覆面調査員「体験談」 稼げないし、細かな段取りもあるが、欲しいものが安く手に入ると考えたら面白い。

筆者は「覆面調査員」というものをやったことがあります。

客のふりをしながら店員さんの接客態度や店内の清潔さ、提供される商品の状態などを調べるのですが、少々面倒だけれど意外と楽しかったです。

副業が許可されている職場にお勤めの方なら仕事の合間の副業としてもおすすめなので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

覆面調査してきました

覆面調査員とは

覆面調査員は、その名の通り、身分を隠してお店の調査をする仕事なので、最も重要なのはお店の人に覆面調査員であると気付かれないことです。

チェックリストをプリントアウトしたものを持参するにしろ、スマホからぽちぽち入力するにしろ、その行動を怪しまれてしまったらアウトです。

さすがに店から追い出されるようなことはないでしょうが、変に気を使われて正確な調査ができなくなる可能性があるし、そのお店から会社のほうにクレームがつくこともあるので注意が必要です。

筆者はチェックリスト持参派だったので「現物はまずいだろう」と思い、いくつかの項目を頭に入れておき、トイレに行くふりをしてこっそり書き込んでいました

登録が簡単で仕事も比較的早く見つかる

筆者が利用したのは「ミステリーショッピングリサーチ」というサイトです。

覆面調査の会社

ネットから簡単にモニター登録をすることができ、自分の住む地域に仕事があればすぐに応募をすることができるので便利です。

調査に必要な飲食代などの経費もかなりの割合で負担してもらえるので、趣味と実益を兼ねて飲食店の調査を何度かやらせてもらいました。

利用の流れ

1. 無料の会員登録を行う。この時、案件の案内に必要な居住地域や性別などの情報も入力

2. 属性に合った案件が表示されるので、その中から選んでエントリー

3. 当選したら詳しい内容を記載した確認メールが届くので、できそうなら参加受諾する

4. 覆面調査を実施。買い物や飲食を楽しみながら必要な項目のチェックをする

5. 指定された期間内にレポートの提出をする。この時、レシートも一緒に出す

6. レポートの内容に問題がなければ謝礼が支払われる

謝礼の支払いは初回のみ「銀行口座への振り込み」だけですが、2回目からは「Amazonギフト券」、「Google playギフトコード」などにしてもらうこともできます。

筆者の覆面調査員体験談

筆者が覆面調査員をやったのは全て飲食店ですが、その中でも特に印象的だった案件について体験談を紹介します。

そのお店は、筆者宅から車で20分ほどの場所にありました。

しゃぶしゃぶの食べ放題を提供しており、飲食代は大人1人あたり2,500円ほど。

当時の筆者にとって食事1回に2,500円をかけるのはかなりの覚悟が必要だったのですが、そのうち2,000円を負担してもらえることになっていたので応募し、見事当選したので、わくわくしながらお店に向かいました。

ところが。

「いらっしゃいませ~」の声に迎えられながら店内に入ると、なんとそこに知り合いが「店員の制服を着て」いたのです!

「しまった…」と思いましたが、居住区域で覆面調査をするのですからこういうこともあるでしょう。

要は気付かれなきゃいいのだと気持ちを切り替え、おいしいしゃぶしゃぶをいただきながらくまなくチェックしました。

「必ずトイレを使う」、「メニューについてさりげなく質問する」などしなくてはならないことがいろいろあるので気疲れしますが、回数をこなすうちに慣れてきます

飲食店の調査は謝礼額が多いので、かなりおすすめです。

チェック項目は結構あります

他にある調査

飲食店以外には次のような案件がありますので、一例をご紹介します。

・ ガソリンスタンドのカーリース診断やカーコーティング

・ 美容外科でのカウンセリング

・ カラオケ店(店員さんの接客態度、注文した料理などのチェック)

・ カーディーラーでの試乗・見積もり

・ 歯科医院での検診

・ 不動産屋での物件購入相談

在宅でできる調査の一例

・ 不用品回収サービスの利用

・ オンラインショップの利用

・ 健康食品や化粧品の新規購入

・ Wi-fiの新規申し込み

・ レンタルサイトの新規会員登録

在宅でできる調査の謝礼は、実際に店舗に出向くものと比べてかなり少ないです。

たとえば、1,300円の化粧品を新規購入した場合の謝礼が200円とかなので、在宅の場合は「欲しい商品を少しお得に購入できる機会」というスタンスで調査すると良いかもしれません

お金を稼げるわけではない

覆面調査員の仕事は、経費もかかるのでお金を稼げるというわけではありません

しかし、本来であればまるまる自己負担となる飲食代や商品の購入代の何割かを負担してもらえるので、「外食したいけどお金がない!」なんて時にはとっても便利です

細かいチェック項目を埋めるのは少し大変ですが、手順さえきちんと覚えればそれほど難しい仕事ではないので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。(執筆者:畠山 まりこ)

この記事を書いた人

畠山 まりこ 畠山 まりこ(はたけやま まりこ)»筆者の記事一覧 (67)

読書と音楽鑑賞と動物が大好きな主婦です。2013年からライター業を開始し、主に生活に密着したテーマの記事を書いています。「主婦」「女性」という立場を生かし、様々な切り口で読者様の役に立てるような記事を作っていきたいです。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう