新型コロナウイルスの影響で休校措置がとられ、思うように外出もできず子どもたちの勉強も進まない毎日が続いています。

そんな中、子どもたちの自宅学習を応援しようと無料動画や無料ワークを公開している企業もあります。

そのうちのひとつBenesse(ベネッセ)は、普段から自宅でできる通信教育である「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」で知られる企業です。

この記事では、そのベネッセがベネッセ商品をお得に利用できるように提供しているクレジットカード「ベネッセカード」について紹介します。

ちゃれんじや進研ゼミの「ベネッセカード」がお得

ベネッセの商品とは

ベネッセと言えば進研ゼミのチャレンジです。

子どもたちの成長と学習を応援する講座が、赤ちゃん向けから高校生まで用意されています。

チャレンジをよく知らないというひとでも、お子さんがいるご家庭であれば、「しまじろう」という虎の子のキャラクターを見たことがあるのではないでしょうか。

ベネッセのこどもちゃれんじ

≪画像元:ベネッセ

アニメや映画にもなっているキャラクターです。

そのしまじろうが日々の子どもたちの成長を応援してくれる学習教材が0歳向けから展開され、ランドセルをモチーフとしたキャラクターの「コラショ」にバトンタッチされて小学講座が始まります。

特定のキャラクターがなくなっても、小学生から中学生と子どもたちの好奇心を大事にした通信教育が続き、高校生になると隙間時間をうまく利用できるスマホアプリを活用した教材が出てきます。

ベネッセ進研ゼミ中学講座

≪画像元:ベネッセ

筆者の子どもたちは塾通いを嫌がり、自分の好きなペースで取り組むことができるチャレンジを利用しています。

それぞれのご家庭で、その子その子のタイプや環境に合わせた学習方法を選んでいらっしゃると思います。

もしあなたのお子さんがチャレンジを利用されている、もしくは利用を考えているのであれば、「ベネッセカード」入会がお得です。

ベネッセカードは2ブランド

ベネッセカード

≪画像元:ベネッセカード

ベネッセカードは2種類あります。

どちらも年会費は無料なので、あなたの使い方に応じて好きなカードを選んでください。

ただ、ポイントのたまる率で言うと、ベネッセ・イオンカードの方がお得です。

イオンを利用するならベネッセ・イオンカード

イオンでよくお買い物をするならベネッセ・イオンカードがお得です。

ベネッセカードでベネッセ商品や受講費を支払うとたまるベネッセポイントだけでなく、200円につき1ポイントのときめきポイントもたまるのです。

ただし、ベネッセ商品以外を買う時は、ときめきポイントのみがたまります。

ときめきポイントはイオンカードのポイントで、品物と交換したり、提携先のポイントに交換したり、イオンのWAONポイントに交換することもできます。

もちろん、ベネッセポイントにも交換できます。

イオンのキャンペーンで、ときめきポイントが普段の5倍や10倍たまる期間が設定されることも多く、イオンで普段からお買い物をするひとにはピッタリです。

しまじろうのカードが作れるベネッセJCBカード

ベネッセJCBカードは、チャレンジのキャラクター・しまじろうのデザインのカードが作れます

そしてベネッセカードの支払い1,000円につき3ポイントのベネッセポイントがたまるカードです。

ベネッセポイントについては後述しますが、チャレンジ受講でお得に使えるポイントなので、チャレンジファンにはうれしいカードです。

提携サービス数と提携ポイント倍率も、ベネッセ・イオンカードより少し多めに設定されています

ベネッセポイントはこどもちゃれんじ・進研ゼミの受講費に使える

こどもちゃれんじや進研ゼミを受講している人にベネッセカードがお得なのは、ベネッセカード利用でたまるベネッセポイントが受講費に使えるからです。

100ポイント以上から使えて、100ポイントが100円分になります

ただし、自動で使われるわけではなく、事前に利用申請が必要です。

しかも例えば4月号の支払いに利用したい場合3/7までに申請が必要、と各号に申請期限があるので注意が必要です

また、ベネッセポイントは有効期限が2年です。

付与から2年が過ぎるとポイントが失効してしまうので、忘れずに利用申請しましょう。

ポイント利用申請はベネッセカード会員専用ホームページからできます

ベネッセカード新規入会キャンペーン実施中

ベネッセイオンカードの入会キャンペーン

≪画像元:ベネッセカード

そして今なら6月30日まで新規入会キャンペーン中です。

その特典は、最大で6,500円分のプレゼントなので見逃せません。

ただしこの最大の金額を受け取ることが可能なのはベネッセ・イオンカードの方を選んだ場合です

しまじろうファンにはうれしいベネッセJCBカードですが、ポイントのたまりやすさと交換先が多いなどの使いやすさ、新規入会で受け取れる金額を比較すると、ベネッセ・イオンカードの方がお得と言えそうです。

こどもちゃれんじ・進研ゼミにはベネッセカード

こどもちゃれんじと進研ゼミの受講料支払い方法にはいくつかありますが、どれも手数料がかかるので、クレジットカード決済が1番お得です。

そしてカードを使うなら、ぜひベネッセカード新規入会で特典利用を検討してみてください。(執筆者:枝本 幸)