2020年1月末、オリコカードが離脱してから音信不通となった「Visa LINE Payカード」は、東京オリンピックが延期となったこともあり、このままフェードアウトかもと思っていました。

しかし、「2020年4月より申込の受付開始」との知らせが飛び込んできました。

この記事では、カード発行までのスケジュールやカードの特徴などを、今、分かる範囲で紹介します。

「Visa LINE Payカード」、4月下旬より申込の受付開始!

Visa LINE Payカードは、LINE Pay・Visa・オリコカードが提携して、以下のスケジュールで発行する予定でした。

1. カード申込告知の受取(2019年8月~9月)
2. カード申込の受付(2019年10月下旬)
3. カード発送(2020年1月)

しかし、2020年1月にオリコカードが提携から抜けたことにより、メドが立たなくなってしまいました

三井住友カードを迎えて申込の受付開始

三井住友カードを迎えて申込の受付開始

≪画像元:三井住友カード(pdf)≫

そこで、オリコカードに代わって三井住友カードが提携に加わることで、申込のメドが立ちました。

新たなスケジュールは、以下の通りです。

1. カード申込告知の受取(2019年8月~9月)
2. カード申込の受付(2020年4月下旬)
3. カード発送(2020年6月~7月?)

今回決定したスケジュールは「2.カード申込の受付」であり、「3.カード発送」については書かれていません

当初の「2→3」の期間が2~3か月なのを考えると、変更後のカード発送は2020年6月~7月くらいではないでしょうか。

先行案内の申込者が優先的に申込可能

Visa LINE Payカードは、誰でもすぐに申し込めるわけではありません。

先ほどの「1. カード申込告知の受取」を行った方に、優先的に案内が通知され申し込めます

申込は「LINE Pay」からのみ可能で、三井住友カードの公式サイトや電話など、その他の方法では申し込めません。

一般の方の申込については、4月20日以降に発表の予定です。

Visa LINE Payカードの特徴を解説

Visa LINE Payカードの特徴については、従来発表された情報から変わっていないところが多いです。

以下の記事で、ある程度の参考にしてください。

ここでは、Visa LINE Payカードの特徴を、変更点・追加情報を中心に紹介しましょう。

デザインは「オリンピック」「スタンダード」の2種類

デザインは「オリンピック」「スタンダード」

≪画像元:三井住友カード(pdf)≫

先行で発行されるのは、「東京2020オリンピックエンブレムデザイン」の予定です。

赤と青の2カラーがあり、先着順の数量限定となっています。

本家三井住友カードと同様に、カード裏面にカード番号(横1列表記)・有効期限が記載されていて、スマートです。

表面にはオリンピックエンブレム、裏面には「VISA」のロゴが輝いています。

表面にはオリンピックエンブレム

≪画像元:三井住友カード(pdf)≫

オリンピックデザインから少し遅れ、2020年6月頃から申込受付開始予定となっているのが、「スタンダードデザイン」です。

緑・白・黒・オレンジの4カラーで、カード裏面にカード番号(横1列表記)・有効期限が記載されているのは変わりありません。

ただし、こちらは表面に「VISA」のロゴ、裏面に鳥のホログラムがあります。

条件付きで年会費無料

Visa LINE Payカードの年会費は、初年度無料です。

2年目以降も、年1回以上のカードショッピング利用で翌年度の年会費が無料になります(利用がない場合は税別1,250円の年会費)。

比較的クリアしやすい条件です。

追加カードもあり

Visa LINE Payカードには家族カード・ETCカードも付帯できます。

家族カードの年会費は1人目が無料、2枚目以降は税別400円です。

ETCカードの年会費は税別500円ですが、1回でも利用すれば翌年度の年会費はかかりません。

家族カード・ETCカードとも、再発行手数料は税別1,000円です。

ポイント還元率は3%

ポイント還元率は3%

≪画像元:LINE Pay

Visa LINE Payカードでショッピングをした際のポイント還元率は3%です。

基本還元率は1%ですが、2021年4月30日までの期間限定で+2%となり、合計3%のLINEポイントが貯まります。

2021年5月以降の還元率は、まだ分かっていません

ただし、LINE Payのアカウントへクレジットカードを登録しないと、ポイント還元を受けられないので注意しましょう。

チャージ不要でLINE Payを利用可能

チャージ不要でLINE Payを利用可能

≪画像元:LINE Pay

LINE Payアカウントにクレジットカード登録すると、LINE Pay(コード決済)の利用前にチャージをしておく手間がありません。

「チャージ&ペイ」と呼ばれるもので、5月1日よりサービス開始が予定されています。

LINE Payの利用代金をクレカの引落口座から引き落とす形をとるようです。

チャージ&ペイを利用してもLINEポイントは貯まりますが、カードショッピング利用時の還元率とは異なります

以前の発表では「マイカラー基本還元率+1%」となっており、それを踏襲するかもしれません。

海外向きではないかも

Visa LINE Payカードは、あまり海外向きではないかもしれません。

海外向きと捉えられるのは、Visaブランド・タッチ決済くらいです。

海外旅行保険・ショッピング保険が付帯していないので、保険付帯のクレカを用意する必要があります。

国内での再発行手数料が1,000円なのに対し、海外での緊急再発行手数料は1万円です。

さらに、発行会社である三井住友カードは、海外事務処理手数料(海外ショッピングの際に発生する手数料)が2.2%にアップしました。

Visaの為替レートはMastercardやJCBよりもよくないといわれており、海外ショッピングが最も高額になる組み合わせです。

まだ油断できない「Visa LINE Payカード」

Visa LINE Payカードが、2020年4月下旬よりいよいよ申込を開始します。

カードのスペックも徐々に明らかとなり、デザインも多彩です。

ただし、これまでの経緯がありますのでまだまだ油断はできません。

4月下旬の申込開始まで、本人確認書類などの準備をしてじっくり待ちましょう。(執筆者:角野 達仁)