「プレミアム付商品券」は2019年10月に実施された消費税増税に伴い発行されました。

住民税非課税世帯と、2016年4月2日~2019年9月30日生まれの乳幼児がいる子育て世帯を対象に購入できるもので、25%割増の買い物ができるお得なものです。

そんなプレミアム付商品券の期限も、いよいよ目前へと迫ってきました。

増税と同時に始まった「キャッシュレス化」によるポイント還元などもあり、まだプレミアム付商品券を使い切っていない人もいるかと思います。

筆者も、そのうちの1人です。

プレミアム付商品券は、確実にお得なものなので、購入対象者であれば使わないともったいないです。

そこで今回は、ムダ遣いをしない、有効なプレミアム付商品券の使い切り方法についてご紹介いたします。

内閣府プレミアム付商品券

≪画像元:内閣府≫

プレミアム付商品券の期限はいつまで

プレミアム付商品券の期限は、自治体によって定める期間が異なる場合もあります。

2019年10月1日~2020年3月31日までの6か月間を使用期限として定めているところがほとんどです。

ただし、商品券の購入期限は、2020年の2月28日までとする自治体もあります

実際に、筆者の居住地域では、使用期間は3月31日まであるものの、販売期間は2月28日までの5か月間でした。

販売期間と使用期間については、各自治体のHPから確認しておくようにしましょう

期限を過ぎても払い戻しはできない

プレミアム付商品券は、使用期限を1日でも過ぎると利用できなくなります

払い戻しもできないため、使用期限を過ぎたプレミアム付商品券はただの紙きれ同然になってしまいます。

何に使おうか迷うのもわかりますが、使い切らないことが1番もったいないので、今年の3月31日までに必ず利用しましょう。

おすすめの使い切り方法

子どものおむつ、おしりふきなど確実に消費するものを購入する

子育て世帯の方は、子どものおむつやおしりふきなど、すぐには使わなくても確実に消費するものを購入するのも、賢い使い方です。

とくにおむつは、1か月に何パックも消費しますし、1パックあたり1,000円以上と出費もかさむので、ぜひプレミアム付商品券で利用しましょう。

確実に消費するものを購入しましょう

1か月分の食費にあてる

自治体にもよりますが、プレミアム付商品券が使えるお店のなかには、スーパーやドラッグストアもたくさんあります

筆者はプレミアム付商品券の購入可能額が「2万5,000円分(2万円の支払い)」だったため、まるまる2月分の食費にあてることにしました。

購入可能額の上限がもっと高い方は、日用品や子どもにかかるおむつ、ミルク代などにもあてて、「1か月分の生活費」にすれば、使い道に迷いませんし、ムダ買いにもなりません

入学・通園グッズを購入する

2月に入り、幼稚園や保育園への入学準備を始めるご家庭も多いかと思います。

入園グッズは、園で購入する指定用品のほか、自分で購入しなければならないものも多いです。

幼稚園の場合は、おはしセット、ランチョンマット、コップ袋、体操着袋、コップ、上靴などです。

保育園の場合でも、洗い換え用の衣服が大量に必要です。

また、通園にともない、子ども乗せ自転車の購入を検討している方もいるでしょう。

こういった入園、通学に必要なアイテムをプレミアム付商品券で購入するのもおすすめです。

プレミアム付商品券は使用可能店舗であれば何を購入してもいいので、兄弟がいる方は、ランドセルなど兄弟の必要なもの購入費用の足しにしても良いでしょう。

無駄にせずお得に使いきろう

プレミアム付商品券は、購入・使用期限が決まっています。

お釣りもでないので、使い方や期限には注意が必要です。

しかし、期限が差し迫った今の時期だからこそ、有効な使い道で使いきりましょう。(執筆者:三木 千奈)