外食はしない、お惣菜に頼らない、というのは食費節約の王道です。

それでも、「ご飯を作るのがたまらなくシンドイ」と思うことは誰にでもあります。

節約しながらもおいしいご飯を手早く簡単に作りたい、そうした欲張りな願望を満たしてくれるダイソーの調味料を紹介します。

1. マルちゃん「お鍋にポン」:6個入り(3人前)

マルちゃんお鍋にポン

寒い季節の鍋物は、お助けメニューの1つです。

何よりも冷えた体を温めてくれますし、わざわざ買い物にいかなくても、冷蔵庫に残った食材だけで1食賄うこともそう難しいことではありません

お鍋を作った様子

麺やご飯を追加して翌日にリメイクすれば、節約効果はさらにアップします。

そうは言っても同じ味が続くと飽きてしまいますから、いろいろな種類の鍋つゆは強力な助っ人です。

ダイソーでは、1パック2~3人用のストレートタイプのものが数種類販売されています。

使い勝手がよいのが「お鍋にポン」シリーズの固形調味料です。

1袋に6個入り3人用のキューブが入っており、溶かせば鍋物のだしになります

固形調味料の写真

使うシーンによって量を調節できるため、家族の夕飯以外でもママの1人昼ごはんに、帰りの遅いパパのために、お夜食にと多用できます。

今回試した「鶏白湯鍋つゆ」は、鶏だしをベースに香味野菜ととんこつだしの旨味を加えたスープなので、ラーメンにしてもおいしかったです

麺を入れてもおいしいです

ちなみに筆者はドラッグストア・アオキで1玉8円の中華麺を購入しました。

麺とスープだけで「1食44円」と激安です。

しかもこの鍋つゆは、赤いきつねやマルちゃん正麺でお馴染みの東洋水産株式会社から発売されています。

東洋水産の

公式ホームページ上では本体価格130円となっていますが、ダイソー価格はもちろん100円

です。

2. 伊賀越「たまごにかけるだし醤油」

 

たまごにかけるだし醤油

用途は、たまごにかけるだけではありません。

みりんや鯖節、鰹節、昆布などの旨味がたっぷり入っただし醤油ですので、炒め物や煮物、麺つゆのだしにも使えます

冷奴、お浸し、おすまし、お刺身などなど、かけるだけで味が決まるので、お腹を空かせた家族にすぐに対応できる時短アイテムになります。

普通のお醤油より多少薄く見えますが、味はしっかりしています

製造元は、明治6年創業三重県の老舗メーカー伊賀越でした。

200ml入って100円は、十分すぎるお得度です。

3. 新庄「塩麹」

塩麹

賞味期限の迫った特売品やお安い鶏むね肉は、節約に大きく貢献してくれますが、ぱさつきが気になることがあります。

こうした時のお助け調味料が、数年前大ブームになった塩麹です。

ダイソーには、創業90年を超える広島県の味噌屋さんの塩麹が販売されています。

特におすすめなのは鶏むね肉に使うことです。

お肉が柔らかくなるのはもちろん、そのもののうま味が引き出されます

塩麴につける

塗るだけでワンランクアップするので、ぜひお試しください。

塩味とうま味を活かして、ホームページにはサラダにキッシュに、マリネにとレシピが公開されています。

なお、楽天市場では、同社の「新庄スパウト塩麹」が200g 238円(税抜価格)で販売されています。

ついで買いができず送料がかかる時やクーポンが利用できない場合などに、ダイソーなら100g・100円で送料もかかりません。

4. エスビー「マジックソルト」

マジックソルト

炒め物に、揚げ物、サラダにパスタと下ごしらえから仕上げまでと我が家では大活躍しています。

うま味のある岩塩にハーブとトマトパウダーがミックスされているので、難しいレシピが思いつかなくても焼いてかけるだけで彩りもキレイに仕上がります

焼いてかけるだけ

ホームページには、多彩なレシピが紹介されています。

ダイソーでの購入をおすすめする理由

紹介したどの商品も、販売元が表示している公式価格より多少ではありますがダイソーの方が安く買えます。

初めて使う商品は好みに合わないと使わなくなるため、安く買っても無駄にしてしまうこともありますが、ダイソーの場合、多くの店舗でPayPayが使えますから、うまくいけばポイントだけで購入することが可能です。

100均調味料を忙しい毎日に上手に役立ててください。

価格は全て2020年1月現在の税抜価格です。(執筆者:吉田 りょう)