小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、ウェットティッシュは便利なアイテムです。

特に赤ちゃんがいらっしゃるご家庭では、おしりふきも欠かせないことでしょう。

そんな中、人気があるのは「コストコのおしりふき」です。

商品名はカークランドシグネチャー赤ちゃん用 おしりふき 900枚(Kirkland Signature BABY WIPE 900CT)です。

厚みがあり、水分量も多く、使いやすさで定番のアイテムとも言えます。

コストコのおしりふきについて、おすすめポイントをお伝えします。(情報は2020年2月現在)

また店舗により取扱の内容は異なります。

お求めの際には事前にご確認いただけますようお願い申し上げます。

大判で厚い! 使いやすさはピカイチ

サイズは18 × 20.3cmと、かなり大判です。

他社数点のおしりふきと比較してみましたが、一般的なおしりふきは約13~14 × 18~19cm前後が多いようです。

コストコのおしりふきの面積は一般的なおしりふきの約1.5倍サイズになります。

また特筆すべきはその厚さです。

某社のおしりふきとならべてみても、透け具合からその厚みはおわかりいただけるかと思います。

コストコのおしりふきは、普通のおしりふきに比べると、かなりしっかりした厚さになっています。

おしりふきの大きさ比較

左がコストコのおしりふき

デメリットはコストとサイズ

調査日の価格ですが、100枚入り9パックで、オンラインでは2,798円、店舗では2,498円でした。

1枚あたりの価格に換算しますと、オンラインでは約3.10円、店舗では約2.77円です。(価格は税込みです。1枚あたりの価格は小数点第3位以下を切り捨てています。)

他社の一般的なおしりふきを数種類調査しましたが、1枚あたりは約1.37~1.44円と1.5円以下のものが多く、コストコのおしりふきはやや割高、という結果になってしまいました。

コストコのおしりふきは大きいので当たり前ではないかと思い、1㎠あたりの価格も調べてみました

店舗販売価格で計算すると、コストコは1㎠あたり0.0075円、一般的なおしりふきは約0.0049~59円と、やはり少し割高、という結果に。約1.28~1.52倍の開きがあります。

コストコのおしりふきだし、「大量購入しているのだからきっとお得に違いない」と考えている方は要注意です。

またコストコのおしりふきは、1パックのサイズが非常に大きく持ち運びに向かない、という点もあります。

重さは未開封ですとなんと約840gにもなります。

おむつと並べても、この迫力です。

コストコのおしりふきはかなり大きい

こんな使い方も「おすすめポイント4つ」

しかしそれをしてもなお、おすすめしたいのがコストコのおしりふきです。

(1) おむつ換えの頼れる味方

コストコのおしりふきは、その厚みやサイズで拭きやすさは圧倒的です。

多くの一般的なおしりふきは、裏面を使うのをためらってしまう薄さなのですが、コストコのおしりふきはその点をしっかりカバーします。

おむつを換える時、たたんで裏面も使ってしまうほどの安心感があります。

(2) 手や口もすっきり1枚で

わが家では食卓にこれを常備しています。

小さなお子様をお持ちのご家庭では、食事時には手や口、テーブル周りが食べこぼしでベタベタになってしまうことがあります。

そんなとき、両手を拭くのには一般的なおしりふき1枚では足りない…とついつい2~3枚使ってしまうこともあるでしょう。

コストコのおしりふきなら、口と両手、1枚でさっとキレイになります

(3) 簡単な掃除にも

また床やテーブルの食べこぼしも、コストコのおしりふきのサイズと厚みは非常に頼りになります

テーブルに常備してあれば、お子様がこぼした際にも慌てずさっと拭きとることが可能です。

ただご注意いただきたいのは、コストコのおしりふきはあくまで「おしりふき」として販売されていることです。

同じくコストコで販売されているカークランドシグネチャー流せるウェットワイプには「手や体、おしり拭き(乳幼児を除く)としてご使用頂けます」と記載されているのですが、おしりふきの方にはこういった記載がありません。

ですので、口や手を拭く際にはご自身のご判断でご使用いただけますようお願いいたします

また保湿成分などが入っているため、家具などへの使用にも基本的には適していないと思われます。

目立たないところでお試しになった上、ご自身のご判断でご使用いただけますようお願いいたします。

(4) フタが最初からついている

一般的なおしりふきの場合、取り出し口は楕円型にカットされ、そこにシールが貼られているだけなのですが、コストコのおしりふきは、1つずつに最初からプラスチックのフタがついています

その都度、市販のプラスチックのフタを取り付ける必要がないのはとても便利です。

また強力に接着されているので、赤ちゃんが引っ張ってもはがれることはありません

お得に使うなら

使い方でお得になります

普通のおしりふきの半分量で済めばお得、と考えてみてください

コストコのおしりふきは、1枚あたりの価格は一般的なおしりふきの約2倍です。

つまり普段のおしりふきの使用量の半分の枚数で済めば、決して損ではない、ということになります。

おむつを替える時に5~6枚使っているという方なら、もし2枚で済めばお得、という計算になります。

最初から大容量を買うに抵抗があるなら

とはいえ、9パックを突然買うのは勇気がいる、という方も多いのではないでしょうか

さらに割高にはなってしまいますが、Amazonでは2パック単位などで売られていることもあります。

まずはこちらで試してみて「使い心地が好き」、「ライフスタイルに合う」と感じた方はコストコで購入、という流れが、無駄がなく良いかもしれません。

おまけの裏技

コストコのおしりふきですが、じつは「1枚取り出すとズルズルとくっついて出てくる」という感想を時々見かけます。

わが家でも実は、もともとついていたフタを、ツメがついており1枚ずつセパレートに取り出せるタイプのフタに付け替えています。

これにより、「1度に何枚も出てきてしまう」という問題を解決しました。

ぜひチャレンジしてみてください。

注意点としては、もともとのフタがかなりしっかりとついているので、はがす時にはケガなどにお気をつけください。

またこれはどんなおしりふきにも言えることですが、もともとのフタを付け替えることで密封効果に差が生じることがありますので、ご自身のご判断でご使用いただけますようお願いいたします。

使用法によってはコストが下がる

コストコのおしりふきのメリットとデメリットをご紹介いたしました。

単純コスト的には割高になるのですが、使用方法によってはコストをさげることもできます

メリットを上手に利用し、コストコのおしりふきをうまく活用してみてください。(執筆者:新木 みのる)