増税前の駆け込み購入にいそしんでいる方もいるかもしれませんが、そんな方にOrigami Payから「ヤマダ電機グループで10%オフ」という素晴らしいお知らせがありました。

この記事では、キャンペーン概要とともに、10%オフで購入すべきものなどを紹介しましょう。

ヤマダ電機グループ各店舗で初めてOrigami Payを使うと、その場で10%オフ


≪画像元:Origami Pay≫

9月14日~9月30日の期間中、ヤマダ電機グループ(ヤマダ電機・ベスト電器・マツヤデンキ・ツクモ・ドラッグインキムラヤ)の各店舗で初めてOrigami Payを使うと、10%オフになります。

キャンペーンの中には、利用から数か月後にポイント還元されるものもありますが、Origami Payはその場でお会計から10%オフですので、すぐにお得を実感できます。

税込3万円までは10%オフ、税込3万円以上は最大割引金額3,000円が適用されます。

最大割引金額の3,000円は一見少ないように思えますが、買い回りでは効果大です。


≪画像元:Origami Pay≫

ベスト電器A店

ドラッグインキムラヤB店

ヤマダ電機C店

と買い回りした際、それぞれ別店舗なので、各店舗において10%オフ(税込3万円まで)が適用されます。

加えて、ヤマダ電機C店→ヤマダ電機D店と買い回りした際も、同ブランドでも別店舗ならば、各店舗において10%オフが適用されます。

ヤマダポイントカードとの併用も可能の模様


≪画像元:ヤマダ電機

入会金・年会費無料でポイントが貯まる「ヤマダポイントカード」、Origami Payとの併用も可能なようです。

10%オフ前の金額に対してポイントが付与されるので、お得です。

Origami Payの支払いに設定するなら、三井住友カード


≪画像元:三井住友VISAカード

Origami Payの支払いに設定するなら、新規発行した三井住友カードがおすすめです。

というのも、12月27日までに新規申込をした三井住友カードに対して、利用金額の20%を還元(期間中の上限1万2,000円)するキャンペーンを実施しているからです。

1万円の商品をOrigami Payで支払い10%オフの9,000円、三井住友カードで9,000円引き落として20%の1,800円還元

となるのは非常に大きいです。

さらに、10%オフ前の金額に対してヤマダポイントカードのポイントが付けば、ポイント二重取り&10%オフの強力コンボが完成します。

Origami Payのキャンペーンで買うべきもの

どんな商品を買っても基本的にすぐ10%オフになる点が、今回のOrigami Payのキャンペーンのメリットです。

ただし、消費増税前というタイミングもあり、増税によるダメージがより大きい商品を購入した方が良いでしょう。

酒・たばこ

ドラッグインキムラヤではお酒・たばこの取扱いもあり、前者は軽減税率の対象外、後者は言わずと知れた「税金の塊」です。

いずれも消費増税によるダメージが大きい商品ですので、10%オフのメリットが大きいでしょう。

白物家電

9月に新商品が発売されることの多い洗濯機・冷蔵庫は、9月に旧商品の値下げを行うケースが多いです。

値下げ+Origami Payの最大3,000円オフのW値下げ効果は大きいです。

Nintendo Switch

白物家電とは逆に、携帯型ゲーム機のニンテンドースイッチは、定価販売が基本でほぼ値下げは行なわれません。

ニンテンドースイッチに関しては、ヤマダポイントカードの還元率も通常より低いようですし、本体が3万円ちょっとの値段ですので、10%還元で上限が3,000円のOrigami Payを最大限活用できる商品かもしれません。

くれぐれも使い過ぎに注意!

使いすぎないように注意

Origami Payのキャンペーンは、ヤマダ電機グループで利用するとその場で10%オフというものです。

後日ポイント還元ではないので、お得をその場で実感できてうれしいです。

三井住友カードを支払いカードに設定すれば、20%還元も受けられます。

同ブランドでも別店舗ならば各店舗において10%オフが適用されるので、買い回り向きです。

しかしそれだけに、買い過ぎには注意してください。

家電は高額な上に、買い回りをすれば10万円以上の出費になる可能性が十分にあるからです。

本当に必要なものかを吟味した上で、Origami Payのキャンペーンを満喫しましょう。(執筆者:角野 達仁)