旅行が好きな方にとって非常に魅力的なのが航空会社のマイルですよね。

主に飛行機に乗ることで貯まり、貯まったマイルは特典航空券(チケット)に交換できます。

つまりマイルを貯めるとタダで飛行機に乗ることができます。

飛行機に乗らない方でも、クレジットカードやポイントサイトなどを利用してマイルを貯める「陸マイラー」もたくさんいます。

しかし、「マイルをたくさん貯める方法」は、結構、面倒なものが多いのが実状です。

買い物先によってクレジットカードを使い分けたり、ポイントサイトのポイントを2~3回ほど別のポイントに交換して最終的にマイルに交換したりするなど手がかかります。

そうした作業が好きな方も多いようですが、一方で「そんなチマチマしたのは面倒」という方も多いと思います。

実は、何を隠そう私もその1人です。

そのような方には面倒無しで簡単にANAマイルが貯まる「ANAアメックス」がおすすめです。

シンプルにマイルを貯められるので、「シンプルに分かりやすくマイルを貯めたい」という方にぴったりのクレジットカードです。

「ANAアメックス」とは

「ANAアメックス」は、正式名称を「ANAアメリカン・エキスプレス®・カード」と言います。

アメリカン・エキスプレス(通称アメックス)とANAが提携して発行しているカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス®・カード

年会費は7,700円、さらに貯めたポイントをマイルに換えるために年会費6,600円のマイル移行コースに加入する必要があります。

合計で年会費1万4,300円と、年会費無料のクレジットカードに比べるとやや高く感じますが、しっかりマイルを貯めれば元は十分に元はとれます

この「ANAアメックス」のポイント付与は次の通りです。

通常:
100円の買い物につき1ポイント(還元率1%)

ANAグループの航空券やツアーを申し込む:
通常のポイント + 200円につき1ポイントのボーナス加算(還元率1.5%)

貯まったポイントは、1ポイント1マイルに交換できます(マイル移行コース加入時)

しかも、

ポイントからマイルに交換する際のレートは1ポイントで1マイル、つまり100%

です。

他のポイントの中には、2,000ポイントで1,000マイル、1,250ポイントで1,000マイル、というようにマイルに交換するとレートが下がってしまうものもあります

しかし、「ANAアメックス」はしっかりと1ポイント1マイルで交換できるのです。

このように、「ANAアメックス」のマイルを貯める手順は、

1. アメックスを使う

2. 貯まったポイントをマイルに換える

と極めてシンプルです。

分かりやすいですね。

日常の買い物や固定費の支払いに「ANAアメックス」を使用するだけで、マイルに換えられるポイントがどんどんと貯まっていきます

日常の買い物や固定費の支払額というのは年間で100万円にも200万円にもなります。

仮に年間200万円をこの「ANAアメックス」で支払った場合、単純計算で年間2万マイル貯まるのです。

旅行好きにとってマイルは非常にお得

「年会費1万4,300円も払って2万マイルってちょっと少なくない?」

と思った方もいると思います。

確かにマイルを電子マネーのように1マイル1円で買い物か何かに使ってしまえば大したお得感は得られません

しかしながら、マイルの真価は「特典航空券」との交換で発揮されます

特典航空券」とは、貯まったマイルとの交換で得られる飛行機の無料チケットのことです。

貯まったマイルの量に応じて国内線、国際線のチケットに交換できます。

ANA羽田・沖縄間航空運賃

≪画像元:ANA・ANAセールス≫

例えば、レギュラーシーズンの東京 – 沖縄間の運賃は、通常で往復4万6,610円かかります。

ANA必要マイルチャート

≪画像元:ANA・ANAセールス≫

ところが、マイルで「特典航空券」に引き換えると、片道9,000マイル、往復1万8,000マイルで行けるのです。

1万8,000マイルが4万6,000円分の価値を持つ

計算になります。

この場合、1マイルは1円ではなく、2.5円もの価値があるわけです。

このように、国内線でも1マイルは2円以上の価値を持ちますが、国際線など距離が遠くなればさらに価値が高くなります。

行く国によっては1マイル10円以上の価値になることも珍しくありません。

旅行が好き、特に海外旅行が好きな方にとっては、年間1万4,300円払ってでも「ANAアメックス」でマイルを貯める価値は十分にあるのです。

「ANAアメックス」の注意点

シンプルに使うだけでマイルが貯まる便利な「ANAアメックス」には、いくつかの注意点もあります。

年会費が高い

先述の通り、アメックスは楽天カードなどの年会費無料のクレジットカードに比べると年会費の高いカードです。

カードの年会費:
7,700円

マイル移行コースへの登録:
年間6,600円

合計:年間1万4,300円

かかります。

元を取るためには年間ある程度の額を決済してマイルを貯め、ある程度の距離の旅行に行かなくてはなりません

今回解説した例でいうと、年間200万円ほど「ANAアメックス」で決済して2万マイル獲得し、その2万マイルで東京から沖縄に行った場合、現金よりも2万8,000円ほどお得に行けるので、1万4,300円の年会費のもとは十分に取れますね。

しかしながら、年間100万円ほどの決済で1万マイルしか得られなかった場合にはあまりお得になりません

ローシーズンの東京 – 大阪間で往復1万マイル、現金の場合2万4,000円ほどの距離です。

ここから1万4,300円の年会費を差し引くと9,700円ほど得した計算にはなりますが、何とも微妙な数字です。

この程度であれば、他のカード使った方がはるかによいかもしれません。

年間200万円以上決済してマイルを貯め、海外旅行に行くのであれば「ANAアメックス」は断然おすすめです。

反対にそれ以下だと「断然おすすめ」とまでは言えなくなります。

年間200万円以上の決済、この辺りが「ANAアメックス」を使うかどうかのラインと言えるでしょう。

アメックスの審査がやや厳しい

アメックスは、楽天カードやイオンカードなどのいわゆる「流通系」と呼ばれるクレジットカードと比べると審査がやや厳しく、以下の条件を満たしていないと審査には通りにくいと一般的には言われています。

・ 定職に就いている(個人事業主はやや厳しい)

・ 勤続年数3年以上

・ 年収300万以上

もちろんこの条件を満たしていなくても審査を通過できるケースはありますし、満たしていても通過しないケースもあります。

正確なところはアメックスにしか分かりません。

いずれにしても流通系クレジットの審査に比べると間違いなく審査は厳しいのです。

貯まるのはANAマイルおよび提携航空会社だけ

「ANAアメックス」ですから、このカードで貯まるのは主にANAマイルに交換できるポイントです。

JALなどのマイルには交換できません

ANAと提携している海外の一部の航空会社のマイルとは交換できますが、1,250ポイントで1,000マイルと交換レートが若干落ちます。

提携航空パートナー一覧

ANAマイル以外を貯めたい方は他の方法で貯めましょう。

面倒無しでシンプルにマイルを貯めたいなら「ANAアメックス」

「ANAアメックス」は、ANAマイルに交換可能なポイントが貯まるクレジットカードです。

日常の主な決済をこのカードに変えるだけで、年間数万マイル分のポイントを貯めることが可能です。

貯め方がとてもシンプルなので、カードを使い分けたり、ポイントや交換レートを気にしながらコツコツマイルを貯めるのが苦手な方は、この「ANAアメックス」を使いましょう。

初めてマイルを貯める方にもおすすめのクレジットカードです。

慣れてきたら最大限効率よくマイルを貯められる他の方法をいろいろ探してみてもよいと思います。(執筆者:菊池 貴弘)