TwitterやInstagramでよく見るハッシュタグですが、実はメルカリでも利用することができます。

「#〇〇」のように商品紹介に記載するだけで、多くの購入者に見てもらうことができます。

そこで、この記事ではメルカリでハッシュタグを使うときに知っておきたい基本的な情報を紹介します。

ハッシュタグとは

ハッシュタグを使おう

ハッシュタグとは、「#〇〇」と表現される、キーワードに半角の#をつけて記載されているものです。

ハッシュタグはタップすることが可能であり、タップすると同じハッシュタグをつけている商品を表示することができます。

例えば、「#ハンドメイド」をタップすると、同じハッシュタグ「#ハンドメイド」を使っている商品を一覧で見ることができます。

ちなみに、商品紹介文に「ハンドメイド」と記載されていても、「#ハンドメイド」に表示されることはありません

つまり、ハッシュタグを上手に使いこなすことで、多くの購入者に商品を見てもらうことができるのです。

ハッシュタグの入力方法

メルカリでのハッシュタグは、商品紹介に「#〇〇」と記載するだけです。

このとき、

・ #は半角にすること
・ ハッシュタグとハッシュタグの間にはスペースを入れること

の2点に気を付けるようにしましょう。

これらが守られていないと、ハッシュタグとしてタップできなくなってしまいます

ハッシュタグの使い方

ハッシュタグがいっぱい

ハッシュタグはどのようなキーワードにも使えるだけに、その選定に迷うものです。

ここでは筆者が推奨しているハッシュタグの使用例を紹介します。

商品のジャンル

#ハンドメイド
#リメイクシャツ
#古着

このような商品のジャンルを示すハッシュタグを使用することで、同ジャンルの商品を検索している人の目に触れる可能性が高くなります。

商品の状態

#おしゃれ
#かわいい
#人気

このような状態を示すハッシュタグも、有効です。

ただし、ジャンルがバラバラになってしまうため「指輪を探しているけども、古着が見つかった」というような場合になることもあります。

一言コメント

#最終値下げ
#即購入OK
#体型カバーできます

このようなハッシュタグを使う場合もあります。

これは検索によって商品を見てもらうという意味合いだけでなく、商品やあなたのPRになるといった側面が強いものです。

商品紹介文に記載するほどではないものを、ハッシュタグで書くことでシンプルに伝えることができます

ハッシュタグを上手に使って売上アップ

この記事では、メルカリで使えるハッシュタグについて紹介しました。

一工夫するだけで出品した商品が見てもらえる可能性が高まるので、使わない手はありません。

ただし、使いすぎて商品紹介文がハッシュタグだらけになると、読んだ人を不快にさせてしまう場合もあります

ほどよく使って、しっかり売れるようにしていきましょう。(執筆者:喜多 一馬)