10月になって、消費税が8%から10%に引き上げられました。

さまざまな商品の値上げが実施されたので、消費者にとっては一大事です。

毎回、増税の時期になると話題になる「値上げ」です。

今回は、10月から値上がりした商品をまとめて紹介していきたいと思います。

消費増税で 日常の 「何が」「いくら」 になったの?

電車賃(JR、私鉄各社)の値上げ

前回の8%増税のタイミングで、切符価格とICの値段で差額が生まれたのも記憶に新しい電車料金は、もちろん今回の増税でも値上げを行いました。

ちなみにICと切符の運賃は、エリアによって高い場所と低い場所(または同額)が混在します。

JR東日本の電車運賃

JR東日本の場合、幹線・地方交通線で見てみると、このようになっています。

エリアごとの運賃比較

≪画像元:JR東日本

JR西日本の電車運賃

JR西日本の場合、幹線・地方交通線で見てみると、このようになっています。

改定後の運賃・料金

≪画像元:JR西日本「改定後の運賃・料金の概要等(pdf)」≫

その他の私鉄

東京メトロ、小田急電鉄、東急電鉄、西武鉄道、京王電鉄など各社とも価格変更があるようです。

青春18きっぷ

JR各社から販売されている「青春18きっぷ」も今年の12月の販売分から、値上がりすることが決まりました。

現在は1セット1万1,850円ですが、12月の販売分からは1万2,050円で販売されることになっています。

ATM手数料

ゆうちょをはじめとする各行が値上げを発表しています。

ゆうちょ銀行の手数料

ゆうちょ銀行の料金改定

≪画像元:ゆうちょ銀行「PRESS RELEASE(pdf)」≫

【ATM手数料】
平日:108円 → 110円

休日:216円 → 220円

【振込手数料】
宛先宛て5万円未満:216円 → 220円

宛先宛て5万円以上:432円 → 440円

その他、みずほ銀行、ジャパンネット、楽天銀行なども値上げを発表しました。

みずほ銀行手数料改定

≪画像元:みずほ銀行

郵便料金

郵便料金値上げ

≪画像元:日本郵便≫

郵便料金ももちろん値上がりしました。

はがき:62円 → 63円
定形郵便物:82円 → 84円

メルカリの発送などでよく使われるクリックポストも185円から188円に値上げしました。

その他の配送料金も5円から10円ほど値上がりしています。

食品関係の値上げ

カルビーポテトチップスうす塩

≪画像元:カルビー

ここからは、大手食品メーカーの飲み物、食品についてです。

サントリー

増税前の4月から、1.2リットル以上のペットボトルの容器に入った商品の出荷価格が20円値上げされています。

カルビー

増税前の2019年5月21日に、ポテトッチップスの製品(「堅あげポテト」、「カルビーポテトッチップス」など)数点の出荷価格が2.9~6.3%引き上げられました

2019年7月22日からは、「かっぱえびせん」などの人気商品が内容量が4.4~6.3%の減少となっているため、実質的な値上げと言えるでしょう。

日清食品

カップラーメンで有名な日清食品は、全体的に希望小売価格が4~8%値上げになっています。

キャッシュレス決済で増税を乗り切ろう

生活に関わる製品やサービスは、全体的に値上げをしました。

その他のものも、同時に増税によって値上げしています。

しかし、だからといって悲観する必要はまったくありません。

国は、キャッシュレス決済をした消費者に対して、還元サービスを行っています。

実際のところ、増税前よりもお得に買い物できるというお得技があったりします。

増税後もしっかりお得を勝ち取っていきましょう。(執筆者:久貝 将太)