ポイントは今や私たちの暮らしに浸透していますが、上手に使えば貴重な収入源になります。

Tポイントを利用できるドラッグストア・ウエルシアでは、毎月20日に200ポイント以上の利用で1.5倍の金額として使えます

これを見逃す手はありません。

そこで、今回は、Tポイントを効率よく貯める方法を紹介します。

Tポイントを効率よくためる方法4選

1. ヤフーカードを作る

ポイントをできるだけ多く貯めるには、支払いの全てを「Tポイントが貯まるクレジットカード」で決済するのが最も手っ取り早い方法です。

Tポイントが貯まるクレジットカードにはJACCSやオリコなどもありますが、ヤフーカードであれば、

・ヤフーショッピングで購入額の2%がTポイントとして付与

・1%のPayPayボーナスライトも加算

合計3%還元される

ので、おすすめです。

さらに、6月30日までに新規入会した方には、2,000円相当のPayPayボーラスライトが付与されます。

ヤフーカードでPayPayボーラスライト

≪画像元:Yahoo Japan

2. 生活費の支払いをヤフーカードに集約する

日々の買い物の支払いだけではなく、電気代やスマホの通信料、保険料などクレジットカードが使えるものは、全てヤフーカードにまとめてしまいましょう。

これらの固定費に月に10万円を使っていれば、これだけで1,000ポイント(100円 = 1ポイント)になります。

一度手続きしておくだけで、手間なく毎月1,500円相当の買い物ができる(1.5倍の支払いができため)というわけです。

3. 他で貯まったポイントもTポイントに交換する

東京電力のオリジナルポイントをTポイントに交換

≪画像元:Culture Convenience Club

例えば、関西電力や京葉ガス、四国電力、中部電力、東京ガスを利用している方は、各社のオリジナルポイントをTポイントに交換できます

毎日使う光熱費は家族が多ければポイントの貯まり方も早いことでしょう。

独自のアンケートやゲームも合わせて活用すれば倍増させられます。

4. 暮らしのありとあらゆるシーンで貯める

Tポイントの数多くの提携先

≪画像元:Culture Convenience Club

Tポイントには、数多くの提携先があります。

ウエルシアはもちろん、ツタヤ、毎日新聞、東武ストアやファミリーマート、ENEOS、ガストやバーミヤンなどでは店舗利用のほか、デリバリーでもポイントが貯まります。

さらには、家電量販店のエディオン、オートバックス、ニッポンレンタカー、高速バスのVIPライナーなどでは大量獲得を期待できそうです。

加えて、「ウエルシアでは月曜日がポイント2倍デー」などというように、各店舗でポイント倍増の日が設けられていますのでチェックしてみてください。

また、新生銀行では、新規限定ポイントとして

・ 口座開設:500ポイント

・ 初めてのログイン:200ポイント

・ 初めての振込入金:500ポイント

・ 連続エントリー:300ポイント

・ 給与振込入金:2,500ポイント

・ 口座振替登録:200ポイント/最大5件1,000ポイント

・ ステージ条件達成:2,000ポイント

などが設けられており、最大7,000ポイントを獲得できます

口座開設後も毎月のログインや振込、メール受信などでポイントを得られます

新生銀行のTポイントキャンペーン

≪画像元:新生銀行

ポイントはお金の使い方の1つ

ポイントは、投資のように減るかもしれないリスクが少ないにもかかわらず、使い方次第で倍増させることもできるお金の使い方の1つと言えます。

お金を支払う前にTポイントを貯められるかどうか、ぜひリサーチしてみてください。(執筆者:吉田 りょう)