「お得にモノを手に入れる方法」といえば、メルカリのようなフリマアプリを使う方法や福袋があります。

メルカリは、フリマアプリのため「店舗で新品を買うよりは安いはず」と思って購入する人がほとんどでしょう。

しかし、中には

「これはセールのときにもっと安く売っていた」

「1万円の福袋に入っていた商品を1万円で売っている」

と気がついてしまう商品もあります。

今回は、新品のモノを安く手に入れるなら、福袋とメルカリのどっちで買った方がよいのかを比べてみます。

1. 今治タオルのバスタオル

今治タオル

筆者は、毎年バスタオルの福袋を買います。

バスタオルの福袋はとても人気があり、毎年売り出し当日に完売が多く出るのです。

筆者が買うバスタオルの福袋は、今治タオルのバスタオルが5枚で約5,000円です。

今治タオルのバスタオルの相場は1枚約3,000円のため、1枚約1,000円はかなりお買い得でしょう。

一方、メルカリでもバスタオルはたくさん出品されています。

バスタオルは贈り物の定番商品のため、ブランド物が箱入りのまま出品されています。

「もしかしたら、福袋よりもメルカリで買った方が得なのではないか」

と思い、検索しました。

品質も同等にするため「今治タオルのバスタオル」で検索すると、たくさんヒットします。

しかし、1枚あたり約1,000円で購入できるバスタオルはとても少ないです。

なぜならば、バスタオルは厚みがあってかさばるため、送料が高くなるからです。

メルカリ便ならば60cmサイズは700円、普通郵便でも500円程度です。

売り手が「少しはもうたい」と思えば1,200円以上での売買を希望するでしょう。

メルカリを見てみると、今治タオルのバスタオルは1,500円程度での取引が多くみられます。

つまり、バスタオルは「柄にこだわらない」というならば、メルカリで買うよりも福袋で買った方が得なのかもしれません。

筆者は、1度だけメルカリでバスタオルを購入しました。

送料込みで650円でしたが、売り手が送料の計算を間違えてしまい、手取りがゼロになってしまったそうです。

マラソン大会の参加賞でもらったそうで、高品質でしたが大会名が大きく書いてあるバスタオルでした。

メルカリでは、かさばるバスタオルは買い手にとっても売り手にとっても、あまり得ではない商品なのかもしれません。

2. 有名メーカーの食品・老舗のお菓子

老舗のお菓子

有名メーカーの食品や老舗のお菓子の福袋も出ます。

普段なら買わない高級なお菓子も福袋なら買いたくなるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、老舗のお菓子や食品の中でも「お歳暮の定番商品」ならば福袋よりもメルカリの方が得するかもしれません。

ただ、お得に買うためにはコツが必要です。

それは

売りそうな人のフォロワーになること

です。

お歳暮やお中元の時期になると、メルカリでは高級お菓子や食品が箱に入ったまま出品されます

実は、お歳暮やお中元をもらった人が、そのまま出品してしまうのです。

しかも、お歳暮やお中元に贈られる商品は「毎年同じ人から同じもの」という流れがあります。

そのため、毎年同じ人が同じようなお菓子や食品を出品するのです。

人気のお菓子や食品は、出品してすぐに売れています。

なぜならば、売り出しを狙っている人がフォロワーになり、売り出し直後に買っているからです。

お目当ての商品がある人は、前回その商品を出品している人を探し、フォロワーになっておきましょう。

そして、次のお歳暮やお中元のタイミングを逃さないようにチェックします。

福袋のお菓子や食品は中がみえません。

福袋は、食べたいものも入っていますが、食べたくないものも入っています。

メルカリでお中元やお歳暮の食品を売る人は「食べない」から売ります。

賞味期限が過ぎてしまい、食べることも売ることもできなくなってしまうことを避けるため、格安で売る傾向があります。

狙っているものがあるならば、イチかバチかの福袋よりもメルカリでピンポイントに狙いを定めたほうが得するかもしれません。

3. 衣類は、福袋とメルカリの両方使い

福袋

メルカリといえば衣類です。

「人が着たお古はいや」という人でも、メルカリならば新品タグ付きもたくさん出品されています。

筆者も「新品です」という衣類をいくつか買いました。

しかし、中には売り手が「新品です」と言っているだけで、新品の根拠がないものもあります。

タグがないどころか「新品だけど洗剤の香りつき」も多く、新品と未使用品の境界線はとても微妙です。

また「新品タグ付きでも他人のクローゼットに入っていたものは、いやだ」という人もいます。

衣類は、その人のこだわりによってメルカリと福袋のどちらが得か変わってくるのかもしれません。

筆者のおすすめは、福袋とメルカリの両方使いです。

筆者は、ボトムスは古着でも気にしませんがトップスは新品を選びます。

そのため、好きなブランドの福袋を買ったらトップスだけを手元に残してボトムスはメルカリで売ります

衣類の福袋には、必ず「これは着ない」というものがいくつか入っています。

それらもあわせてメルカリで売り、売上金でメルカリの中から好きなボトムスを買うのです。

そうすることで、好きな衣類だけをお得に手元に残せます。

福袋とメルカリを駆使して欲しい物をお得に買う

少し前まで「福袋はダントツで得する買い方」でしたが、メルカリの登場により、モノによってはメルカリの方が得することもあります。

逆に「メルカリは店より安い」という思い込みで失敗してしまうこともあります。

得する買い方の種類が増え、買う側の相場感や見抜く目がますます求められる時代になりました。

福袋の予約は、早いところで11月頃から始まります

今年は福袋とメルカリを駆使して、欲しいものをお得に手に入れましょう。(執筆者:式部 順子)