10月1日から、幼保無償化が開始されました。

今まで家計を圧迫していた保育料が減ったことで、生活に余裕が出た方も多いのではないでしょうか。

幼保無償化で浮いたお金、どのように使うか決めていますか?

今回は、無償化対象の娘を持つ筆者が、幼保無償化で浮いたお金の賢い使い道についてご紹介いたします。

幼保無償化でいくらお金が浮く?

幼保無償化特設サイト

≪画像元:内閣府

幼保無償化でいくらお金が浮くのかは、保育料がそれぞれ異なるため世帯によって違います。

また、第1子、第2子、第3子によっても変わってきますので、必ずいくらお金が浮くとは言えません。

認可保育園・認定こども園の場合は保育料に関わらず無料に

認可保育園・認定こども園の場合は、保育料が収入によって異なります。

しかし所得制限はないため、保育料が低い人から高い人まで全員無料となります。

現在、月額で支払っている保育料が無料になることを考えると、無償化によって浮くお金がかなり大きいです。

幼稚園は上限2万5,700円まで無料に

幼稚園の場合は、保育料が園によって異なります。

補助金は月額2万5,700円と上限があり、この金額までは無料です。

ちなみに、1か月の保育料が2万5,700円に満たない場合は、差額を入園料として充ててもらえます

入園金の無償化分はいくらになるのか計算してみました

筆者の娘が通っている幼稚園は、月額の保育料が2万4,000円のため、入園料の補助も受けられるようです。

筆者の保育料を例として、入園金がいくら浮くのかを計算してみました。

・入園料7万円を12か月で割ります。

7万円 ÷ 12か月 = 5,833円

・無償化となる入園料を計算します。

2万5,700円 – 2万4,000円 = 1,700円

・令和元年度は10月~3月までの6か月間無償化となるので、

月1,700円 × 6か月 = 合計1万200円

の入園料が無料になります。

来年度から入園する子どもたちは、12か月の計算となるので、浮くお金はさらに多いです。

ちなみに、入園料の無償化分は、入園初年度の年度末に振り込みで還付されます

自治体によって還付方法は異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

幼保無償化で浮いたお金の賢い使い道

浮いたお金の使い道を考える夫婦

幼保無償化のいまが貯めどき!

幼保無償化によって浮くお金は世帯によってことなりますが、第1子の場合、少なくとも2~3万円ほど浮く家庭がほとんどでしょう。

年間に計算すると、24~36万円とかなり大きな金額となります

今まで幼稚園・保育園に通っている時期は、子どもの数だけ保育料がかかるため、お金がかかる時期とされていました

しかし、幼保無償化によって保育料が大幅に浮くようになり、貯金を増やせる時期に切り替わったのです

「棚からぼたもち」と考えて、幼保無償化で浮いたお金はできるだけ手をつけず、貯金に回すのが賢明と言えます。

教育資金として今から貯めておけば、中学・高校とお金がかかる時期に備えらえるメリットもあるのです。

子どもの習い事代にあてる

保育料がかさんで、習い事をさせてあげたいけれど余裕がないというご家庭も少なくないでしょう。

習い事にもよりますが、月謝は3,000円~1万円と決して安い金額ではありません。

子どもが多ければ、習い事代は何倍もかかります。

であれば、幼保無償化で保育料が浮いたお金を使って習い事を始めさせてあげるのもおすすめです。

習い事は、1つのことを続けて行う習慣と集中力、そして失敗してもまた頑張る向上心など、心身の発育に良い影響を与えてくれます。

浮いたお金は計画的に利用しよう

幼保無償化が始まってすぐは、お金が浮いたことがうれしくて、つい旅行や外食をしてしまいたくなるものです。

しかし、月2~3万円の支出が減る機会はなかなかありません

今が貯金を増やせるチャンスということを念頭に置き、将来の教育資金にしっかりと備えましょう。(執筆者:三木 千奈)