ストレス社会の現在

ストレスでうつ病になる

会社員の方は何らかのストレスを抱え、ストレスがたまることにより、うつ病を発症してしまう会社員も少なくありません。

うつ病は年齢に関わらず発症するため、仕事上休むことが難しい人でも発症する可能性があります。

うつ病になったら休むことが1番良いと思っていても、

「仕事を空けるわけにはいかない」
「経済的にも休めない」

と考えていませんか?

うつ病を発症しながら働いていると回復が遅くなるだけでなく、気持ち的にも落ちている時なので不幸なことにもなりかねません

就労できる状態ではないと割り切り、休職することが大切です。

うつ病で休職する場合

うつ病のためしばらく休みを取得するとなった場合、まずは有給休暇で対応をしますが、有給休暇にも限りがあり、すべて取得したら欠勤や休職での対応になります。

休職制度は、企業ごとに

・ 休職要件
・ 休職の期間
・ 復職事由
・ 復職

についての内容が異なります

また、必ず実施しなければならないわけではありません。

自分の会社の休職制度がどのようなものなのかをきちんと調べて、会社の担当者と密に連絡を取り合うと良いでしょう。

健康保険の傷病手当金とは?

うつ病で休職した場合、健康保険の傷病手当金は受給できるのでしょうか?

受給できれば、経済面では負担が軽減されます。

傷病手当金とはどのような給付なのか

傷病手当金とは、病気やケガなどで3日以上会社を休む場合に、3日間の待機期間の後、4日目から無給であれば支給される健康保険の給付金です。

傷病手当金は、以下の条件をすべて満たせば支給されます。

・ 業務外の病気やケガで療養中であること

・ 療養のため労務不能であること

・ 連続した4日以上の休暇であること

・ 休業した期間は給料の支払いがないこと

傷病手当金の受給金額、受給期間

傷病手当金は、条件を満たした場合に受給できます。

傷病手当金の受給額は、標準報酬月額を日額換算した額の3分の2です。

受給期間は、最大で1年6か月間です。

うつ病で傷病手当金が受給できるケース

医師の診断書が必要

うつ病が原因の休職であっても受給条件を満たした場合は、傷病手当金が支給されます。

ただし、傷病手当金の申請には、医師の診断書が必要です。

そして、医師の診断の結果、休業するような状態ではないと判断された場合は、傷病手当金の受給はできません

傷病手当金を受給中に退職をした場合

傷病手当金を受給中に復職は難しいと判断して退職した場合は、傷病手当金はそのまま受給できるのでしょうか?

退職後の傷病手当金については、以下の条件を満たせば続けて受給できます。

・ 被保険者の資格喪失をした日の前日(退職日)までに継続して1年以上の被保険者期があること。

・ 資格喪失時に傷病手当金を受けているか、または受ける条件を満たしていること。

ただし、受給期間は退職前の受給期間とあわせて最大で1年6か月間です。(執筆者:小島 章彦)