外食をせずに自炊するのは、食費節約のセオリーです。

けれども毎日自宅で食べるとなると、疲れているとおっくうになったり、メニューがワンパターンになったりすることも事実でしょう。

そこでおうちごはんを手軽にグレードアップさせるのが、食器です。

割れやすい普段使いには、お手軽価格の100均が重宝します。

しっかりと探してみると、価格に見合わないようなクオリティーの高い商品が発見できました。

クオリティーの高いお皿紹介

【ダイソー】スタイリッシュなストレートプレート

これまでの100均の食器にはなかった天然石素材の、プレートです。黒の天然石は、料理の高いスキルがなくても、盛り付けだけで料理を高見えさせてくれます。

ストレートプレートも高見え

上の写真の食材は超激安、スーパーで購入した4匹146円の白身魚のフライともやしや豆苗などの節約食材を使った野菜炒めです。

実はプレートの値段220円(税込)と食材の価格はたいしてかわらないのですが、プレートの素材や色が、ありきたりな献立をバージョンアップしてくれます

ダイソーには、1番大きなサイズが画像の「30cm × 20cm」で、他にも円形、スクエア、長方形タイプなどがありました。

お寿司やお刺身、ステーキなどの肉料理や家飲みのおつまみを盛り付けるにもおすすめ、お店仕様のよそ行き感がでます

ただし、電子レンジや食器洗い機、直火、オーブンには使用できません

【セリア】目にも楽しい豆皿・小皿

数ある100均ショップのなかでも、ちょっとおしゃれな商品を次々展開するセリアでは、とてもかわいい豆皿、和皿、北欧テイストの小皿を見つけました。

かわいい豆皿

個別に使っても目を引く存在にはなるのですが、いつものご飯をランクアップさせるためには、小さな皿を使ってシンプルな大皿に1人分を盛り付けてみてください

ひと皿に盛りつける

カラフルな色合いのお皿を組み合わせるだけで、料理が引き立ちます

汁気のある煮物なども個別に盛り付けることで、味が混ざることもありませんし、セッティングがラクになり時短になります。

またワンプレートですから、ママの不在時でも家族に食事が理解しやすく食べ忘れがなくなることも働く母実感のメリットです。

小皿使いで料理が引き立つ

【セリア】耐熱ガラス製カップ

1つの商品が多機能に使えると、いくつも購入することがなくなりますから、節約にも効果的です。

耐熱ガラスも使いやすい

このガラス製カップは、オーブントースターには使えませんが、オーブンや電子レンジに使用できます

夏の暑い盛りに嬉しい冷奴など冷やして楽しむ料理に使える一方で、茶わん蒸しなども作れます。

耐熱温度差120度ですから、高温に熱したガラスを急冷させたときに破損に耐えうる温度差は120度まで、急激に冷やさないようご注意ください。

ココット型は約100mlと小ぶりですが、160mlの深型や200mlのバーレル型もあるので、スィーツ作りなどにも幅広く利用できそうです。

【セリア】ダイナーカラーボール

色鮮やかな食器は、食卓を元気にしてくれます。

とはいえ、派手な色合いは食材と合わせにくいのではないかと筆者はこれまで嫌煙しがちでしたが、100均ならチャレンジしやすいです。

ダイナーカラーシリーズは人気のバウアーポッタリー風のポップなデザインで、赤、黄色、紺と3色展開、プレートとボールが販売されています。

ポップな色のお皿

ボールタイプは、ヨーグルトや果物はもちろん、意外に煮物や野菜スープなどにも違和感がなく、使いやすいため筆者宅では1軍になりました。

煮物にも違和感なし

おしゃれな食器で食事を楽しく

100均のクオリティーの高さに正直驚きました。

特に小皿は使い勝手がよく、自宅にあるものと組み合わせることもできますから、クリスマスやお正月などのイベントでも大活躍しそうです。

お手軽価格の100均食器を使って、おうちごはんを盛り上げてください。(執筆者:編集部)