今年の秋は消費税が増税される事もあり、節約の重要性がより一層高まります。

そこで今回はこの秋実践したい節約法についてご紹介します。

1. 今年からは外食のコストがさらにアップ!

外食せずに自炊で秋の味覚を楽しむ

今年の秋に実践したい事として1番に挙げられるのが自炊です。

2019年10月よりレストランなどの店内で食べる外食は消費税が10%に上がってしまいますが、スーパーで買える食材には軽減税率が適用されるため消費税が8%のまま据え置かれます。

そのため自炊をするか外食をするかで生活コストが大きく変わってくるのです。

夏の暑さも和らぐ秋は台所での調理が快適になり、お弁当も夏より腐りにくくなってくるので、自炊を始めるのに適した季節と言えます。

キノコやサツマイモなど安価でおいしい季節食材も出てくるので、さまざまなレシピを試しながら秋の味覚を楽しむのもオススメです。

2. 秋のレジャーは自然を楽しむ

過ごしやすい気温になってくる秋はレジャーに最適な季節です。

屋外でも快適に過ごせるので、入場料の高い施設よりも自然豊かなスポットへ出かけると良い節約にもなります。

秋ならではの紅葉を楽しんだり、森林散策や落ち葉拾い、木陰で静かに本を読むというのもオススメです。

マネーセミナーに参加もオススメ

また、消費税増税を機にマネーセミナーに参加してみるのも良いかもしれません。

今年は老後2,000万円問題や消費税増税、国際情勢の悪化による経済の停滞など、お金について意識させられるニュースが多くありました。

それに伴い気軽に参加できるマネーセミナーがさまざまな団体で開催されてきています。

女性に特化したマネーセミナーや独身者向け、中高年向けなど個人の状況に合わせたセミナーが多数企画されているので、自分に合ったお金との付き合い方を見つけやすくなっています。

今年の秋はお金に向き合う「マネーの秋」にするのも有意義かもしれません。

3. 衣替えのついでに不要品を売ってみる

夏が終わって涼しくなってくると、クローゼットの衣替えをする人も多いのではないでしょうか。

衣替えは面倒ですが、面倒だからこそ衣替えのついでに実践しておきたいのが不要品の整理です。

衣替えをした後だとまた見返して整理する気が起きないので、秋のタイミングで片付けてしまうのがオススメです。

今年の夏1度も着なかった服や来年は着られないような子供服、もう使わないレジャー用品など、要らないものをまとめて売ると意外と良いお小遣いになります。

フリマアプリで売るのも良いですし、発送作業が面倒な場合はまとめてリサイクルショップに持っていくと楽チンです。

レジャー代わりに親子でフリマイベントに参加するのも楽しいかもしれません。

秋は節約の季節

秋は過ごしやすいので節約の季節

クーラーや暖房器具の電気代がかからない秋は節約ペースをアップできる季節です。

夏に帰省やレジャー・外食で散財してしまった場合でも、秋をうまく過ごせばいくらでも挽回できます。

今年は増税もあるので生活スタイルを変える良いきっかけにもなるかもしれません。(執筆者:島村 妃奈)