「ビッグ・エー」のビックなおにぎり(1個106円)5選 満足度もビックでえぇぇ~!

ビッグ・エー」は食料品や日用品まで、さまざまな生活用品を低価格で購入できます。

プライベートブランドの商品が多く、相場より安い商品がたくさんあることが魅力のお店です。

そんな「ビッグ・エー」は、お弁当コーナーも充実しています。

なかでもとくにおすすめなのが、1個106円で買えるボリューム満点の「大きなおむすび」です。

今回は、大きなおむすびの魅力と、おすすめ5種をご紹介いたします。

「ビッグ・エー」の大きなおむすび

「ビッグ・エー」の「大きなおむすび」ここがスゴイ!

・ 1個税込み106円と手頃な価格
・ ごはんは160gとボリュームたっぷり
・ 種類が豊富
・ しっとり海苔がおいしい

「ビッグ・エー」のおにぎりは、どれも1個106円で購入できる手頃な価格が人気です。

さらに、具を除いたごはんだけの重量は、なんと160gもあります。

コンビニで売っているおにぎりは100~110gぐらいのものが多いので、ボリューム感は圧倒的です。

安いのにおなかいっぱいになれるので、節約中のランチにも助かります。

また、種類も豊富で、今回ご紹介する、鮭、唐揚マヨ、ツナマヨ、和の具材3種、よくばり3種以外に、梅おかかや天かすなどもあります。

「大きなおむすび」は、すべてしっとりタイプの海苔を使っていますが、風味がありおいしいです。

「ビッグ・エー」の106円「大きなおむすび」おすすめ5選

ツナマヨ(重量185g)

ツナマヨおにぎり老若男女問わず愛されています。

定番とあって売れ筋なのか、筆者が訪れた「ビッグ・エー」で、一番多く陳列されていました

ボリューム満点のツナマヨおにぎりが、たったの106円でおなかいっぱい食べられます。

写真だと少なめに見えますが、実際はツナマヨが先の方までぎっしり詰まっています。

少し和風な味付けで、マヨネーズのこってり感も十分です。

ツナマヨおにぎりはコンビニでも100円で売っているところが多いですが、「ビッグ・エー」のツナマヨおにぎりの重量は2倍弱あるので、ボリュームが全然違います

鮭(重量175g)

「鮭」はおにぎりの定番として外せません。

「ビッグ・エー」の大きな鮭おにぎりは、甘みがあり、塩気が控えめです。

鮭そのものの風味もしっかりあり、ごはんの塩気とちょうど良い塩梅です。

1個106円とは思えない、驚きのハイクオリティです。

160gのごはんに対して、十分な量の鮭が詰まっています。

かたまりではなく、ふわふわのフレーク状になっているので、最後のひとくちまで鮭とごはんを一緒に味わえます。

唐揚マヨ醤油(重量186g)

絶対においしくないわけがない、唐揚げとマヨネーズの組み合わせです。

ごはんとの相性も良く、子供から大人まで大満足の味です。

5種類のなかでは海苔が少々小さめではありますが、唐揚げにかなりボリュームがあります。

なかには大きな唐揚げが詰まっています。

マヨネーズのこってり感がたまりません。

今回紹介する5種類のなかでも重量が一番大きいので、食べ応えも十分あります

女性や子どもは、この唐揚げおにぎり1個でも十分おなかいっぱいになるので、お安くささっとランチを済ませたいときにおすすめです。

和の具材3種(重量177g)

他のコンビニではなかなか見たことがない、和の食材を具にしたおにぎりです。

梅、ちりめん山椒、高菜明太、3つのおかずが入っています

おなかはペコペコだけど、さっぱりしたおにぎりを食べたいという方におすすめです。

梅は酢っぱさがしっかり感じられ、ちりめん山椒は魚の味が味わえます。

高菜明太の辛みはピリっと効いているので、まったく異なる味を1つのおにぎりで食べられる満足感が十分です。

106円で3種類の具が楽しめるのは、かなりお得感があります

よくばり3種(180g)

「鮭も良いけれど、昆布も捨てがたい…」と、どのおにぎりにしようか迷ってしまうときもあるでしょう。

そんなときは、「よくばり3種おにぎり」がおすすめです。

鮭、昆布、明太子、3つの具が詰まっているので、1つのおにぎりで3つの味が楽しめます。

もちろん値段は1個106円、お得感は十分です。

鮭は、鮭おにぎりとは別のもので、フレーク状で少し塩気が効いています。

昆布の甘みと明太子のピリっとした辛さが絶妙にマッチしていておいしいです。

おにぎりの定番具材を106円で味わえるので、迷ったときはぜひお試しください

ボリューム感が魅力です

「ビッグ・エー」の大きなおむすびは、1個106円とは思えないボリューム感が魅力です。

具もごはんの量に合わせてたっぷり詰まっているので、最後まで飽きずに食べられます

お昼の節約ランチに、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。(執筆者:三木 千奈 )

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈(みき ちな)»筆者の記事一覧 (234)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう