2019年10月から消費税が10%になり、ポイ活がとても注目されています。

多くのサイトを経由してネットでお買い物をしたり、キャッシュレス決済とクレジットカードを紐づけてポイントをゲットしたりと、ポイ活は進化しています。

ポイントにはたくさんの種類がありますが、私が一番オススメするポイントは楽天ポイントです。

今回は、楽天ポイントの「上手なため方」と「かしこい使い方」についてご紹介します。

楽天ポイントの上手なため方

楽天ポイントをざくざく貯める

まずは、楽天ポイントの上手なため方からご説明します。

楽天市場での決済は楽天カード

楽天市場でかしこくポイントを獲得するために、まず最初にすべきことが楽天カードを作るです。

楽天ではコンビニ決済や振り込みなど、支払い方法を選択できます。

しかし楽天カードで決済すれば、通常ポイントより数倍多くポイントが加算されることがあります。

同じ買い物をするのに、楽天カードを使うだけでポイントが何倍にもなるなら、かなりお得です。

楽天カードを新規で作ると3,000~5,000ポイントあたるキャンペーンも開催されているので、そのキャンペーンに参加してカードを作ります。

楽天アプリをスマホに入れる

インターネットから「楽天」を検索し、ネットショッピングをしている方もいるのと思いますが、とてももったいないです。

楽天アプリをダウンロードして、楽天アプリから買い物をするとお得です。

アプリ経由で買い物をするとポイントが「通常ポイントの倍数に+1倍」されます

高額なお買い物であれば、この1倍はかなり高ポイント獲得につながりますよ。

買い物は時期を見極める

楽天では毎月のように「お買い物マラソン」が開催されています

お買い物マラソン開催期間中にエントリーしてお買い物をするだけで、お買い物店舗数分だけポイントの加算倍数が増えていくという魅力的な企画です。

この時に、狙っていたものを買い、「0と5」がつく日はポイントが「+5倍」なので、お買い物マラソン期間中に買い逃したものは、0と5がつく日に買い物をします。

楽天ポイントのかしこい使い方

ポイントの使い方は要注意

続いて、ためた楽天ポイントをかしこく使う方法について、ご説明します。

ためたポイントは楽天市場で使わない

ためた楽天ポイントは、もちろん楽天でのお買物で使えます。

しかし、楽天でポイントを使うというのは、とてももったいないことです。

確かにポイントがたくさんたまると、そのポイントで商品を無料で手に入れられます。

しかしポイントを支払いに充てた分、つまり値引いた分は楽天ポイントがつかないことが多いです

お買物マラソンでは高額ポイントが確実に手に入れられるのに、ポイントを使って値引くなんてもったいないです。

楽天ポイントは、種類ごとに使い分ける

楽天ポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」があります。

「通常ポイント」は、楽天カードの支払時に使うことが可能です。

楽天での買い物の決済は、楽天カードを使用し、楽天カードの支払金額が仮確定した後、このたまった通常ポイントを支払いに充てれば、支払金額を安くできます

これが、通常ポイントのかしこい使い方です。

「商品購入時は確実にポイントを獲得し、カード支払時に使う」

「期間限定ポイント」は残念ながら、楽天カード支払いに使えません

期間限定ポイントは、楽天Payとして使う、または楽天ポイントとしてコンビニやスシローなど加盟店で使えます

「楽天カード」のアプリをスマホに入れれば、保有ポイント数や、通常ポイントと期間限定ポイントの内訳が簡単にわかります。

うまく使い分け上手にためて、かしこく使ってください。(執筆者:幸田 桃子)