お葬式に多額な費用がかかってしまうことでお困りではないでしょうか。

そんな時に助かるのが葬儀ローンです。

あまり知られていない葬儀ローンについてくわしく解説していきます。

葬儀費用を助ける葬儀ローン

葬儀の費用相場

葬儀費用の平均相場は195万円と言われています(一般財団法人日本消費者協会が2017年に行った『第11回葬儀に関するアンケート調査報告書』に基づきます)。

195万円までいかなくとも、家族葬でも100万円近くするというお葬式の費用。

庶民の私たちにとっては大きな負担となります。

葬儀費用の支払いはいまでも原則現金払いや口座振り込みというところが多いようです。

クレジット決済に対応している葬儀会社もちらほらある中で、意外と知られていないのが葬儀ローンです。

まとまった現金がなければ葬儀ローンがおすすめ

もしもまとまったお金がなくて困っているのであれば、ローン支払いがおすすめです。

分割回数も自分で選ぶことができて、毎月の返済で無理せず葬儀費用を支払うことができます。

大手の葬儀社であればだいたいの場合、信販会社と提携していますが、中小の葬儀社では対応しているところとしていないところがあります

もしもローン支払いを希望するのであれば事前に確認をしておきましょう。

ローンには審査と利息がある

もちろんどんな人でも融資を受けられるわけではありません。

ローンですから、審査と利息が発生します

実際にローン支払いを希望する場合、葬儀社からの見積金額が出た段階で、ローンの申し込みをします。

葬儀は日程がタイトなため、ほとんどの場合、その日のうちに審査結果が分かります

葬儀社が用意する申込書に必要事項を記入して審査の結果を待ちます。

また、利息の金額も葬儀費用と支払い回数によって異なります。

金利は8%~18%と、他のローンに比べて高めでしょう。

葬儀費用を安く抑えるための方法

葬儀費用を抑える方法

多額の出費をともなうのが葬儀ですが、さまざまな努力をすることで葬儀費用の軽減も可能です。

たとえば、葬儀スタイルを小規模にしてみましょう

葬儀費用の平均相場が195万円というのは、あくまでもさまざまな形態の葬儀から割り出した平均です。

いま流行の家族葬では100万円前後が相場だと言われています。

さらに通夜を省略した一日葬や、自宅で家族だけで送り出す自宅葬、さらには通夜や葬儀を執り行わない直葬など、無理のない葬儀スタイルを選択することで、葬儀費用は抑えられます

また、社会保険や各自治体などの給付金や助成金制度を活用し、葬儀費用に補填することもできます。

そしてなにより、元気なうちから複数の葬儀社を比較検討しておくことが大切です。

相場感が分かるだけでなく、良心的な葬儀社を見極めることができるでしょう。(執筆者:五十嵐 信博)