お財布に万札を入れる習慣のない私はコストコに行くたびにATMに寄ってお金を下ろす作業がプチストレスでした。

そこで当時募集していた「コストコグローバルカード」に入会したのですが、作ってよかったなと感じています。

「コストコグローバルカードって、使い勝手悪そう」

「コストコ以外で使っても意味なさそう」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それほど不便は感じません。

コストコグローバルカードユーザーの私が実際に使ってみての使用感とお得度やリワードの使い方を紹介します。

コストコ「グローバルカード」

コストコグローバルカードとは

2018年2月より Mastercard が利用できるようになり合わせてコストコグローバルカードが誕生しました。

コストコグローバルカードとは、コストコで使用できるクレジットカードです。

コストコの支払いで利用するだけで、還元率1.5%のリワードを獲得できます

コストコ以外の利用でも還元率1%なので、標準的ではないでしょうか。

このリワードとは、毎年1月1日から12月31日までの年間購入金額に対して翌年2月に付与されるポイントのことで、正式には「キャッシュバックリワード」と呼ばれています。

入会金はなく年会費は無料です。

クレジットカードの年会費は初年度無料で、年1回以上カードショッピング利用があれば次年度の年会費1.250円(税別)も無料になります。

その他、付帯サービスもあり旅行損害保険や紛失・盗難保証もあり安心して利用できます。

付帯サービスもついています

付与されたリワードはすでに使ってしまいましたが、会計時に思わず「うれしい!」と声がでるほどお得でした。

代金1万2,000円の半分の約6,000円をリワードで支払うことができたのです。

リワードは忘れた頃に使えるのでうれしさもひとしおです。

グローバルカードのメリット・デメリット

私が考えるコストコグローバルカードのメリット・デメリットは次の通りです。

コストコグローバルカードのメリット

コストコの会計時にカードが使えることが主な利点です。

また、リワードを使用して支払えるのが大きな魅力と言えます。

それ以外にも、ガソリンスタンドが併設されているところでは、支払いにグローバルカードを利用できます

コストコと同様に還元率も1.5%でレシートに商品クーポンが付いているため、買い物前にガソリンスタンドを利用するのがおすすめです。

よく買う「さくらどり」などのクーポンが出るとガッツポーズです。

コストコグローバルカードのデメリット

コストコを退会するとクレジットカード自体は利用できますが、リワードを使う場がなくなってしまい実質還元率は0%になってしまいます。

また、1度コストコ会員を解約後に再度会員になってもコストコグローバルカードと再度の紐づけはできないとカード入会時に説明をうけました。

そのため、コストコグローバルカードを持っている人はコストコを退会しにくいと言えます。

コストコグローバルカードはコストコ年会費が自動引き落としになるという情報を見かけますが、自分で解除すれば自動で引き落とされることはありません。

ちなみに私はコストコをいつ退会してもよいようにコストコ年会費の自動引き落としは解除しています

解除手続きはメンバーシップカウンターでできますので、気になる人はコストコで確認してみてください。

リワードの確認方法と使い方

2月にメルマガで獲得リワードの案内がくるのですが、詳細は確認できません。

リワード獲得のお知らせメール

≪リワード獲得のお知らせ≫

そのため付与されたリワードの確認は次のURLから確認します。

参照:Executive会員の人グローバルカードの人  

獲得リワード私の確認画面

≪リワードを使った私の確認画面≫

レジではリワードの貯まり具合が分かるようで、毎年2月以降になると会計時に「リワード使いますか?」と聞かれます。

特に自分からリワードの使用をお願いしたことはありませんが、レジで聞かれない場合には「使えるリワードはありますか」と確認するとよいと思います。

リワードには有効期限がありますが、1年間ではなく、その年の年末に消滅することがサポートセンターへの確認でわかりました。

2月に付与されたリワードは、その年の年末12月31日までに利用するようにしましょう。

コストコユーザーにおすすめ

コストコを利用している人には、コストコグローバルカードはおすすめです。

レジでサッとお会計できるとともにリワードを使った時のお得感はまさに「持っていて良かった」と思う瞬間です。

もちろん通常のクレジットカードと同じようにコストコ以外でも使用できるので使い勝手も問題ありません。(執筆者:神春 廣)