ルームシェア、シェアオフィス、カーシェアなど、いろいろなものを「共有」する人が増えています。

サイズアウトしやすい子供服も、上手にシェアすれば節約効果抜群です。

今回は、子供服のシェアができるサービス「キッズローブ」について紹介します。

「キッズローブ」とは

KIDSROBEとは

≪画像元:アダストリア

「キッズローブ」は、子供服のシェアリングができるサービスです。

対象サイズは身長80~160㎝で、トップス、ボトムス、アウターなどをシェアできます。

浴衣や冬場のコート類なども豊富なので、出番が少なくサイズアウトしやすい服は、ぜひ「キッズローブ」でシェアしましょう。

「キッズローブ」利用の流れ

Step 1:新規会員登録

Step 2:注文

Step 3:シェアスタート

Step 4:新しいシェアアイテムが届いてから返却

KIDSROBE サービスの流れ 利用スタート

≪画像元:アダストリア

子供服1着をシェアすためには、「キッズローブ」内の単位である1ROBEが必要です。

新規会員登録時に8ROBEが付与されるので、気に入った服と交換してシェアをスタートしましょう。

注文から到着までの期間は2週間程度で、シェアできる期間は3か月間です。

また、サイズアウトした服や好みに合わなくて眠っている服を他のお子さんとシェアもできます。

その場合には、1着につき1ROBE(最大5ROBE)が付与されます。

ただし、汚れやダメージがひどいアイテム・靴・肌着・子供用おもちゃは対象外です。

月額980円(税込)で8点シェア可能

利用料金は月額980円(税込)で、8着をレンタルできます。

自宅にあるアイテムを5着シェアする場合には、最大13着まで楽しむことも可能です。

3か月に1度は注文商品の配送料として500円(税込)かかりますが、それでもリーズナブルなのは言うまでもありません。

特に小学生の時期は体がどんどん成長するので、ワンシーズンでサイズアウトすることもよくあります。

兄弟姉妹がいる場合や親戚やご近所の方など「おさがり」の提供先がないようであれば、思い切ってシェアしてみましょう

フリマアプリを利用する手もありますが、梱包ややり取りが面倒に感じる人には「キッズローブ」がおすすめです。

KIDSROBE POINT1 8点までシェア可能

≪画像元:アダストリア

入会月と翌月は無料で利用できる

入会月と翌月は利用料金無料なので、どのようなシステムなのか不安な人でも安心です。

支払方法は、現時点ではクレジットカード決済のみです。

万一サービスが合わないと感じる場合には、毎月14日までに退会手続きを済ませれば翌月分の利用料金は発生しません

残念ながら休会というシステムがないため、継続もしくは退会のどちらかを選択する必要があります。

アイテム情報は、画像だけではなく商品の状態を「NEW」もしくは「星の数(3段階評価)」で表しているため、安心して選べます。

KIDSROBEは、初月翌月無料

≪画像元:アダストリア

必要な分だけシェアできるからクローゼットもスッキリ

年齢や体形に合った服を必要な分だけ収納できるので、クローゼットがすっきりと片付いて一石二鳥です。

子どもが気に入った服は返却せずに手元に置いておけます。

その場合、自宅のアイテムを代わりにシェアもできるので、いつでもクローゼットが片付いた状態をキープできます。

サイズアウトした服に悩まされている人は、「所有」ではなく「共有」という形で、子供服との向き合い方を考えてみてはいかがでしょうか。(執筆者:成田 ミキ)