり把握できます。

3. ヤフオクへの出品もボタンひとつ! 便利なオプションサービス

スタンダードプラン限定のオプションサービス

≪画像元:サマリーポケット

レギュラープランには便利なオプションサービスを付けることができます。

中にはヤフオクへの出品を代行してくれる、便利なオプションもあります

「保管していたけど、やっぱり使わない!」と思ったら、ボタンひとつで出品依頼ができます。

サービス料は落札価格の10%ですから、出品の手間を考えると高くない金額です。

他にも、保管中の衣類や布団、靴をクリーニングしてくれるオプションサービスがあるのですが、「サマリーポケット」の素晴らしい点は、このクリーニング料まで他社に比べて安いことです。

例えば衣類のクリーニングならアイテムを問わず1点620円です

つまり、コート類でも一律620円ということです。

他にも布団クリーニング4,000円、シューズクリーニング両足3,000円と、手頃な価格でクリーニングサービスを展開していますよ。

4. 今なら初めての利用でボックスの保管料が最大4か月分が無料です

現在「サマリーポケット」では初めて利用した方に、1,080ポイントをプレゼントするキャンペーンを行っています

エコノミープランのレギュラーボックスなら、最大4か月分が無料になります。

この機会にぜひ、スマホ収納サービス「サマリーポケット」を試してみてください。

賢く便利サービスを利用して、スッキリ快適ライフを送りましょう。(執筆者:平川 妙子)

この記事を書いた人

平川 妙子(ひらかわたえこ)»筆者の記事一覧 (10)

1歳と5歳の娘を育てながら、フリーでライター業をしています。子育てのスキマ時間でライティングのお仕事をしつつ、時間とお金を節約する知恵を日々習得中!すぐに実践できる節約の裏ワザを皆さんにわかりやすくお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう