どうしても借金が減らない「悪魔の法則」があります。

それは借金の利息を「借りるための手数料」と考えてしまうことです。

たとえば借金が100万円あり、毎月の支払いで利息が1万5,000円、元本が同額の1万5,000円とします

返済すれば、元本が1万5,000円減りますので、再び同額を借りることができます

そのためには「1万5,000円の利息を払っても惜しくない」、そう考えてしまうと借金は全く減りません。

つまり、利息を借金の手数料と考えてしまいます

多重債務者に共通して見られる思考ですが、そう考えると借金は全く減りません。

なぜなら、借金を完済しようという気持ちが全くないからです。

借金が減らない 悪魔の法則

利息は借金の利用料と考えていました

実際、私も同じように考えていました。

定額リボ払いでキャッシングやカードローンを利用していたので、大幅に返済額が増えることはありませんでした

しかし気付けば借金100万、150万と増え、最終的には200万を超えました。

その段階でも、「利息は借り入れの利用料」と思っていました。

つまり、返済して「借入枠」が空けば、すぐにマックスまで借入れていました

そのための利用料が返済金額と思っていたわけです。

元本が1円も減らないのは危険信号です

もしあなたも同じように考えているとすれば、すでに危険な領域と言えるでしょう。

消費者金融などの借入れ先によっては、最低金額の利息分さえ返済すればOKなことがあります

借金100万で毎月の利息分が1万5,000円、元本を減らすために3万円の返済が必要だったとしても、

「今月も借金利用料として1万5,000円払えばいいや」

と思うと危険信号、ということです。

その1万5,000円は、利息だけで消えていきます

毎月毎月1万5,000円を支払っても元本は1円も減らないということです。

元本は1円も減らないということがあります

冷静に今の自分を見つめ直しましょう

「いつか大金が入ったら一括返済できるし」と思っても、現実は厳しいです。

利息だけが膨らみ続ける可能性が高いでしょう。

そのような悪魔の法則から抜け出すには、冷静に今の自分を見つめ直すことです。

多重債務の自分、リボ払いの自分、借金の利息しか返せない自分を認識することで、危機感が芽生えるのではないでしょうか。

たとえ利息しか返せない月があっても、それを続けていれば借金は完済できません。

借金を返済するには、利息以上の返済金額を設定するのは、当然のことです。

今月は仕方ないかもしれませんが、来月からは、最低返済額よりも多い金額の返済を考えてください

そのような思考を習慣にできれば、借金は確実に減っていきます。

ぜひ実践してください。(執筆者:金村 甚吾)