子育てをしていると、気になるのが子どもにかかる教育費です。

よく保険の相談などに行くと、子どもを大学まで進学させるためには、公立学校を中心にしても1,000万円以上はかかるなんて言われます。

これが私立を中心にしてしまうと、2倍から3倍とも言われ、不安に感じたのを覚えています。

でも、わが家の子どもが成長して保育園に入り、さらに小学校に進学するうちに、学費以外にかかる費用が意外と多いことに気が付きました

甥が高校に入学する時には、親が都合が悪いということで、親に代わって制服採寸などに付き添いましたが、値段を見てびっくりしました。

さらに学校から届いた入学関連書類を見ると、支払項目がずらっと並んでいました。

事前に知っておけば、心の準備も貯蓄もできるはずです。

学費以外の費用が多額

入学金や制服代

まず、進学のタイミングでかかる大きな費用が、

入学金や制服代です。

意外とかかる幼稚園

入学金や制服代と聞いて、高校生ぐらいをイメージする人も多いのですが、実はこれは幼稚園入園時にもかかる費用です。

多くの幼稚園では、入園時に入園金と制服代が必要です。

入園金については園ごとに異なってくるので、希望する園の情報をチェックしましょう。

制服については、通園用の制服の他に、指定された体操服やスモック、帽子やカバンなどの小物まで用意すると、10万円を超えてしまうこともめずらしくありません

他にも入園時には、上履き入れやお弁当袋などいろいろな小物も必要となるので、制服代の10万円以外に1 ~ 3万円の雑費を想定しておきましょう

小学校入学時はさほどかからない

小学校入学時には、幼稚園ほどの費用はかかりませんが、多くの場合ランドセルや学習机の用意が必要です

小学校では、まとまった費用はそれほど必要ありません。

高学年になると、部活動に参加したり、修学旅行などの積み立てが始まるので、低学年よりは費用がかかるでしょう

問題は中学校・高校

ただ、問題は中学校・高校です。

ほとんどの中学校・高校で、制服が必要です。

学校によって指定されるものの違いはありますが、制服と体操服、通学カバンや靴下なども学校指定のものを用意する場合、10万円以上の出費になることもあります

中学校の場合は、先輩ママたちと情報交換をしっかりして、お下がりを回してもらったり、学校の文化祭などで行われるバザーに出品されている学校指定アイテムを狙うと、安く購入できます

お下がりをあげる

習い事や塾

習い事や塾の出費も見落としてはいけません。

月謝以外の費用や教室の運営形態にもアンテナを張る

小学校に入学すると、お友達の影響などもあり習い事を始める人も多いです。

わが家も例外ではありませんでした。

小学生になると、習い事の幅も広がるので、いろいろな事に挑戦してみるのも良いでしょう。

子どもの好きな事を伸ばしてあげたり、体力づくりにスポーツをさせるというのも魅力です。

しかし、習い事をすればその分の出費がかさみます

習い事の種類にもよりますが、道具をそろえてあげたり、交通費がかかったりすると、月謝以外の出費もあるので、事前にチェックしたほうが良いでしょう。

同じ習い事でも、教室によって月謝に違いがあることが多いです。

例えばピアノ教室の場合、大手音楽教室と、近所で個人的にやっているピアノ教室では、月謝が大きく違います

保護者同士の情報交換や、SNSなどで情報を集めてみると良いでしょう。

予算内で必要なコマ数と教科にしぼる

さらに、学年が上がるにつれて、勉強が追い付かなくなってしまったり、受験対策のために塾に通う子も増えます。

塾は集団で学ぶか、個別指導を受けるかによって、月謝は大きく変わります

選ぶ塾によっても違いますが、教科数や通うコマ数によって月謝が異なります

夏期講習や冬期講習では、しっかり考えてカリキュラムを組まないと、数万円の月謝になることも珍しくありません

家庭内でフォロー出来ることはしっかりして、本当に必要なコマ数や教科数を選別することが大切です

忘れちゃいけない通信費

意外と見落としてしまうのは、通信費です。

この通信費というのは、携帯代と考えても良いでしょう。

少し前までは「高校生以下に携帯を持たせるなんて!」という家庭も多くありましたが、今では小学生でも携帯電話を持っている時代です。

低学年のキッズケータイは親の「あんしん料」

特に低学年のうちは、キッズケータイを持たせる家庭が非常に多いです。

キッズケータイは、

・ 決められた人としか通話ができない

・ インターネットの閲覧ができない

・ 操作の制限が非常に多い

などの特徴があります。

さらに、電源が切れたときの通知がきたり、GPS機能が搭載されていたり、防犯ブザーとしての機能など、子供の安全を確認するためのツールとしても重宝します。

高校生のスマホは学習の必須アイテム

スマホは学習の必須アイテム

年齢が上がると、スマートフォンが主流になってきます。

中学生のほとんどが持っている状態ですが、驚いたのが高校生です。

高校ではスマートフォンをほとんどの子が持っていますが、学校によっては課題をアプリで出したり、インターネットで課題の提出をする必要があるので、スマートフォンが必要不可欠なアイテムとなっています

そこで、通信量を軽減し携帯代を節約するため、家庭内のWi-Fi環境を整えておきましょう

自宅ではWi-Fiを利用し、携帯の通信量を軽減すれば、その分契約プランをグレードの低い内容に下げることも可能です。

契約内容を見直すだけでコストダウンにつながりますし、契約年数をチェックすることで割引金額に違いが出たりするので、自分や家族の契約内容を把握し、こまめにチェックをすることが大切です。

学費以外の子育ての必要経費に注意しよう

子育てをしていると、急にまとまった出費が襲ってくることがあります。

進学などのタイミングをしっかり見直して、予算を立てておくと安心できるでしょう。

余裕があれば、学資保険などを利用すると、タイミングに合わせて引き出しができるので便利です

習い事や通信費などは家計にしっかり響いてきます。

負担が大きくならないように、子供としっかり話し合いをして、長く続けられるものを選んでいくと良いでしょう。(執筆者:花嶋 紅遥)