nanacoは株式会社セブン&アイ・ホールディングスがサービスを展開している電子マネーで、日常的に利用しているという方も多いことでしょう。

nanacoが、さらなるサービス変更を行ったようのなで、詳しく見てみましょう。

クレジットカードでのチャージが限定的に


クレジットカードでのチャージが限定的

≪画像元:セブンイレブン

nanacoにチャージする方法は、

・ 現金
・ nanacoギフト
・ nanacoポイント
・ クレジットカード

と複数ありましたが、今回変更があったのはクレジットカードによるチャージです。

クレジットカードによっては、nanacoへのチャージでクレジットカード利用分のポイントが貯まるものがあります。

nanacoの利用によるポイント付与と、nanacoにチャージするクレジットカードの利用分でポイントの2重取りができました。

今回の仕様変更で、新たにセブン系列以外のクレジットカードがチャージ用のカードとして登録ができなくなりました

3月12以前に登録していたカードについては、現時点ではそのまま利用ができるようです。

3月12日以降に登録できるカードは以下の通りです。

・セブンカード・プラス
・セブンカード・プラス(ゴールド)
・セブンカード
・セブンカード(ゴールド)

現時点では利用できますが、これもいつ仕様変更が来るかわかりません。

対策方法や代替案

nanacoを別の方法でクレジットカードにてチャージできないか探してみました。

対策方法1:福利厚生倶楽部というサービスの利用


≪画像元:福利厚生倶楽部

会社員であれば、所属している会社が福利厚生倶楽部というサービスを導入していれば、その従業員とその家族までサービスの恩恵を受けられます。

この福利厚生倶楽部にて、nanacoギフトをクレジットカードで購入できます

現状会員1人につき年度400枚までという制限があるものの、会員特典として1,000円分のnanacoギフトを990円で購入できるので、福利厚生倶楽部に登録している方、もしくは登録できる方は確認をしてみましょう。

対策方法2:Yahoo!で支払い

Yahoo!でも各種税金などの支払いができます。

yahooで税金を支払う

≪画像元:Yahoo!

クレジットカードによる税金などの決済ができますが、全ての地域には対応していません

さらに、支払いによる手数料を取られます

nanaco利用者には痛手の変更

今回の仕様変更は仕方がないものではありますが、利用していた者にとっては痛すぎる仕様変更です。

nanacoを日常的に利用している方については、新たにセブン系列のクレジットカードを作成してもいいと思います。

ただ今回紹介したセブンカードは、お世辞にも還元率の高いクレジットカードではありません

カード利用による還元率は0.5%で、楽天カードやリクルートカード、dカードのポイント還元率に劣ります。

メインカードにするというにはあまりに心もとないので、nanacoチャージのためだけに作ろうか迷っている方は辞めた方がよいかもしれません。

今後どのようにnanacoが変更するのかを見守りながら、代替方法を常に探していく必要がありそうです。(執筆者:蔵島 紅)