JR東日本の交通系IC「Suica」、Suicaのモバイル版ともいえる「モバイルSuica」、使っている人も多いのではないでしょうか。

全国の多くの交通機関に乗れるだけでなく、電子マネーとしてショッピングもできる頼もしい存在です。

モバイルスイカ

≪画像元:JR東日本

2020年春、そんなSuicaは大きく変わります

この記事では、Suicaの変更点を紹介することで、利用者の方にスムーズな手続きをしてもらい、より便利にお得になってもらおうと思っています

【2月25日または12月22日】一部機種におけるモバイルSuicaサービスが終了


≪画像元:NTTドコモ

早ければ2020年2月25日にも、フィーチャーフォン(ガラケー)でモバイルSuicaを利用している人は、

・ クレカチャージ
・ オートチャージ
・ 定期券(新規購入・継続購入)
・ モバイルSuica特急券
・ ネット決済

など、ログインを伴うサービスが終了します。

ログインを伴わない

・ 電子マネーによる鉄道利用・買い物
・ Suicaチャージ専用機による現金チャージ
・ 定期券(有効期限までの利用)

などのサービスは、引き続き利用可能です

2020年12月22日にサービスの提供が終了するガラケーの機種もありますので、詳細についてはJR東日本のサイトをご覧ください。

特に、モバイルSuica定期券の利用者で年度末で有効期限が切れそうな人は、有効期限まで利用はできますが継続の購入ができません

カードタイプの定期券に変更するか、スマホにして移行手続きしましょう

一部スマホでも12月22日にログインを伴うサービスが終了


≪画像元:NTTドコモ

「ガラケーじゃないから安心」と思っている方も、油断はできません。

一部スマホでも、2020年12月22日にログインを伴うサービスが終了しますので、詳細をJR東日本のサイトで確認してください

また、基本ソフトのバージョンがAndroid4.4以下のスマホは、2021年2月をもってサービスの提供が終了する予定です。

【2月26日~】モバイルSuicaの年会費が無料に

2020年2月26日以降、モバイルSuicaの年会費は完全に無料です

現在のモバイルSuicaは、

・ Apple社製端末を利用の場合

・ 登録クレジットカードを「ビューカード」に設定の場合

に限って年会費無料としており、Apple社製以外の端末を利用していてビューカードを登録していない人は、1,030円(税込)の年会費が発生する状況です。

2月26日以降は、Apple社製以外の端末を利用していてビューカードを登録していない人も、モバイルSuicaの年会費が無料です。

しかし、2月25日までに支払った年会費は返金されませんので、注意しましょう。

(年会費相当のJRE POINT還元はあり)

【2019年度末】モバイルSuica特急券のサービスが終了


≪画像元:JR東日本

「モバイルSuica特急券」は窓口・券売機で新幹線の切符を発行することなく、スマホなどから購入した切符をスマホでタッチ&ゴーできます。

このサービスが2019年度末に終了します。


≪画像元:JR東日本

2020年3月14日、モバイルSuica特急券を一歩進めたサービス「新幹線eチケットサービス」が始まります。

JR東日本・JR西日本のインターネット予約サービスから予約すると、タッチ&ゴーで新幹線の改札を通れるというものです。

【2020年春予定】「楽天ペイ」アプリからSuicaが発行可能に


≪画像元:楽天株式会社

2020年春、「楽天ペイ」アプリからSuicaが発行可能となる予定となるだけでなく、楽天ペイアプリに登録のクレジットカードからSuicaにチャージ可能となります。

クレジットチャージ分もポイント還元の対象となる予定ですが、チャージ可能なクレカは、楽天カード(Visa・Mastercard・JCB)のみで、楽天カードでもアメックスブランドは対象となっていません

また、当初はAndroid端末でのみでの利用が予定されており、定期券・Suicaグリーン券を購入する際には、モバイルSuicaアプリの利用が別途必要です。

AndroidスマホでのモバイルSuicaが優遇される傾向

今回紹介したSuicaに関連した大きな動きは、

・ ガラケーでのモバイルSuicaサービスが終了へ

・ モバイルSuicaの年会費が無料

・ モバイルSuica特急券のサービスが終了

・ 楽天アプリからSuicaが発行可能に

の4つです。

スマホ、特にAndroidスマホでのモバイルSuicaが優遇される傾向です。

ガラケーユーザーは間もなくモバイルSuicaを利用できなくなるので、カードタイプにするかスマホに引っ越しするといいでしょう。

しかし、Androidスマホならば何でもよいわけではなく、おサイフケータイ(FeliCa)に対応していなければSuicaを使えません

これを機にスマホの買い替えを検討している方は、おサイフケータイに対応しているかどうかも確認してください。(執筆者:角野 達仁)

お詫びと訂正(2月14日)
>しかし、2月25日までに支払った年会費は返金されませんので、注意しましょう。
の下に以下一文を追記。
(年会費相当のJRE POINT還元はあり)