iPhoneを使っていて、悩みの種が「ストレージの空き容量不足」です。

ストレージとは、スマホ内に音楽や写真、アプリなどを保存しておくための記憶領域を意味します。

「ストレージ容量不足」によって、OSやアプリのアップデートや画像の保存ができなくなることがあります。

特にiPhoneの場合には、Androidスマホと違ってSDカードで容量を増やせないため不便に感じるかもしれません。

この記事では、ストレージを1番圧迫する動画や画像を上手に保存・削除する方法を紹介します。

ストレージ不足で保存できない

有料の対処法

まずは、有料の方法から紹介します。

(1) iCloudにバックアップする

iCloudには、画像をオリジナルのまま保存できます。

さらに、「iPhoneストレージを最適化」を利用するとオリジナルをiCloudにアップロードし、圧縮した画像がiPhoneに残るので、容量を増加させることができます。

ただし、iCloudの月額料金が

50GB → 130円
200GB → 400円
2TB → 1,300円
※5GBまでは無料

かかります。

(2) iPhone対応USBメモリを利用する

最近利用していて便利なのが、iPhone対応USBメモリです。

iPhone、Androidスマホ、PCの3口対応の物もあり、32~256GBまで容量を増やせます

価格は、

32GB:1,806円(税込み)
256GB:2,580円(税込み)

です。

3口対応USBメモリ

≪画像元:Amazon

動画や音楽の保存再生が可能です。

コンパクトで場所を取りませんし、ネット接続環境になくても利用できるのが魅力です。

すぐに見たいデータをPCやAndroidスマホでもすぐに再生・確認ができるので使いやすいのが特徴です。

あらかじめUSBメモリ対応のアプリをダウンロードしておけば利用可能です。

USBメモリ対応のアプリ

無料の対処法

ストレージ容量を増やすのにお金を使いたくはないという方は、こちらの方法で対処してください。

(1) 「最近削除した項目」を確認 → 削除する

写真を削除するともう画像が消えたつもりになりますが、「最近削除した項目」の中に画像がまだ残っています

30日後に自動で削除されますが、その前に手動での削除が可能です。

削除した分の容量を確保できます。

最近削除した項目を消す

(2) クラウドサービスに画像を保存する

外部クラウドサービスに画像をアップロードして、iPhone内の画像を削除し容量を増加させる方法です。

今は無料で利用できるクラウドサービスがたくさんあります。

ネット接続環境であればどの端末やPCでも見ることができる点もメリットです。

Googleフォト

Googleフォト

≪画像元:Googleフォト

Line

1つのアルバムに対して1,000枚保存が可能です。

アルバムは無制限です。

ラインのサービス

≪画像元:Line

(3) PCに画像をバックアップする

USBケーブルでPCにiPhoneをつなぎ、画像をバックアップします

iTunesをあらかじめインストールしておきましょう。

PCにバックアップできた画像をiPhone内の画像を削除すると容量を増加させることができます

PCからiPhoneへ画像を戻すときにもiTunesを経由する必要があります。

iPad・iPadminiでも使える

これらのすべての方法はiPhoneだけではなく、iPad・iPadminiでも使えます。

ストレージ容量不足でお悩みの方は、ぜひお試しください。(執筆者:桜井 まき)