メルカリで売れやすい物といえばブランド品、スマートフォン、ユニクロの服など、一般的にも人気の物が多いです。

「人気の物は売りつくしてしまったので、他にも売れる物はないかな」

と思ったときにおすすめなのが、「実家に眠っている物」です。

子どもの頃に使っていて、家に置いてきた物は意外と高く売れることがあります。

今回の記事では、実際に私がメルカリで高く売ったことのある、実家に眠っていた物を4つ紹介したいと思います。

実家の埋蔵品はメルカリではお宝

1.電子辞書

学生の時に使っていた電子辞書、実家に置きっぱなしにしていませんか。

電子辞書はメルカリで高く売れる可能性があります。

なぜなら、以下の人が利用するニーズがあるからです。

・正しい日本語表現を学ぶ小中学生

・英語、古語、第2外国語を学ぶ学生

・受験勉強中の学生

・資格の勉強をしている人

私が学生のときに購入したカシオの電子辞書は、5年以上実家で眠っていました

120冊以上の辞書を収録していて、SDメモリを入れれば第2外国語の辞書も対応できるタイプです。

帰省した際に軽い気持ちで出品したところ、

数時間以内に8,200円で売れたのです。

多機能でまだ利用できる電子辞書は、安く買いたいと思っている人が多い商品のひとつです。

もし、学生のときに使っていた電子辞書が実家にある場合は、ぜひメルカリに出品してみてください。

メルカリに出品された電子辞書

≪画像元:メルカリ

2.絵本

子どもの頃に読んでいた絵本も、意外とメルカリで高く売れる商品です。

シリーズでそろっている場合は販売価格が高くなるので、特におすすめです。

私は子どもの頃好きだった「ぞくぞく村シリーズ」という絵本をセットで売り、3,000円近くの利益になりました。

ぞくぞく村シリーズ・ミイラのラムさん

≪画像元:あかね書房

落書きもあったのですが、説明文に記載して、了承いただいたうえで購入してもらいました。

もちろん、シリーズがそろっていなくても問題ありません。

当時流行っていた絵本なら、単品でも500円くらいで売れることがあります。

「処分するのも面倒だし、もう読む子どももいない」

という絵本は、ぜひメルカリに出品してみてください。

3.キャラクターのインテリア雑貨

実家に残してきた、キャラクターのインテリア雑貨をもう1度見直してみませんか。

メルカリで高く売れるかもしれません。

自分にとってたいした物でなくとも、インテリア雑貨が好きな人からすれば

「喉から手が出るくらい欲しい」

ということもあります。

私は、幼いころから使っていたハローキティのスタンドライトを2,700円で売ったことがあります。

かなり汚れて年季が入っていましたが、キティちゃんファンの方がとても気に入ってくれたようで、取引後に感謝のメッセージをいただきました。

キャラクターのインテリア雑貨は買った相手にも喜んでもらえて、自分もお小遣い稼ぎができて一石二鳥です。

売れそうな物がないか、実家に帰ったときに探してみてください。

メルカリに出品されたキティちゃんグッズ

≪画像元:メルカリ

4.アニメのCDコレクション

ずっと聞いていないアニメのCDコレクションも、メルカリで高く売れる可能性が高いです。

昔人気があったアニメは、そのグッズを集めているコレクターがいるからです。

例えば、私は

ディズニーアニメの曲が収録してあるCDコレクションを2,800円で売りました。

CDケースにヒビが入っているものもありましたが、出品から数十分で購入されて驚いたのを覚えています。

購入してくださった方は、CDのデザインや収録曲を気に入っていただけたようでした。

昔有名だったアニメのCDコレクションを実家に置いてきていたら、ぜひ持って帰ってメルカリで出品してみることをおすすめします。

実家に眠っている物はメルカリで高く売れる

メルカリで高く売れる、実家に眠っている4つの物をご紹介しました。

電子辞書、絵本、キャラクターのインテリア雑貨、アニメのCDコレクションなど、自分が使っていない物でも、他の人にとってはお宝ということもあります。

このうちどれかひとつでも実家に置いてきた物があったら、メルカリで出品してみてください。

意外と高く売れるかもしれません。(執筆者:近藤 遥)