「YouTubeで動画を配信して収入を得たい」

と思ったことはありませんか。

YouTubeに動画を配信してファンを作り、収入を生み出すことができるユーチューバーに興味を持っている方も多いと思います。

多くの人が「YouTubeでお金が稼げる」事自体は知っていると思いますが、実際どうやって収入を得ているのか知らない方も多いはずです。

YouTubeの動画配信で収入を得るためには途方もない時間と労力が必要ですが、「チャレンジ」自体は誰でも可能です。

今回は、YouTubeで収入を生み出す仕組みと、その条件や手順を解説します。

趣味を生かして収入につなげたい方はぜひ読んでください。

YouTube収入の仕組み

YouTubeの動画配信で収入が発生する仕組み

YouTubeで動画配信している人に収入が発生する仕組みですが、ひと言で言えば「広告収入」です。


≪画像元:YouTube

YouTubeで動画を見ようとすると時々こういった広告が流れます。

サクサク動画を見たい方にとっては少し邪魔に感じるこの広告ですが、この広告が動画を配信している方の収益になっています。

この動画が流れたり、またクリックされることで、「1回あたりいくら」という形で広告収入が発生します。

1回の広告で発生する収益は1円以下と非常に微々たるものですが、

再生回数が多くなればなるほど広告も多く流れ、その分収入も増えていきます。

この広告収入がユーチューバーの基本的な収入源です。

広告収入を得るには審査が必要

この広告はYouTubeで動画を配信しているすべての人につくわけではありません

この広告の正式名称は「YouTubeパートナープログラム」と言います。

この「YouTubeパートナープログラム」に申請をして、審査にパスした配信者の動画にのみ広告が付くようになっています。

申請するためには

・ 1,000人以上のチャンネル登録者数がいること

・ 過去1年間で配信した動画の再生時間が4,000時間を超えていること


など、一定の条件があります。

つまり、ある程度きちんと努力して結果を出している配信者にしか広告はつかないようになっています。

YouTubeで収入を得るまでの手順4つ

まとめると、YouTubeで収入を得る手順は以下の通りです。

1. YouTubeチャンネルを開設する

2. 動画を配信してチャンネル登録者数と動画再生時間を増やす

3. YouTubeパートナープログラム申請条件を満たしたら申請する

4. 審査に通ると広告がついて収入が発生するようになる

YouTubeのチャンネルを開設しても、すぐに収入につながるわけではありません

ユーチューバーになりたいと思ったら、早めにチャンネル開設してコツコツ動画配信をしていきましょう。

広告収入でどのくらい稼げるのか

申請方法に入る前に皆さんが気になっている「YouTube動画配信で稼げる金額」について解説します。

もし、自分の動画に広告が付いたとして、いったいいくらくらい稼げるのでしょうか。

これについては公表されていませんし、配信者側が公表することも禁止されているので、「だいたい」でしか計算できませんが、1回の広告につき約0.1円~と言われています。

つまり動画が1万回再生されて約1,000円、100万回再生で約10万円。

広告によって単価が違いますし、広告が表示される、されないもあるので確実ではありませんが目安としてはこのくらいです。

動画配信の収入だけで生活していこうとすると、ものすごい再生回数が必要です。

そう簡単にはユーチューバーとして生活できません。

ただし、動画は削除されない限りずっと残ります

ファンが増えれば過去の動画も再生され続けるので、動画を配信すればするほど収入は徐々に上がっていく計算です。

諦めずにコツコツと継続して続ける事が大事です。

YouTubeチャンネル開設手順

動画を配信するためにはまず「チャンネル」を開設する必要があります。

普段YouTubeを見ているアカウントではなく、動画配信用のアカウントです。

このチャンネル開設は、Googleアカウントを持っていれば誰でも開設できます。


≪画像元:YouTube

GoogleアカウントでYouTubeにログインしたら、右上にある自分のアイコンをクリックして、メニューの「チャンネルを作成」をクリックします。

1. チャンネル名を決める
2. アイコンの写真を設定する
3. チャンネルの説明を入力する
4. アカウント認証を行う

以上の4つを行ってチャンネルを作成しましょう。

4のアカウント認証はいわゆる「本人確認」です。

アカウント認証をしておくと、ライブ配信や15分以上の動画を作成できるようになったりといったメリットがあるのでぜひやっておきましょう。

チャンネルを作成したら、あとは「YouTubeパートナー プログラム」の申請条件を目指して動画をどんどん投稿していきましょう。

条件を達成してYouTubeパートナープログラムに申請を出し、審査に通るまでは収入は1円も発生しません

YouTube パートナー プログラムに申請する

YouTube パートナー プログラムの申請条件を達成したら申請を出しましょう。


≪画像元:YouTube

申請方法ですが、まず右上の自分のアイコンをクリックし、メニューの「設定」をクリックします。


≪画像元:YouTube

続いて「チャンネルのステータスと機能」をクリック。


≪画像元:YouTube

最後に「収益化」をクリックして申請を出せばOKです。

条件が達成されていれば「YouTube パートナー プログラム」の審査が開始され、審査に通れば各動画に広告が付き、収入が発生します。

ただし、審査は100%通るわけではありません

不適切なコンテンツ(アダルトや暴力的など)が含まれていると判断されたり、そのほかYouTubeが広告をつけるのにふさわしくない動画、と判断した場合、審査に落ちます。

ただし、落ちても再度申し込みはできますので、問題があったと思われる箇所を修正して、また申請を出しましょう。

広告を付けるまでがゴールではない

今回、YouTubeで収益を得る方法を解説しました。

YouTubeは誰でもチャンネルを開設できますし、条件を満たせばだれでも広告を付けて収入を得られます。

ただし、広告を付けるためには1,000人ものチャンネル登録者獲得と、自身の動画が過去1年間で4,000時間再生される、といった厳しい条件があります

さらに、広告はあくまでも稼ぐためのスタートです。

広告が付く最低条件でもある、チャンネル登録者1,000人程度では1動画あたり数百円にもならないでしょう

動画配信でまとまった額を稼ぐためには、広告がついてからもどんどん配信を行って、1万人、10万人とどんどん登録者を増やしていかなくてはいけません。

質の高い動画を配信し続けていれば自然と登録者数も増えますし、それに伴って過去の動画もどんどん再生されるようになるでしょう。

諦めずに配信し続けていくことで、いずれ動画収入で生活できるようになるかもしれません。

何事もそうですが、まずは始めないと収入にはつながりません。

趣味やネタを持っている方はぜひ早めにYouTubeでチャンネルを開設して、地道にコツコツと動画を配信していきましょう。(執筆者:菊池 貴弘)