自動車は、私たちの生活になくてはならないアイテムです。

通勤・通学はもちろん、レジャーや趣味まで幅広く活躍しています。

しかし決して安い買い物とはいえないため、購入してから買い替えるまでのタイミングに悩んでしまうこともあります。

いずれは買い替えることになる自動車を、誰しも少しでもお得に買いたいと考えます。

そこで今回は、自動車を買い替えるタイミングと知って得する購入方法について解説していきます。

自動車には多額の諸経費が発生する

ショッピングカートと車と電卓 車購入イメージ

自動車が高額な原因の1つに、多額の諸経費があります

購入時にはさまざまな税金にはじまり、保険料や登録費用など、販売店にとっても売り上げには該当しないお金を支払うことになります。

それに加えて、毎年の自動車税、2年に1回の車検でも、重量税や保険料を支払わなくてはなりません

これらは諸経費のため値引きをしてくれるものではなく、予算も立てやすいですが、一定の規定を超えると支払金額が上がるものがでてきます

自動車税が重課されるタイミングとは

自動車税は、毎年4月1日時点での車の所有者に課せられる税金です。

排気量と年式により税額は違いますが、購入した時から手放すまでの期間で重課となるタイミングがあります

例えばガソリン車の場合、新規登録から13年以上が経過すると、排気量によって下記のように税額が変わります

・ 1.0L以下:通常2万9,500円 13年以上経過3万3,900円
・ 1.0L超~1.5L以下:通常3万4,500円 13年以上経過3万9,600円
・ 1.5L超~2.0L以下:通常3万9,500円 13年以上経過4万5,400円
・ 2.0L超~2.5L以下:通常4万5,000円 13年以上経過5万1,700円

一般的な自家用乗用車の税額を挙げましたが、ディーゼル車は11年以上で15%、軽自動車は13年以上で約20%と、それぞれのタイミングで自動車税が重課されます。

2.0Lの自動車であれば、13年後には6,700円円の税金を多く支払うことになります

重量税も同じタイミングで重課される

自動車とお金と電卓

自動車税は毎年支払う税金ですが、車検の際に支払う税金重量税です。

初年度登録から3年後、それ以降は2年ごとに支払う義務があり、一定期間を超えると重課対象となります

一般的なエコカー対象外の乗用車での重量税額は、車両重量によって以下のようになります。

● 車両重量0..5t以下:新規登録から13年未満8,200円
            13年経過1万1,400円
● 車両重量〜1.0tまで:新規登録から 13年未満1万6,400円
             13年経過2万2,800円
● 車両重量〜1.5tまで:新規登録から13年未満2万4,600円
             13年経過3万4,200円
● 車両重量〜2.0tまで: 新規登録から13年未満32,800円
             13年経過4万5,600円
● 車両重量〜2.5tまで: 新規登録から13年未満4万1,000円
             13年経過5万7,000円
● 車両重量〜3.0tまで:新規登録から13年未満4万9,200円
             13年経過6万8,400円

重量税もまた、自動車税同様に13年経過すると重課されます

重量税は、18年経過するとさらに重課されてきます。

自動車買い替えのボーダーラインを把握しておけば節約できる

先述したとおり、自動車に関する税金引き上げのボーダーラインは13年後です

最近人気の排気量2.4L・重量2.0tのワンボックスの場合、自動車税と重量税を合わせると2万2,700円多く税金を支払うことになります

現在、10年以上経過した自動車の買い替えを検討しているのであれば、車検と合わせ税金が重課されるタイミングを頭に入れておくと、税金対策につながります。(執筆者:河野 みゆき)

訂正とお詫び:車両重量の数字および計算の結果を全体的に修正(2020年3月5日)