【セブン銀行ATM】口座連携なしで決済サービスにチャージ可能 Pringと併用なら出金手数料ゼロのメリットも

みなさんは「セブン銀行ATM」が、他の銀行ATMよりも魅力的な点があるのをご存じでしょうか?

セブン銀行ATMは、セブンイレブンのコンビニだけでなく、スーパーやショッピングモールにも設置されており、現在では全国に約2万5千台あるといわれています。

今回は、セブン銀行ATMのオススメの使い方や、そのメリットについてご紹介したいと思います。

数字を持つ女性

セブン銀行ATMでチャージできる決済サービス

セブン銀行ATMでチャージできる決済サービスは、以下のとおりです。

【スマホ決済】
・ PayPay
・ LINE Pay
・ d払い
・ au Pay
・ Pring

【プリペイドカード】
・ Kyash
・ VANDLE CARDなど

【電子マネー】
・ nanaco
・ 楽天Edy
・ 交通系電子マネー(SUICA・PASUMO・NIMOCAなど)

口座連携なしでチャージできる安心感

スマホ決済にどうしても必要になるのが、口座連携やクレジットカード連携です。

しかし中には、セブンPayなどの不祥事などもあって、セキュリティーに関して不安を感じている人も多いでしょう。

そんな不安がどうしても払拭できない人に利用してほしいのが、セブン銀行ATMのチャージ機能です。

スマホ決済サービスに自分の口座やクレジットカードを連携させずとも、セブン銀行ATM経由でチャージできるので、個人情報の流出などの心配がないのです。

また、スマホ決済のボタン1つでチャージできる機能のせいで「つい使いすぎてしまう!」というユーザーにもおすすめです。

Pringを使えば手数料無料で出金可能

セブン銀行で出金できるのは、「d払い」と「Pring(プリン)」の2つ。

今回ご紹介するのは「Pring」の出金方法です。

セブン銀行ATMを経由して出金することで、手数料が無料になる神サービスです。

Pringを使えば手数料無料で出金可能

≪画像元:Pring

「Pring」とは?

そもそも「Pring」とは、

「お金を送る」
「お金をもらう」
「お店で払う」

の3つができる送金アプリです。

使用方法がすごくシンプルな上に、口座と紐付けすることでお金の出し入れがスムーズにできることが特徴です。

Pringの具体的なメリットとしては、

・ 1円単位で送金できる
・ 銀行口座へ戻す時の手数料が無料
・ メッセージ付で送金できる

といった点があります。

友達どうしの送金など、気軽に行えるのがかなり魅力的で、使い慣れてしまうと手放せなくなるかもしれません。

【Pring→セブン銀行ATM】出金の4ステップ

1. Pringに銀行口座を連携
2. 登録した銀行口座から、希望額をPringにチャージ
3. Pringにチャージしたお金をセブン銀行ATMで出金申請
4. すぐに現金出金完了

Pringとセブン銀行ATMのタッグなら、 急に現金が必要になった時や手元にキャッシュカードがないときでも手数料無料で出金可能です。

ただし、利用にあたっては、以下の注意点も覚えておきましょう。

・ 手数料が無料になるのは1日1回(24時間)。2回目以降は220円がかかる
・ 出金可能金額は1,000円から

現金入り用の際にはセブン銀行ATMがお得

キャッシュレスの普及によって、お金の価値観も変わってきました。

とはいえ、まだまだ現金が必要なタイミングはあります。

現金が必要な時は、セブン銀行ATMを使いこなして更なるお得を勝ち取りましょう!(執筆者:久貝 将太)

この記事を書いた人

久貝 将太 久貝 将太(くがいしょうた)»筆者の記事一覧 (21)

1993年生まれ。ID決済や、コード支払い、キャッシュレス、金融の分野に特化した記事を書いています。LINEポイントを1ヶ月でP18,000(18,000円相当)稼ぐ事に成功し、「ポイントって稼げるんだ!」と実感。ここ半年のコンビニ支払いは、貯めたポイントで決済しています。ポイントを稼ぐノウハウやお得情報は常にアップデートしております!!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう