あのエアビー(Airbnb)が方向転換をしてオンライン体験サービスをはじめたことが話題になっています。

もしかしたら、あなたも世界中の人を相手にホストができるかもしれません。

新しい収入源ができるかもしれません。

民泊予約の「エアビー」が方向転換

民泊予約の「エアビー」が方向転換

エアビーといえば旅好きにお馴染みの民泊を予約できるサービスです。

私自身もエアビーを利用して民泊に泊まったことが何度かあります。

そんなエアビーがコロナウイルス感染拡大の影響を受けて大きく方向転換をしています。

そこで、

・ エアビーでオンラインホストになる方法

・ オンラインホストになるのに必要な条件

・ いくら位、お金は稼げるのか

・ どんな体験コースがあるのか

この記事では、エアビーでオンライン体験ホストになるための条件や、いくら稼げそうなのかを解説します。

オンライン体験を開始した経緯

コロナウイルス感染拡大の影響で民泊事業は当然、厳しくなりました。

民泊を運営しているホストは外からゲストを招きづらくなり、そもそも旅をする人も激減しました。

全従業員の25%の1,900人の人員削減を発表する事態になりました。

コロナウイルスの感染拡大が収束しても、旅の在り方が変わってしまうかもしれません。

そこで「新しい旅の形」としてオンラインで世界中のホストとつながる体験サービスのプラットホームをはじめました。

エアビーのオンライン体験とは

エアビーのオンライン体験とは

≪画像元:エアビー公式

エアビーのオンライン体験は、まだはじまったばかりのサービスですが、既に面白そうな体験コースがたくさん出てきています。

・ ワイン教室

・ お菓子づくり

・ オリンピック選手の暮らしを知る

・ 手品

など、です。

日本でも、お坊さんとオンラインで瞑想(めいそう)する体験や折り紙体験のコースもあります。

オンライン体験のホストをする条件

オンラインのホストをするための条件

今は在宅・副業ブームですから、「体験するだけでなくホストをやってみたい」という方もいると思います。

そこで、エアビーでオンラインのホストをするための条件を紹介します。

Zoomを使って配信できる

オンラインビデオ会議アプリのZoomをエアビーオンライン体験コースでは使えることが条件になっています。

また世界中のゲストに映像を届けるので、必要最低限のパソコンや撮影用のカメラがあると印象もよくなりそうです。

言語は日本語だけでもOK

使用する言語は、日本語だけでも大丈夫です。

しかしエアビーは海外の利用者も多いため、できれば英語でも体験コースを提供できた方が、集客で有利になります。

最低1年の経験や専門性が必要

オンライン体験ホストをするための条件に、体験コースを提供するための経験年数や実践・指導歴にチェックすることになります。

例えば陶芸体験のホストをするなら、陶芸に関わる経験が1年は必要です。

しかし、体験コースに関わる会社に勤めていた職歴や経験年数が必要なわけではないようです。

自分の得意なことや、今までやってきたことを洗い出したら意外とオンラインホストができるネタが見つかる人も多いのではないでしょうか。

企画書を書いて審査を受ける

エアビーのオンライン体験のホストになるには審査が必要です。

プロフィールやどんな体験コースをしたいのかを上手に提案しなければいけません。

公式サイトを読む限りでは、ポイントになるのは、

・ ホストならではのユニークな体験を提供できるか

・ 体験コースができるだけの専門性があるか

どうかの2点だけです。

エアビーホストで稼げる金額

オンラインのエアビーホストでどれだけ稼げるのか?

エアビーのオンラインホストでどれぐらい稼げるのかは、人によります

しかし、ある程度の予測はできそうです。

オンライン体験の料金や募集人数などから類推してみると、よくあるのが1時間2,000円で、人数10人というケースです。

1時間2,000円前後で募集人数が10人のオンライン体験コースなら、10人集まれば1時間で2万円です。

エアビーに支払う手数料が20%のサービス料なので、1万8,000円になります。

・ 何人集まるのか

・ 価格設定はどうするのか

といったことで変わってきそうですが、時給換算すると意外と悪くなさそうです。

仮に3人でも時給は6,000円なので、エアビーに手数料を支払っても4,800円は手元に残ります。

民泊と違って宿泊施設も必要ないので、元手もほとんどかかりません。

何か得意なことがある人は、エアビーで世界を相手に副業するのも面白いかもしれません。

参照:エアビーオンライン体験ホスト登録ページ

得意を生かしてお金を稼ごう

エアビーはオンライン体験コースをはじめました。

ホストになるためのポイントは、

・ ユニークな体験を提供できること

・ 体験コースに関する1年以上活動歴や実績が最低限あること

・ Zoomでオンライン配信できる環境があること

仮に1時間2,000円の体験コースで10人集まれば、エアビーに手数料20%を払っても時給で1万8,000円です。

副業としては、なかなか悪くないのではないでしょうか。(執筆者:田守 正彦)