「スーツは仕事の戦闘着だから買わない訳にはいかない…」

「でも1着何万円もして、正直家計の負担になる…」

あなたの頭を悩ませる夫のスーツ、保険で有名な「県民共済」でオーダーすれば、格安で手に入れることができるかもしれません。

今回は営業職の妻である節約主婦の私が、県民共済で見つけた最強コスパスーツについてお話していきたいと思います。

「県民共済」の上質オーダースーツは上下1万3800円~

スーツは家計の中では高級品

スーツは仕事の戦闘着とも言われます。

あまりにボロボロのものを着てもらうわけにもいきませんから、定期的に買い換えなければならないものの1つです。

スーツは家計の支出のなかでは高級品ですが、特に営業職の場合には外回りなどもあるので、消耗が激しく数年に1回は買い換える必要があります。

社会人になりたての頃は、量販店の安いスーツでも若手のフレッシュさでカバーできるものですが、役職がついてくる責任世代になってくるとスーツの値段も跳ね上がります。

新人時代は2万円代だったのに、気付けば上下5万円以上のスーツになっていて、家計の負担になっているという方も多いのではないでしょうか。

安かろう悪かろうでは毎年の出費になる

しかし、スーツの困ったところは、安いものを買っても節約にならないということです。

安いスーツはやはりそれなりで、消耗が激しく長く使うことができません。

わが家でも最初の頃は、夫に量販店で安いスーツを購入してもらうようにしていました。

しかし、営業職の夫が着るとあちらこちらがすぐに痛んで、結局毎年のように買い換えなければならず、全く節約にならないという悲惨な結果でした。

自分なりにスーツを研究して辿り着いた生地の大切さ

生地の大切さ

家計の負担にはしたくないが、きちんとした印象を与えられるものがよいと考えた私は、スーツについていろいろと調べるようになりました。

そこで気付いたのが生地の大切さでした。

同じスーツでも生地によって強度の違いがあり、風合いや見た目の美しさなどが全く違うことが分かりました。

すなわち、

比較的安いお店で購入しても「どのメーカーが作っている生地か」ということに着目すれば、極端に悪いものに出会うことはない

ということが分かったのです。

良い生地で安いスーツはすぐに売れてしまうという現実

最初は、大手の安いスーツメーカーで良い生地を使っているスーツを探しました。

これについては、ある程度の成果があり、同じ値段でも長持ちするスーツを買えて節約は成功したかに思えました。

しかし、ここでは違う問題がありました。

良い生地で安いスーツは定価の段階ですぐに売れてしまって、サイズがなくなってしまうのです。

私の夫は30代の男性としてはごく普通のサイズなのですが、セールの時期になると売り切れていてサイズがありません。

アウトレットなどもよく利用しているのですが、場合によってはパンツがなく、ジャケットしかないということさえあるのです。

県民共済のオーダースーツは上下で1万3,800円

県民共済のオーダースーツ

このような問題に頭を悩ませていた矢先に、夫が上司に連れられて保険で有名な「県民共済」でオーダースーツを注文しに行ったのです。

私は「オーダースーツなんて高いもの…」と悲鳴をあげたのですが、夫の口から出たのは「3万円だよ」という驚きの言葉でした。

真偽の程を確認しようと急いでホームページを開いたところ、県民共済のオーダースーツは1万3,800円からという破格の値段だったのです。

オーダースーツの相場は、

低コストのスーツブランドORIHIKAが3万8,000円~、

若い人にも人気のスーツカンパニーでも3万9,000円~

が最低ラインです。

つまり、

県民共済では安いブランドの半値以下でオーダースーツを作れる

ということです。

既製品より「県民共済」のオーダースーツの方が安い

それでも疑り深い私は、いつもセールを狙って買っている、丈夫で質の良いイタリアビエラの名門「CANONIKO(カノニコ)」の生地で作った場合の値段をホームページや電話での問い合わせで調べてみました。

既製品でカノニコのスーツを買った場合の値段は、比較的良心的な価格のグリーンレーベルリラクシングで、

ジャケット:2万5,000円
パンツ:1万3,000円
上下:3万8,000円

です。

スーツカンパニーでは、上下で3万8,000円、セール時でも3万3,000円ほどです。

「CANONICO(カノニコ)」の生地でオーダースーツ上下を作った場合の比較

以下に比較をまとめてみました。

ORIHIKA:5万8,000円(税別)~

スーツカンパニー:5万9,000円(税別)~

県民共済:2万8,000円(税別)~

※2020年2月下旬現在

かなりお買い得なメーカーを並べていますが、結果は「県民共済」の圧勝です。

大手の既製品スーツよりも安い値段で、自分の体にピッタリのオーダースーツを作れるのですから本当にお得です。

「県民共済」のオーダースーツはオーソドックスで安心

仕事で必要なスーツは消耗品ですが、安すぎると消耗が激しかったり、見た目が悪かったりといろいろと問題があるものです。

県民共済のオーダースーツは、ベテランの方が採寸してくれるので安心ですが、ネットでの口コミを読むと保守的なデザインで今風のスーツではないようです。

しかし、目立つことをよしとしないビジネスシーンではその方がベターだと私は思います。

スーツ代に頭を悩ませていて、近くに店舗があれば、1度足を運んでみてはいかがでしょうか。(執筆者:片岡 みのり)