中学生になると、学習塾に通う子供達が増えてきますよね。

しかし、学習塾はお金がかかってしまうし、送迎も大変という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方には、オンラインで学べる学習サイトがおすすめです。

最近では、一般的な学習塾よりも低価格でありながら、しっかりと学習できる学習サイトが増えてきました

そこで今回は、中学生におすすめのオンライン学習サイトをご紹介します。

1. ライブ授業で講師に質問できる「アオイゼミ」

中高生授業動画が4,000本以上「アオイゼミ」

≪画像元:アオイゼミ

アオイゼミは中学生・高校生向けのオンライン学習サイトです。

パソコンやスマホアプリを利用してオンライン講義が受けられます。

オンライン講義は、講師がホワイトボードを使って分かりやすく講義してくれるので、まるで学習塾で授業を受けているような感覚です。

とくに、リアルタイムで講義を受けられるライブ講義は、チャット欄から講師に質問ができるので分からない点はその場で解消できます。

講義は、無料で受けられるものとチケットを購入しなければ視聴できないものがありますが、スマホアプリでは1日1回ログイン時にチケットをもらえます。

プレミアム会員は「すべての講義が受け放題」

プレミアム会員といっても、1か月3,600円で全教科の講義すべてが受講できるので、学習塾と比較してもかなり格安です。

プレミアム会員になっていれば、ライブ授業に質問しきれなかった場合でも、後から月5回まで質問できるのでモヤモヤを残しません。

また、講義動画に沿ったテキストも半年分1教科あたり1,500円で購入できます。

会員登録してから30日は無料でプレミアム会員の機能を使いたい放題なので、お試してみてはいかがでしょうか。

2. 小4まで戻って復習できる「スタディサプリ」

小4まで戻って復習できる「スタディサプリ」

スタディサプリもアオイゼミと同様に、パソコンまたはスマホアプリから講師によるオンライン講義を視聴できます

アオイゼミと異なるのは、中学生の範囲で分からないところがあった場合に、小学4年生まで戻って学習できる点です。

特に中学の数学は、小学校で習った基礎を応用する問題が多いため、数学の問題で分からない所があった時に算数に戻って学習できると理解度もアップするでしょう。

動画講義を見ながら自分で学習を進められるベーシックコースなら、1か月1,980円で受講できます。

しかし、きちんと自主学習を続けられるのか不安なお子様もいらっしゃるでしょう。

そういうお悩みがある場合には、担当コーチがリズムに寄り添ってくれる「個別指導コース」もあります。

担当コーチがリズムに寄り添う「個別指導コース」

個別指導コースは、ベーシックコースの内容に加えて、担当コーチがお子様の生活リズムに合わせて勉強スケジュールを考えてくれます

分からない問題があった時や勉強のやり方が分からない時は、担当コーチに質問するとアドバイスがもらえるので、モチベーションも維持できます。

ちなみにコーチは大学生のお兄さん、お姉さんが多く、LINEのようなチャットツールでアドバイスをもらえます。

まるでライザップのようなマンツーマンサポートなのに、1か月9,800円の嬉しい利用料金となっています。

3. ゲーム感覚の学習にハマる可能性大「すらら」

AIドリルが苦手と復習範囲の自動分析「すらら」

動画による講義だと、「途中で眠たくなってしまうのでは?」「ただ動画を流すだけになってしまわないか」と思われる方もいらっしゃいますよね。

それなら、自分で手を動かして問題を解くドリル形式の学習サイトがおすすめです。

すららは、パソコンやタブレットを利用して与えられた問題を解いていきます。

問題が解けるようになると、まるでゲームのようにレベルアップしていくので、著者の子供(中1)も気が付くと夢中になって取り組んでいました

AIドリルが苦手と復習範囲の自動分析

学べる教科は数学・国語・英語の3教科ですが、利用料金は小中コースで1か月8,000円とアオイゼミやスタディサプリと比較すると高めです。

しかし、すららの大きなメリットは、中学校の範囲で分からないことがあれば小学校の範囲まで戻って学習できる点です。

ただ、それだけならスタディサプリと変わりません。

すららでは、ドリルに搭載した人工知能AIが生徒の苦手分野やスキルを分析するため、自動的に復習すべき範囲を見つけて、その講座に導いてくれます

つまり、ドリルが案内してくれる問題を解いているだけで、いつの間にか自分の苦手を克服できるのです。

「教育費節約と反復学習」に自宅学習のススメ

「教育費節約と反復学習」におすすめの月額制学び放題の自宅学習でしっかり学習を進めよう

今回紹介した3つの学習サイトはパソコンやスマホで気軽に学習を始められます。

著者の子供も含め、なんとなく始めてみたけれど意外と分かりやすくて継続している、というお子様も多いです。

多くの学習サービスでは無料体験期間を設けているので、いくつか体験してみて自分に合ったものを継続してみましょう。(執筆者:山内 理絵)