ふとした瞬間に、「何かおやつが食べたいな」と思うときがあるかと思います。

そして、そう思った時にかぎって「家には何もない」という状況もよくあるのではないでしょうか。

わざわざおやつを買いに行ってお金を使いたくないし、このまま我慢するのも嫌だというときに活用してほしいのが、今回紹介するレシピです。

家にあるもので、誰でも簡単に作れる美味しいおやつレシピを紹介していきます。

小腹が空いたらおやつを手作りしよう

小腹が空いたらおやつを手作りしよう

日々節約に励む方にとって不要な支出である「お菓子代」です。

必要ではないけれど中途半端に満たされない空腹感は微妙につらいものがあります。

「おやつをグッと我慢したものの、お腹が空いた状態で買い物に行ってしまい、ついつい小腹を満たすものを買ってしまった」という人も少なくないでしょう。

おやつでお腹を満たしてから買い物に行くと、不要なものを買わないで済みますし、脳に糖分が巡ることで思考回路もクリアになっているので買い物が効率的にすすみます。

筆者はこういった理由から、小腹が空いたら必ずおやつを食べますが、おやつ代にお金をかけてしまうと本末転倒なので、簡単に作れるお菓子を手作りしてしまおうと考えました。

本格的なお菓子作りは「お金がかかる」

本格的なお菓子作りは「お金がかかる」

本格的にお菓子作りをしようと思うと定番の材料として、

・ 小麦粉

・ バター

・ 卵

・ 牛乳

などの材料が大量に必要になり時間もかかるし、計量を間違えると残念な結果になってしまうことも多いです。

特にバターは割高なため、失敗してしまえば大きな損失になります。

できたてはおいしくても、時間がたつと味が落ちてしまうこともあります。

最近では、おいしくて低価格なお菓子がたくさん販売されているため、本格的なお菓子を作るくらいなら買った方がずいぶん安くつきます。

節約しながらお菓子を作るなら、家にあるものを使って、ちょうど1人分のお菓子を作ることが重要です。

簡単スピーディーな「厳選節約おやつレシピ3選」

簡単スピーディーな「厳選節約おやつレシピ3選」

簡単な手作りおやつの最も重要なポイントは「工程が少ないこと」です。

手間がかかってしまうと、おやつを作る行為が面倒に感じてしまい続かなくなってしまいます。

ここでは、キッチンスケールも計量スプーンも使わない、誰でも作れる簡単おやつのレシピを紹介していきます。

1. 【卵・牛乳・砂糖】ベーシックプリン

【卵・牛乳・砂糖】ベーシックプリン

1. 溶き卵を混ぜながらゆっくりと牛乳を加えていきます。

2. 卵液の色がプリンっぽい薄黄色になってきたら牛乳を加えるのを止めて、砂糖で甘さを調節します。

ポイント:牛乳の量を計量しなくとも、案外うまく固まりますが「目安がないと不安」という方は、卵1個に対して牛乳100mlで作ってみると良いでしょう。

また、牛乳を少なくすれば硬めの食感になりますし、多くすればとろんと滑らかな食感になります。

3. マグカップに注いでラップをしてから電子レンジで温めましょう。

ポイント:電子レンジの時間は機種によってことなるため、まずは500w2分程度からスタートし、固まり具合を見ながら10秒ずつ追加していくのが良いでしょう。

4. 表面がプルンとしてきたら、あら熱をとって冷蔵庫で冷やせば完成です。

お好みでカラメルソースやハチミツなどをかけてもおいしいですが、そのまま食べても素朴で温かみのある味わいです。

子どもも喜ぶ、添加物一切不使用のベーシックプリンに仕上がります。

2. 【パンの耳・バター・砂糖】簡単サクサクラスク

【パンの耳・バター・砂糖】簡単サクサクラスク

家に食パンがあるのなら、耳だけを拝借して美味しいラスクを作るのもおすすめです。

パンの耳にバターもしくはマーガリンをタップリ塗ってから砂糖をまぶし、トースターでこんがりと焼くだけ

の簡単おやつです。

耳を切り落としたパンは、サンドイッチやフレンチトーストとして使うのもおすすめです。

サクサクに焼いたラスクは、珈琲にもよく合います。

3. 【うどん・小麦粉】やみつきサクもち揚げ

【うどん・小麦粉】やみつきサクもち揚げ

甘いものも良いですが、気分によってはしょっぱいものを食べたい日もあるでしょう。

そんな時におすすめなのが、やみつきサクもち揚げです。

1. 家にある茹でうどんお適当にカットして5cm程の長さにしましょう。

2. ビニール袋にうどんと小麦粉を入れてシャカシャカと振り、油でかりっと揚げれば完成です。

揚げたあとに塩をまぶしておけば、やみつきになること間違いなしの、サクもち揚げになります。

塩だけでなく、カレーパウダーやふりかけなどとの相性も良いので、オリジナル味を見つけてみるのもおすすめです。

家にあるもので節約おやつを楽しもう

おやつにお金をかけてしまうと節約にならないし、お腹が空いた状態で買い物をすると無駄遣いを誘発してしまいます。

今回は、そんなお悩みを解決できる簡単おやつレシピを紹介しました。

さすがに人様にお出しすることはできませんが、どれもキッチンケールや計量カップを使わない手軽さです。

そのため、「お菓子作りなんかしたことない」という人でも、安心して挑戦して頂けると思います。

ぜひ、紹介した簡単レシピで節約おやつに挑戦し、そのおいしさと節約効果を味わってみてください。(執筆者:南 理子)