アウトレットモールでさらに得する買い物を 思い込みや雰囲気に飲まれない3つのポイント

東京都町田市にグランベリーパークがオープンし、アウトレットモール人気に再び火がついています。

最近のアウトレットモールは、服やバッグだけでなく、鍋や下着などの日常生活に欠かせないものも増え、老若男女が一日中楽しめる場所となっています。

今回は、お得なアウトレットモールで、さらに得する買い物をするためのポイントを3つ紹介しましょう。

アウトレットモールで得する

1. 「すべてがアウトレット価格」とは限らない

アウトレットモールに一歩足を踏み入れれば、有名メーカーや高級ブランドの店がずらりと並んでいます。

つい「ここにあるものはすべてお買い得」と思ってしまいますが、実はアウトレットモールにあるものがすべてアウトレット価格とは限りません

とくに店舗の面積が大きい場合、2階建て以上の場合は要注意です。

大きな店舗は、大部分が正規の値段で販売するスペースになっており、2階以上の限られたスペースでアウトレット商品を扱っていることがよくあります

逆に、小さな店内には「アウトレットの中のアウトレット」を置いているスペースがあります。

「アウトレットの中のアウトレット」は、最後の1点や難ありの商品で割引率が7~8割になっていることもあり、かなりお買い得です。

アウトレットモールで得する買い物の1つ目のポイントは、店内に入ったら売り場を分析することです。

「新製品売り場」

「定価販売売り場」

「アウトレット売り場」

「お買い得品売り場」

4つに分けてみると、買ってから「アウトレットモールで定価商品を買っちゃった」という失敗はなくなるでしょう。

2. 「2点以上でさらに10%引き」ならレジ周辺の小物を狙う

店内の張り紙をしっかりとチェックすることも大切

アウトレットモールの店内で「2点以上でさらに10%引き」という張り紙を目にすることがあります。

とはいっても、欲しい商品を2つ見つけることは意外と大変です。

「2点買えば安くなる」と思って無理に2点目を探してしまうと、つい「いらないもの」を買ってしまう可能性もあります。

「10%引きにならなくても、必要なものしか買わない」という考え方も無駄なお金を使わない「いい方法」です。

しかし、例え2点目の商品が100円であっても2点以上になれば10%引きになります。

例えば3,800円の洋服と100円のバンダナを買えば2点で10%引きです。

3,800円の洋服1点ならば3,800円の支払いですが、3,800円の洋服と100円のバンダナの2点を買えば10%引きで3,510円の支払いになります。

「2点以上でさらに割引」の店では、できるだけ安い2点目をプラスすることがポイントです。

そして、できるだけ安い2点目はレジ周辺にあります

洋服店ならばレジ周辺にバンダナやハンカチ、靴下が数百円であります。

雑貨店ならばレジ周辺に小さなピンやアクセサリーがカゴに入って売っているでしょう。

「なくてもいいけどあっても邪魔にならないもの」を2点目にプラスしてお得に買い物をしましょう

アウトレットモールで得する買い物の2つ目のポイントは、店内の張り紙をしっかりとチェックすることです。

「2点以上で割引」以外にも、スマホのクーポン配布や一定金額以上でノベルティグッズのプレゼントをしていることがあります

3. ランチ代は「再入園」で安く済ませる

アウトレットモールで得する買い物の3つ目のポイントは、ランチはアウトレットモールの外で食べることです。

アウトレットモールには、子どもが遊べる設備や映画館も併設されています。

お得な買い物をするために行ったはずが、気がついてみると高いランチ代や娯楽費に想定外の出費をしてしまう人も多いのではないでしょうか。

とくにランチ代の節約は難しいでしょう。

アウトレットモールには、なぜか話題の飲食店が多く、一般的なランチ代よりも高い価格設定の店が多いです。

しかも長蛇の列に並ばなくてはならず、お金も時間も無駄遣いしてしまうかもしれません

そんなときには「再入園」をしてランチ代を節約します。

アウトレットモールに一歩足を踏み入れると、まるでテーマパークに入ったような気持ちになり「ここから出るときは帰るとき」と思い込んでしまいます。

しかし、アウトレットモールはテーマパークとは違い、いくらでも再入園ができます

アウトレットモールから一歩出れば、そこには安い飲食店があります。

駅から近いアウトレットモールならば、駅ナカの飲食店を利用してもいいのです。

ときどき「アウトレットモールでランチ代を節約するためにお弁当を持って行く」という人がいますが、混み合っているベンチに座ってお弁当を食べることは意外と大変です。

さらにベンチは疲れている人が座ったり、数も少なく空いていないことが多いです。

ベンチは空いていないことの方が多い

雰囲気にのまれないで賢く買い物しよう

アウトレットモールから一時的に退出することは、ランチ代の節約以外にもメリットがあります

それは頭を冷静にできることです。

新しいアウトレットモールには、たくさんの大きな紙袋を持った人たちがたくさんいます。

長時間アウトレットモールの中にいると、その雰囲気にのまれてしまい、自分も「買わなきゃ損」という気持ちになってしまうのです。

ランチの時間にアウトレットモールの外に出て、頭を冷静にすることで「本当に買っていいもの」が判断できることもあります。

効率よくランチや買い物ができる工夫をしましょう。(執筆者:式部 順子)

この記事を書いた人

式部 順子 式部 順子(しきべ じゅんこ)»筆者の記事一覧 (136)

武蔵野美術大学卒。クリエイティブな発想で芸術エッセイや子育てアイデア、経験に基づいた就職転職記事まで幅広く執筆中の個性派フリーライター。身近にあるものを活用した節約術と時代の流れを読みながらの大胆な節約術を組み合わせながら日々節約を楽しんでいる。節約のモットーは「使うべきお金は使う!無駄な節約はしない!」ストレスフリーな節約術をメインに紹介。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう