7月1日より原則としてレジ袋が有料化されるなど、環境への関心が高まっています。

環境ももちろん大事ですが、環境を大切にすることでお得になれば、もっといいですよね。

そこで今回は、環境も守れてしかもお得な取り組みを紹介しましょう。

エコとお得を同時に実現しよう

【サツドラ店舗】P&Gのプラごみを投函(とうかん)でポイント還元

P&Gのエコ取り組み

≪画像元:サツドラ≫

6月1日から8月2日までの期間中、ドラッグストア「サツドラ」店舗174店(北海道限定)にP&G製品のプラスチック空き容器を投函(とうかん)すると、5ポイント還元されます。

エコ取り組み説明

≪画像元:サツドラ≫

LINE公式アカウント「P&GプラごみPAY」を友だち追加して、プラごみをサツドラ店舗にある回収ボックスに投函(とうかん)すると、地球への貢献のしるしとして、LINEポイントが5ポイントプレゼントされるものです。

回収されたプラスチックは再生され、北海道内の施設で活用されます。

まずは北海道限定で開催し、状況を見て全国展開も視野に入れているようです。

【イオン】古紙・ペットボトルでポイント入手

イオンでエコポイントゲット

≪画像元:イオン

全国のイオンでは、店舗に設置されているリサイクルステーションへリサイクルに出すと、WAONポイント(電子マネーWAONの場合)かWAON POINT(ポイントカードの場合)が還元されます。

・ペットボトル5本→1ポイント

・古紙1kg→1ポイント

・紙パック10枚(300g)→1ポイント

店舗によってポイント対象の資源が異なりますが、買い物ついでに持って行けば、地域のゴミ回収日に関係なくポイントになるのはうれしいですね。

セブンイレブンで期限切れ間近商品を購入して5%ポイント還元

セブンイレブンでエコポイント

≪画像元:セブンイレブン

セブンイレブンでは、消費期限が迫っている商品に上記のようなシールが貼られています。

このシールが貼られている商品購入の際にnanaco払いすると、本体価格の5%分のnanacoポイントが還元されます。

この取り組みについては、以下の記事をご覧ください。

【セブンイレブン】期限間近の商品をnanaco払いで5%還元 廃棄ロス削減に貢献、財布にも優しい

【ファミマ】ファミペイ提示&レジ袋辞退で商品と交換

ファミマでエコ

≪画像元:ファミリーマート

ファミリーマートでは7月1日より、アプリ「ファミペイ」を提示の上でレジ袋を辞退すると、エコスタンプがたまります

エコスタンプが30個たまると、220円(税込)分の割引クーポンと交換できるほか、「花王アタックZEROワンハンド」(税込547円)とも交換可能です。

200円(税込)以上の買い物がエコスタンプの対象で、1日最大3個までためられます。

クーポンの交換期限は8月31日までで、クーポンの内容・対象商品は定期的に変更されるとのことです。

6月いっぱいでレジ袋辞退のポイント・値引きを廃止する小売業者が多い中、7月より新たにサービスを始めてくれるファミマはいいですね。

【ecoひろば】提携店のポイント入手

ecoひろばでポイントゲット

≪画像元:ecoひろば

全国展開している回収ステーション「ecoひろば」、筆者の近所のスーパーにもあります。

提携店でポイントカードを入手しリサイクルするとポイントがたまり、提携店での買い物に使えるサービスを展開しています

回収対象資源やポイントは提携店によって異なりますが、筆者の近所のスーパーでは以下のような感じです。

・古紙・雑誌・新聞1kg→10ポイント

・毎週火曜日・土曜日は古紙・雑誌・新聞のポイント2倍

・ペットボトル1本→5ポイント

・1,000ポイントたまると、店内端末で100円分の買い物券と交換可能

新聞・雑誌を1か月分ためると10kg以上になり、火・土曜日に持って行くと200ポイント入手できます。

5か月で100円券と交換して、自分へのごほうびに使っています。

【ビールびん】瓶返却で5円戻る

瓶ビールでエコ

≪画像元:ビール酒造組合

こちらは昔から行われていますが、お酒を販売している多くのお店にビールの空きびんを返却すると、1本につきお店が5円をくれる取り組みを実施しています。

これは「ビールびん保証金制度」というもので、販売時に保証金5円を含んだ価格で売っているのです。

回収されたびんは、厳しい検査・洗浄を経て、再びビールを詰めて販売されます。

お得からエコを考えよう

今回紹介した取り組みは、限りある資源を大切にするとともに、環境汚染を食い止める目的もあります。

直接消費者の利益にはならないものの、小売業者やメーカーでは、環境に配慮したパッケージや素材に変更しているところもあります。

私たち消費者も、「お得」を入口として環境を見つめなおす機会かもしれません。(執筆者:角野 達仁)