「楽天SPU」最大ポイント還元16倍! わかりにくい「15」の達成条件を詳しく説明します。 

ポイントがザクザク貯まる

でおなじみの日本最大のネットモール「楽天市場」を利用されている方も多いです。

楽天市場の魅力といえば、なんといっても楽天ポイントです。

買い物した金額の数%がポイントで戻ってくるこの楽天ポイントですが、この倍率はさまざまなイベントやキャンペーンで上げられます。

中でも「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」は毎月条件を達成することで、常時還元ポイント倍率を最大16倍まで上げることができるお得なプログラムです。

ただ、このSPU、15種類も条件がある上に、達成条件が少しわかりにくいものもあり、完璧に理解している人は多くないでしょう。

そこで今回はこの楽天SPUについて解説します。

達成条件やプラスされる倍率について詳しく触れていますので、楽天市場でお得に買い物がしたい方はぜひ読んでください。

楽天SPUとは?

楽天SPUのページ

≪画像元:楽天

楽天市場でお買い物をすると、1ポイント1円として利用できる楽天スーパーポイントが還元され、貯まります。

この楽天スーパーポイントは通常買い物金額の1%、100円の買い物につき1ポイントしか貯まりませんが、キャンペーンやイベントによってこの倍率を上げることができます

その1つがSPU(スーパーポイントアッププログラム)です。

10万円の買い物で1万6,000円分ポイント還元

SPUとは、各楽天グループのサービスを利用するなどの条件を達成することで還元倍率が上がっていき、最高16倍(16%)もの還元が常に受けられるようになるサービスです。

ということはつまり、楽天市場での買い物が実質常に16%オフになるわけです。

ただし実際は後日ポイント還元なのでその場でオフになるわけではありません

楽天市場で頻繁に買い物している方にとって、16%は非常に大きいです。

年間10万円楽天市場で買い物をすると1万6,000円分ポイントが還元される計算になります。

ただ、このSPUの倍率を上げるためには、15種類の楽天グループのサービスを利用して、決められた条件をクリアしなくてはいけません

SPU倍率アップのための「15」の条件

15 のイメージ

SPUの倍率をアップさせる条件は以下の15種類です。

もちろんすべて達成しなくても達成した分、ポイント還元率はアップします。

1. 楽天カード(種類問わず)を使って楽天市場で買い物(+2%)

2. 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物(+2%)

3. 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし(+1%)

4. 楽天の保険に加入&楽天カードでお支払い(+1%)

5. 楽天でんきに加入(+0.5%)

6. 楽天証券で月1回500円以上のポイント投資(+1%)

7. 楽天モバイル契約(+2%)

8. 楽天トラベルを月1回5,000円以上利用(+1%)

9. 楽天市場アプリ利用(+0.5%)

10. 楽天ブックス月1回1,000円以上の買い物(+0.5%)

11. 楽天Koboで電子書籍を月1回1,000円以上購入(+0.5%)

12. 楽天Pashaでトクダネ対象商品の購入・申請で100ポイント以上獲得(+0.5%)

13. 楽天ファッションで月1回以上買い物をする(+0.5%)

14. 楽天TV/NBAもしくはパ・リーグspecial加入(+1%)

15. 楽天ビューティ月1回3,000円以上利用(+1%)

この条件をすべて達成すると、+15%のポイント還元が受けられます。

この15%に基本ポイントの+1%がつき、計16%分のポイントがつくようになります。

それぞれの条件を詳しく解説

これらの条件は、簡単に達成できるもの、料金がかかるもの、毎月達成しなくてはいけないものなど、さまざまです。

以下で個別に解説していきます。

1. 楽天カード(種類問わず)を使って楽天市場で買い物(+2%)

楽天カードのロゴ

≪画像元:楽天カード

楽天カードを発行し、そのカードを使って楽天市場で月に1回以上買い物をすると+2%です。

毎月達成する必要があります。

楽天カードは年会費0円、審査も比較的緩いクレジットカードです。

基本ポイントと合わせて常に楽天市場で3%還元が受けられるようになるため、楽天市場を頻繁に利用する方は作っておいて損はありません。

2. 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物(+2%)

楽天カードの上位である楽天ゴールドカード、またそのさらに上位の楽天プレミアムカードのどちらかを使用して楽天市場で買い物をすると+2%です。

こちらも毎月達成する必要があります。

さらに先ほどの「楽天カード(種類問わず)を使って楽天市場で買い物(+2%)」の条件も重複します。

したがって楽天ゴールドカード、もしくはプレミアムカード利用で+4%、基本ポイント+1%を入れて常時+5%になります。

楽天ゴールドカードの画像

≪画像:楽天カード

ただし、ゴールドカードは年会費2,200円、プレミアムカードは年会費1万1,000円がかかります

単純計算でゴールドカードなら楽天市場で年間11万円以上、プレミアムだと年間55万円以上買い物をしないとポイントで年会費のもとを取れません。

この金額までいかないユーザーや、ゴールド・プレミアムに付帯している空港のラウンジ利用権を使用しない方は、普通の楽天カードで十分です。

3. 楽天銀行の口座から楽天カード利用分を引き落とし(+1%)

楽天銀行を開設し、楽天カードの引き落とし口座に設定すると+1%です。

今お使いの口座が変わる以外、特にデメリットは無いので、設定できる方はぜひやっておきましょう。

4. 楽天の保険に加入&楽天カードでお支払い(+1%)

楽天の保険に加入し、その保険料の支払いを楽天カードにすることで+1%です。

契約中はずっと+1%です。

高い安いは別にしても、保険は毎月数千円もの料金がかかることなので、ポイントのために無理して加入する必要はありません

自分に必要な保険があれば検討しましょう。

5. 楽天でんきに加入(+0.5%)

楽天でんきのイメージ

≪画像元:楽天でんき

基本料金0円の楽天でんきと契約すると+0.5%です。

さらに電気料金200円ごとに1ポイントつきます。

シミュレーションしてみて、今お使いの電力会社よりも安くなるようであれば乗り換えを検討しましょう。

6. 楽天証券で月1回500円以上のポイント投資(+1%)

楽天証券で口座を開設し、ポイントと現金を組み合わせて投資するプランを設定し、月500円以上投資すると+1%です。

ポイントが使われていれば1ポイント+499円でも構いません。(1円+499ポイントでも可)

他の有料サービスと違い、支払いではなく投資ですので、元本割れのリスクはあるもののうまく運用すれば資産を積み立てしながら+1%にできます。

投資に興味のある方は楽天証券で口座を開設しましょう。

7. 楽天モバイル契約(+2%)

格安SIM、楽天モバイルと契約(月額1,480円~)すると+2%です。

契約中はずっと+2%になりますので、格安SIMに乗り換えを検討している楽天ユーザーは検討してみましょう。

8. 楽天トラベルを月1回5,000円以上利用(+1%)

楽天トラベルのロゴ

≪画像元:楽天トラベル

ホテルやツアー、レンタカーの予約ができる楽天トラベルで5,000円以上の予約をすると+1%です。

毎月達成する必要があります。

少しややこしいのですが、予約した月の買い物が還元ポイントアップ対象で、そのポイントが付与されるのは「実際に旅行に行った月の翌月」です。

タイムラグに注意しましょう。

9. 楽天市場アプリ利用(+0.5%)

WEBサイトからではなくスマホの楽天市場アプリを利用して買い物をすると+0.5%です。

毎月達成する必要があります。

1回買い物すればその月の条件は達成ですので、2回目以降はWEBサイトから購入してもOKです。

10. 楽天ブックス月1回1,000円以上の買い物(+0.5%)

楽天ブックスのロゴ

≪画像元:楽天ブックス

雑誌や書籍が購入できるサイト、楽天ブックスで1,000円以上買い物をすると+0.5%です。

毎月達成する必要がありますので、欲しい雑誌やコミックがあれば月1回は楽天ブックスで買い物をするといいでしょう。

11. 楽天Koboで電子書籍を月1回1,000円以上購入(+0.5%)

電子書籍ストア、楽天Koboで1,000円以上購入すると+0.5%です。

アップする還元率は0.5%なので無理して達成する必要はありませんが、すぐ読みたい本があればKoboで購入するといいでしょう。

12. 楽天Pashaでトクダネ対象商品の購入・申請で100ポイント以上獲得(+0.5%)

対象商品を購入し、レシートを送るだけで楽天ポイントがもらえるサイト、楽天Pashaを利用し、100ポイント以上獲得すると+0.5%です。

商品によっては1個で100ポイントになるものもあるので、達成はそう難しくありません。

日常生活の中にうまく組み込むと比較的簡単に毎月達成できます。

13. 楽天ファッションで月1回以上買い物をする(+0.5%)

楽天ファッションのサイト

≪画像元:楽天ファッション

ファッション専門サイト、楽天ファッションを利用すると+0.5%です。

毎月達成する必要がありますが、金額に制約はなく1回利用すればカウントされます。

14. 楽天TV/NBAもしくはパ・リーグspecial加入(+1%)

スポーツ、映画、ドラマとさまざまな番組が視聴できる動画視聴サービス「RAKUTEN TV」。

この楽天TVの「NBA RAKUTEN(月額990円~)」もしくは「パ・リーグspecial(月額税抜639円)」のどちらかに加入すると+1%です。

月額料金のかかるサービスなので+1%のために無理に加入する必要はないでしょう。

どちらかのスポーツに興味があれば加入しましょう。

15. 楽天ビューティ月1回3,000円以上利用(+1%)


≪画像元:楽天ビューティ

美容室・サロン・マッサージ店の予約ができるサイト、楽天ビューティで税込み3,000円以上の予約をし、来店して支払いを完了させると+1%です。

3,000円未満やキャンセル、予約の段階では+1%にならないので注意しましょう。

毎月達成する必要がありますが、美容室は比較的頻繁に利用するかと思いますので楽天ビューティ経由で予約しましょう。

自分にとってのお得度を確認のうえ上手に利用しよう

楽天のSPUは、各条件を達成することで、楽天市場の買い物の際還元されるポイント倍率がどんどんアップするシステムです。

SPUの達成条件は全部で15個あり、達成条件やポイント獲得時期がそれぞれ異なります。

個人によっては達成が難しい、もしくは達成することでお得にならないサービスもあります。

無理して16倍を達成しようとするのではなく、条件全てをきちんと理解した上で無理なく達成できそうなものを選ぶといいでしょう。(執筆者:菊池 貴弘)

この記事を書いた人

菊池 貴弘 菊池 貴弘(きくち たかひろ)»筆者の記事一覧 (1)

ブラック企業の会社員から、脱サラしフリーライターに。ライター業の傍ら、せどりや投資も行うマルチな事業主。記事は副業・投資・節約といったお金に関するジャンルがメインです。ややこしい、わかりにくい、でも絶対詳しくなりたい。そんなお金に関する情報をできる限りわかりやすく皆さんにお伝えします。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう