筆者は、青春18きっぷのシーズンが来ると無性に旅をしたくなります。

しかし、「青春18きっぷって何?」と疑問に思う方もいるでしょう。

簡単に言えば、5回分乗り放題の切符です。

今回は、青春18きっぷのお得な買い方・使い方・売り方を紹介しましょう。

そもそも「青春18きっぷ」って何?

青春18きっぷ

≪筆者撮影≫

「青春18きっぷ」とは、JRの普通列車・快速列車が乗り放題となる切符です

青春18きっぷという名前ですが、利用するのに年齢制限は一切ありません

1万2,050円で販売されており、1日乗り放題を5回分利用が可能です(1回あたり2,410円相当)

使う際は、駅員さんにハンコを押してもらい、降りる際には駅員さんに切符を見せて有人改札を通ります

1人で5日間乗り放題でも構いませんし、5人で1日乗り放題でも構いません

利用期間内であれば、連続5日間でなくても飛び石的に5日間利用してもOKと、使い勝手はかなり良いです。

ただし常に購入・利用が可能なわけではなく、以下のように発売期間・利用期間が決まっていますので、注意しましょう。

【春季】
発売期間:2月20日~3月31日
利用期間:3月1日~4月10日

【夏季】
発売期間:7月1日~8月31日
利用期間:7月20日~9月10日

【冬季】
発売期間:12月1日~12月31日
利用期間:12月10日~1月10日

以下では青春18きっぷで得をするべく、お得な買い方・使い方・売り方を紹介しましょう。

青春18きっぷをお得に購入する方法

JR各社のみどりの窓口で販売しています

≪画像元:JR東日本

青春18きっぷは、JR各社のみどりの窓口・一部券売機・旅行代理店などで販売されています。

普通に購入する場合は販売価格に違いがありませんので、支払い方法がお得になるカギです。

青春18きっぷの購入には各種クレジットカードが利用可能なため、還元率の高いクレジットカードを選ぶといいでしょう。

還元率の高いクレジットカードを使いましょう

≪画像元:ビューカード

おすすめは、SuicaチャージやJR東日本の乗車券などの購入でJREポイントが1.5%還元される「ビューカード」です。

4月10日までならイオンカードがおすすめです

≪画像元:イオン

キャンペーンを狙うなら、新規入会で2020年4月10日までのクレジット払いが最大15%還元される「イオンカードセレクト」もいいでしょう。

2020年春季の青春18きっぷに間に合います。

イオン利用者は持っておきたい:イオンカード(WAON一体型)

5回分使い切れない場合は金券ショップ・ネットオークションで買うのもあり

「青春18きっぷを買っても5回分使い切れない」

と感じている方は、金券ショップ・ネットオークションも検討してください

駅前に多く立地していて便利な金券ショップですが、青春18きっぷは人気商品であり、売り切れていることも少なくありません。

また、金券ショップでの販売価格は2,410円/回の定価よりも結構高いので、注意しましょう。

ネットオークションの場合は、金券ショップよりも1回あたりの販売価格が安い傾向があります

ただし発送も含めた取引に時間がかかるため、すぐに旅行したい人向きではありません

また、金券ショップ・ネットオークションのいずれにも言えるのが、「レンタル」と「買取」の2種類がある点で、特にレンタルは注意が必要です。

「レンタル」とは必要回数分を指定して購入できるサービスで、回数を余らせるリスクが少ないメリットがあります。

ただし、レンタルは買取と比較して1回あたりの販売価格が高いだけでなく、来店や郵送などで期日内に返却しなければなりません

青春18きっぷをお得に使う方法は?

次に、青春18きっぷをお得に使う方法を紹介しましょう。

青春18きっぷは1回あたり2,410円ですので、2,410円(往復ならば片道1,205円)以上で得をする計算です。

片道ならば東京~富士(静岡)、往復なら東京~二宮(神奈川)で元が取れます。

中には、普通だと1万3,000円以上かかる東京~小倉(福岡)を普通列車のみで行ったり、東京~大垣(岐阜)間を走る深夜快速に乗車したりする「ツワモノ」もいるようですが、体力に自信がないとできません。

青春18きっぷにはお金だけではないお得があるので、以下では金額以外のお得を中心に紹介しましょう。

交通系ICでは面倒な区間も青春18きっぷならば楽チン

交通系ICでは面倒な区間も簡単です

≪画像元:JR東日本建築設計

交通系ICでは面倒な区間も青春18きっぷならば楽に通過できます。

例えば、同じ静岡県内の熱海から沼津に行きたいとしても、熱海はJR東日本、沼津はJR東海の管轄と別会社です。

異なる会社の管轄の駅を行きたい場合はそのままICカードで通過できないため、一度降りて清算しなければなりません

ところが、青春18きっぷはJR各社で共通のため、一度改札を出なくても一気に行けるのです。

また、交通系ICが利用できないJRの路線ではICで下車ができないため、一度精算をする必要がありますが、こちらも青春18きっぷならば、全く問題ありません。

気になった場所へも途中下車し放題

途中下車し放題です

≪画像元:JR東日本

気になった場所があれば気軽に途中下車できるのも、青春18きっぷの醍醐味でしょう。

普通の切符は、途中下車をするとその先の区間が無効になりますが、青春18きっぷは途中下車し放題です

群馬県にある「モグラ駅」としても名高い土合駅なども、青春18きっぷのシーズンには途中下車する人が多いです。

SLにも乗れる

追加料金を払えばSLにも乗車可能です

≪画像元:JR東日本

追加料金を支払えば、青春18きっぷでSLにも乗車可能です。

群馬県を走る「SLぐんまみなかみ」は、520円の指定席料金を支払って高崎~水上間を運行しています。

ノスタルジックな雰囲気に浸れお子さんにも人気ですが、運行日が限られているので注意が必要です。

電車以外の乗物に乗ろう

基本的には列車にしか乗れない青春18きっぷですが、例外的に列車以外の乗物に乗れます。

例外的にフェリーに乗ることもできます

広島県の本土側にある宮島口と厳島神社のある宮島を結ぶ「JR西日本宮島フェリー」は、青春18きっぷで乗ることができます

片道180円と安いですが、切符を買う手間がないのがいいです

切符を買う手間がはぶけます

≪画像元:JR東日本

宮城県の気仙沼線は、東日本大震災からの復旧途上であり、仮復旧という形でバスによる高速輸送システム(BRT)を運行しています

こちらも青春18きっぷで乗車できますので、被災地を応援する意味でも乗ってみてはいかがでしょうか。

JRホテルグループで割引を受けられる

駅直結のJRホテルの室料も安くなります

意外に知られていませんが、JRホテルグループに宿泊の際に青春18きっぷを提示すると、割引料金(基本室料の10%オフ程度)で宿泊できます

JRホテルグループは、何といっても駅直結または最寄りにありますので、利便性は抜群です。

青春18きっぷをお得に売る方法

青春18きっぷを買ったものの使いきれない場合は、賢く売りましょう

ここでは、青春18きっぷをお得に売る方法を紹介します。

残り回数が少ないほど高単価

「残り回数が多いほど高く売れる」と一般的には考えてしまいますが、青春18きっぷに関しては逆です。

例えば、残り回数が4回のきっぷより、残り回数が1回のきっぷの方が単価は高くなります。

利用者は1~2回分だけ使いたいという人がほとんどですので、残り回数が少ないきっぷはまさにそのニーズに合致します。

買う際と同様、ネットオークションや金券ショップでも青春18きっぷを売れますが、残り回数が3回以上の場合、買取すらしてくれない金券ショップも多いので注意しましょう。

一般的に、ネットオークションで売る方が金券ショップより高単価です。

ネットオークションならば「レンタル」も視野に

ネットオークションで青春18きっぷを出品者として売る際は、買う際と同様に「レンタル」と「買取」の2種類を選択できます。

より高単価が狙えるのは「レンタル」のほうで、金券ショップでは買取してくれない残り回数の多いきっぷも、1回ずつレンタルしていけば売り切り可能です。

ただし、ネットオークションでレンタルを希望する際には、きっぷそのものやメッセージのやり取りに細心の注意を払いましょう

レンタルの場合は

・ 何回分レンタルするか
・ いつまでに使いたいか
・ いつまでにきっぷを返却してくれるか
・ 往復の送料はどちらの負担か

しっかりと決めておかないと、後々トラブルになるからです。

郵送でのやり取りは時間がかかる傾向にありますので、郵送に要する期間も考慮に入れて期間設定をしてください。

青春18きっぷの注意点

最後に、青春18きっぷの注意点をいくつか紹介しましょう。

青春18きっぷの注意点

乗れるのは基本的にJRの普通列車・快速列車のみ

青春18きっぷで乗れるのは、JRの普通列車・快速列車で、他社の列車には基本的に乗れません

また、JRの列車でも特急・新幹線には基本的に乗れませんので、注意しましょう。

自動改札を利用できない

青春18きっぷは自動改札機に対応していないので、青春18きっぷは有人改札を通る必要があります

シーズンには有人改札が混雑しますので、余裕を持って行動しましょう。

グループ利用の場合は同一行程が原則

1枚の青春18きっぷを複数人で使用する場合、グループは同一行程を利用する必要があります

例えば、3人のうち2人が改札外に出て、1人が改札内にとどまるということはできず、3人は必ず同じ工程をとらなければなりません。

途中から合流するという場合も同様です。

小学生が利用する場合も同額

小学生が列車を利用する場合は大人の半額で利用できますが、青春18きっぷは小学生でも同額です。

「小学生2人だから青春18きっぷは大人1人分」ということはありません。

1回あたり2,410円の青春18きっぷを小学生が利用する際は、4,820円以上利用しないと損になりますので、普通に子供料金で乗車することも検討してください

どうお得になるかは利用者次第

青春18きっぷは、1万2,050円で対象期間中に5回分乗り放題という夢のようなきっぷです。

コスト面では非常に優れているきっぷなだけに、新幹線に乗れない、自動改札を使えないなどの制限はありますが、それを差し引いてもお得になります

ただし、何を「お得」とするかは人によって異なり、

・ とにかく金銭面で得をしたい
・ 列車以外にも乗りたい
・ 気の向くままに旅をしたい

などさまざまです。

青春18きっぷをお得に買って、使って、使いきれなかったら売って、有意義な旅をしてください。(執筆者:角野 達仁)